~去年を振り返る~ 関東インカレ2012 2部1万m

2014年3月8日

1部に続いては2部の関東インカレの2012年の結果を振り返ってみます。もちろん、一部に比べるとレベルは劣るのですが、今は外国人が複数人出てくるので、場合によっては1部以上に日本人の表彰台は難しい状況ですね。。。1万mの結果はこのようになっております。

 

1万mを制したのは駒澤の村山、前年の全カレ5000mに続いての栄冠でした。終盤まで落ち着いてレースを進め、ラスト1週となってからのスパートは圧巻でした。やはり力はありますよねー。後はどんな大会・展開であっても持てる力を出せるようになれば、窪田にも負けないと思うんですけどねー。2位は中央学院の藤井、ラストではわずかに村山に及ばなかったものの、しっかりと結果を残しました。先頭を引っ張る場面も多く、箱根予選会でも一人外国人に付いて行きましたし、積極的なレースが持ち味ですよねー。それでいて、後半の落ち込みを最小限に抑えられるのがすごい。。。

 

3位は拓殖のダンカン・モゼ、外国人が一人しかいないこともありモゼがタイトルを獲るのかなと思っていましたが、なかなか引き離すことが出来ず、最後も遅れをとってしまいました。なかなか、大会でさすがという結果を残せずにいるかなあ?箱根予選会で2位でその評価は厳しすぎるのかもしれませんが・・・4位は駒澤の中村、途中で積極的に揺さぶりをかけたりもしましたが、最後は4人の集団の中から遅れてしまいました。とはいえ、前年度は怪我でトラックシーズンを走ることが出来ていなかったため、結果を残せたのは良かったですねー。今年も怪我さえなければ活躍してくれそうです。

 

5位は帝京の蛯名、ロード・トラック共に安定した結果を残しております。その前の学生ハーフの優勝と合わせて一気に評価が高まって来ました。今年も上位入賞が期待されます。6位は駒澤の上野、村山、中村といった後輩に遅れをとったのは悔しいでしょうが、それでもきっちりとまとめてくるところはさすがです。6位までに3人入ってくるとは、やはり2部では駒澤が抜けてますよねー。まあ、長距離以外選手がいないため、1部に上がる可能性はほぼ無いですが・・・

 

7位は流経大の吉村、前年度は箱根5区で好走しましたが、トラックでもしっかりと結果を残して来ました。今後も学連選抜があれば箱根に出られたでしょうから、無くなってしまった影響を大きく受けてしまった選手の一人ですね。増枠があっても大学としての出場は厳しいでしょうし。。。8位は平成国大の塚田、入賞者の中で一番驚いたのがこの塚田の入賞でした。この時まで名前さえ知らなかったもので・・・ここからしっかりと結果を残していって、最終的には学連選抜ではこねを走るまでになりましたからねー。

 

9位は神奈川の柿原、体調不良などで箱根にはまだ出られていませんが、力はあります。先日の日体大記録会では28分台を叩きだしました。今後はエースとしてチームを引っ張っていってほしい存在です。10位は青学の遠藤、今年の箱根では1区を走ったものの出遅れてしまいました。。。日体大記録会では28分台に後少しと迫る29分2秒で走っており、トラック・ロードともにレベルアップしたところを見たいです。

 


PAGE TOP