山梨学院大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては、箱根では惜しくもシード権には届かなかったものの、故障者も戻り、新入生も早速力を魅せつけた山梨学院大学について・・・持ちタイムはこのようになっております。2~4年生について見ていきます。

 

4年生について・・・実は非常に苦しい学年となっております。今年の箱根駅伝では一人も走ることができませんでした。箱根経験者としては、宮本が2年時に唯一7区を走って15位というのがありますが、2012年度は3大駅伝に一切出れていませんからね・・・一番箱根に近いのは、出雲4区6位、全日本3区10位だった松山かな?ハーフも64分10秒を持っているし・・・いくら3年以下が粒ぞろいでも、4年生が出てこないと厳しいので、一人でも多く戦力となってほしいです。そういえば、森谷が留年してでも箱根を目指すという話が・・・個人的にはあまりそういうのは好きではないですけどねー。4年間という限られた期間だからこそ、大学駅伝はこれほどまでに魅力があるのだと思いますし・・・

 

3年生について・・・1万m28分台を出し、チームの日本人エースである井上が主力です。駅伝では外すことがなく、2年になってからその安定感は増すばかり、さらなる成長が楽しみです。他にもハーフ3分台を持ち、箱根10区5位だった福沢、同じくハーフ3分台で箱根7区13位だった阿部、箱根6区を走った桃澤が箱根経験者としています。さらに、駅伝経験こそありませんが、これまたハーフ3分台の兼子、全日本予選で好走し、怪我からようやく復帰した小櫃がいます。4年生の層が薄いのを3年制が補っている形ですね。怪我さえ無ければ、ここまでにあがった選手がメンバー争いに加わることは間違いなさそうです。

 

2年生について・・・留学生のオムワンバがチームのエースですね。ハーフ61分15秒は全選手中トップのタイムです。出雲では6区区間賞、全日本では2区区間賞、箱根では2区2位と全てにおいて好成績を収めています。今年もエースとしての活躍が期待されます。他には全日本で5区を走り、1万mでも29分22秒まで縮めてきた田代がいます。やや長い距離に不安はありますが、今年は出てきてもらわないと困る選手ですね。他には、箱根8区を13位で走った前田拓もいます。3年生と比べると劣りますが、楽しみな選手が揃っている感じかなあ。

 

こうしてみてみると、4年生の層の薄さは気になりますが、チーム全体としては総合力はかなり高いのではないでしょうか?エースもいますし、中堅どころもハーフ3分台を出してきており、長い距離も問題無さそう。1年生でいきなり29分9秒をだした佐藤がいるのも楽しみです。3大駅伝はいずれも出場権は持っておりませんが、去年は全日本をトップ通過しており、今年も4組であろう井上、オムワンバで十分に稼げ、他にも力のある選手も揃っているので、トップ通過はわかりませんが、突破は問題無さそうかな?箱根予選会もハーフで持ちタイムのいい選手が多いですし、これまた突破は心配無さそうです。しっかりと箱根に合わせられれば、ふたたびシード返り咲きの可能性も高いと思います。

 


PAGE TOP