2013年全日本予選分析 ~國學院大学~

2014年3月8日

続いては國學院大学についてです。2年連続ギリギリで箱根シードを確保してきましたが、今年は主力に故障者や不調者が出たこともあり、残念ながらシード落ちとなってしまいました。全日本は実に2006年を最後に出場がありません。あまりトラックが得意ではないチームだけに、箱根予選以上と言われる激戦の全日本予選を突破するのは簡単ではないですよね。。。そんな國學院大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムでは11位と通過圏外となっていますが、ここからどれだけ差を埋められるでしょうか?今年はなかなか自己ベストを更新する選手が少なかったり、エースである寺田が結果を残せていなかったりといったところが懸念材料かなあ。

 

4組は寺田は当然として、もう一人は柿沼を持ってきました。4年生で寺田に次ぐのがこの選手ですねー。1万mの持ちタイムも29分30秒を切っております。箱根でも今では主要区間である3区を任されており、寺田とともに4年生の安定感を見せて欲しいですね。寺田には4組で稼ぐ役割を期待したいですし、柿沼には何とか粘る走りをして欲しいです。

 

3組は箱根5区を走った大下、ベストの状態で箱根に臨めず、19位となってしまった沖守とこれまた主力が順調にエントリーされています。沖守は箱根で悔しい思いをしているだけに、それを力に変えていって欲しいです。大下、沖守ともにチームの主力ではありますが、今年は3組にも力のある選手が集まっているだけに、どこまで粘れるかなあ?

 

2組は吾妻、小原がエントリーされております。吾妻は1年時に箱根を区間1桁で走った選手、2組では持ちタイムでも一桁に入ってきております。ある程度上位で走って欲しい選手ですねー。小原は3大駅伝の出場経験はありませんが、実績の無い選手がエントリーされる場合は比較的その選手が好調である可能性が高いだけに、期待したいと思います。

 

1組は先日5000mで自己ベストを更新した中瀬と川副がエントリーされました。何気に10人全員が29分台なんですよねー。29分50秒台が4人いますが・・・やっぱりここらへんの戦力をもう一つ底上げしないと全日本は厳しいかなあ?中瀬、川副ともに3大駅伝経験はありませんが、今年は戦力となってくれないと困る選手ですねー。1組であれば、二人共まずまずの走りは出来ると思いますが・・・

 

補欠には1年ながら29分台を持つ稲毛が入っています。No1ルーキーは蜂須賀かなあと思っていましたが、稲毛が1年生で唯一エントリーを果たしました。当日変更もあるのかなあ??4組までのエントリーを見る限り、このまま行くんじゃないのかな?という感じですが。。。やはり予選突破は厳しい感じですが、7校出場できることを考えると可能性はあると思うので、本調子で臨んでほしいなあ。。。

 


PAGE TOP