2013年全日本予選分析 ~城西大学~

2014年3月8日

続いては城西大学についてです。去年は通過が有力視されながら3組で終戦となってしまい、全日本出場は叶いませんでした。箱根でも5区で途中棄権という結果に・・・そんな悪い流れを変えていきたいところですね。城西大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムでは5位と通過圏内に入ってはきていますが、不安要素がちらほらあるんですよねえ・・・

 

4組にはキャプテンの山口と松元輝がエントリーされました。山口は全日本選手権で負傷をしていたはずなので、そこからどこまで回復しているのかというのがやはり気になってしまいます。関東インカレでは3000m障害で4連覇&翌日に5000mでも入賞と強さを見せましたからね。どれだけ本調子で臨めるかが予選突破に大きく影響しそうです。松村元輝も28分台を出すなど力をつけてきておりますが、エース級揃いの最終組でどこまで戦えるか??

 

本来、実力的には最終組にエントリーされるべき村山が3組に・・・今年になってからは関東インカレ、日本選手権などなかなか結果を残せておらず、不安が残ります。本来であれば絶対的なエースとなっていてほしい選手なのですが・・・一方の横田は実績があまりないだけに3組にエントリーされるということはそれだけ好調とみていいのかな?仮に高橋と組変更とかになってしまったら悲しいですが。。。

 

2組にエントリーされた高柳は今年一気に自己ベストを更新してきており、調子もいいのかな?こういう予選会では勢いのある選手が活躍することも多いですし、期待したいです。平田は実績はあるけれど、関東インカレでは得意の1500mで予選落ちなど結果を残せず・・・何かちぐはぐな感じなんですよねー、全体的に。実績があり、好調な状態で予選会を迎えられそうな選手が少なそうです。なんとなく、そういった選手が一人くらいブレーキしてしまいそうで怖いです。。。

 

1組の室井、松村陣之助は1組でも持ちタイムが下位の方の選手であり、いきなり出遅れてしまう可能性もありますねー。正直、持ちタイムは圏内でも通過はやや厳しいのでは?と思っていますが、去年の全日本予選・箱根の悔しさを晴らすためにも、是非とも予選突破をして欲しいと思います!

 


PAGE TOP