2013年全日本予選結果詳細~5位:帝京大学~

2014年3月8日

続いては、5位で通過した帝京大学について・・・予選結果はこのようになっております。エースの蛯名、主力の田中を欠いた上にオーダーもやや意外なメンバーで組んできた帝京、5位と苦しみはしましたが、それでも予選をきっちりと突破してくるのはさすがです。。これで2008年度以来の3大駅伝フル出場ということになります。今年は久しぶりに3大駅伝フル出場となる大学が多いですねえ。久しぶりに箱根でシードを獲得した大学が順当に全日本予選を突破してきましたからねえ。。。

 

1組は箱根10区で好走した熊崎を持ってきました。3 or 4組かな?と思っていただけに1組は意外でしたが14位という厳しい結果に・・・やっぱり万全ではなかったのかなあ?阿南も17位と二人共中位に沈んでしまい、ちょっと苦しいスタートとなりましたね。蛯名がいないだけに、3組までにある程度稼いでおきたいところでしたから。。。

 

嫌な流れを2組で挽回します。5000mでチームトップの持ちタイムを持つキャプテンの難波が3位で走ると、杉山も9位とダブル一桁で走りました。難波ももっと後の組に入るのでは?と思っていたので不安がありましたが、何も問題はなかったですね。杉山も見事な走りでした。今回は下級生に経験を積ませるという意味合いもあったようですが・・・大事な全日本予選で思い切ったことをしますねえ。。。確かに、主力級が揃う4年生が8人中2人しか走っていないですからね。これで予選突破できるのであれば、来年以降も大丈夫そうということかな?

 

3組は柳原が19位、堤が29位と4組中最も悪い順位となってしまいました。二人共期待されているのでしょうが、さすがに3組は厳しかったのでは。。。これだけ駅伝経験者がいる中で、二人共まだ3大駅伝出場がない選手ですからね。しかし、これだけのタイムで走っても総合4位を維持できていたのは、他大も悪かったからですね。今回のレースはどこも大なり小なりブレーキはしていた感じですねえ。予選ならばまだいいですが、本戦となると、命取りになってしまいますからね。。。

 

4組は箱根5区で好走した小山が15位、箱根4区で好走した早川が21位と何とかまとめての5位通過となりました。ベストメンバー、ベストコンディションとは程遠い陣容でしたが、なんだかんだでまとめてきましたね。ただ、このままでは全日本シードは遥か彼方にありそうだなあ・・・元々帝京は全日本を苦手としているからなあ。出場しても二桁順位ばかりだし。。。今年はシード権を狙うには最大のチャンスだと思うので、しっかりとメンバーを揃えてきてほしいです。

 

全日本はやはり鬼門の1区をどうするかですねえ。蛯名は2区にしておきたいでしょうし・・・ただ、これだけ出遅れ続けているとなると1区蛯名もありでは?と思ってしまいますね。現実的にはラストに強い熊崎か箱根で1区を走った田中あたりになりそうかなあ?8区は去年同様小山で問題無いかなあと思います。爆走は期待出来ないかもしれませんが、しっかりとまとめてくれる印象です。4区は候補がたくさんいそうかなあ・・・前回走った早川に加えて、熊崎、田中、難波あたりもいますし。。。やっぱり層は厚いですよね。去年全日本を走った選手が山川を除く7人が残っており、それ以外に難波・田中と主力級がいて、全日本予選を走った新戦力もいるわけですから。全日本で好走する帝京も見てみたいなあ・・・

 


PAGE TOP