帝京大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

続いては、箱根で4位と大躍進した帝京大学について・・・卒業した主力は山下のみ、箱根16人エントリーに4年生が一人だけでしたからね。箱根出場校の中で最も戦力ダウンが少なく、まさに歴代最高戦力といっても過言ではない今年の帝京の持ちタイムはこのようになっております。いつもどおり、2~4年生について見て行きたいと思います。それにしても、今年の帝京は楽しみだなあ♪

 

4年生について・・・1万、ハーフで持ちタイムチームトップ、学生ハーフで去年優勝、今年は準優勝、箱根2区を走り、もはや帝京の絶対的なエースとなった蛯名、1万mでチーム3位、箱根では5区を走り5位と好走した小山、1万mでチーム2位、箱根1区を走った田中、5千でチームトップ、箱根7区を走り6位となった難波、箱根で8区を走り、区間3位と好走した猪狩、箱根6区を走り、区間3位と素晴らしい走りを見せた千葉・・・

いやあ、揃ってますねえ。見事に主力が揃っています。持ちタイム1万mでチーム1~3位が揃い、前回の箱根を走った選手が6人いるというのはすごいですね。さらに、箱根6区を2年連続で走った田村もいます。早くもこの世代が抜けた後のことが心配になってしまいますが、この学年が最上級生となる今年、戦力はピークを迎えることになるでしょう。3大駅伝でどんな結果を残すのか、今から楽しみです。

 

3年生について・・・箱根10区を走り、区間3位と好走、チラ見で話題となり、最後は早稲田を振り切った熊崎、箱根4区で区間2位と好走した早川と箱根で好走した選手が二人いるというのは大きいですね。二人共主力としての活躍が期待できそうです。他には、全日本ん・箱根予選会に出場した三田、1年時に箱根予選会の経験がある高橋、箱根予選会に出場した柳原ともちろん戦力では4年生に及びませんが、なかなかに楽しみな選手が揃っている感じです。強力な4年生にどれだけ対抗できるかがさらなるチーム力アップの鍵を握りそうですね。

 

2年生について・・・箱根に唯一出場した3区8位となかなかの走りを見せた高橋がこの学年の主力となると思います。他には、ハーフ3分台の記録を持つ竹本、4分半の記録を持つ堤が準主力となりますかねえ。もちろん、3,4年生に比べると質・量ともに物足りないのは当然ですが、スカウトが箱根出場校の中でも下位であるにも関わらず、これだけ毎年他大と争えるだけの戦力となる選手が出てくるのは、本当にさすがとしかいいようがありません。

 

こうしてみてみると、新しい戦力が出てこなくても10人揃っちゃいそうな感じですね。帝京のことですから、まだまだ戦力が出てきそうではありますが・・・3大駅伝の出場権は出雲・箱根を保持しております。今の帝京であれば、出雲でも十分戦えそうですねえ。全日本は予選会からになりますが、突破はほぼ確実かな?よほど大きなブレーキでも無い限りまず落ちることは無いでしょう。

 

後は、本戦で1区で出遅れなければ・・・鬼門となっている1区だけが心配です。今年は本当に勝負の年であり、楽しみな帝京大学、どこまでいくでしょうか?箱根で今年以上の成績を狙うとなれば3位以内???今年の箱根はやや出来過ぎな感もありますが、今年の再現は十分に可能だと思います。本当に要注目の大学ですね!!

 


PAGE TOP