青山学院大学~2013年度戦力分析~

2014年3月8日

いよいよ今日から新年度ですね~♪社会人からすれば、ほとんど変化を感じることもありませんが、駅伝ファンとしては、4年生がいなくなり、新1年生が入ってくるのは、寂しくもあり、楽しみでもあります。とりあえず、選手情報データが無事に正しい学年になっていてほっとしました(笑)

 

今日からは各大学の新2~4年生を中心に戦力分析をしていきたいと思います。まずは青山学院大学について・・・持ちタイムはこのようになっております。データベースに確実に登録されている選手は、A:3大駅伝に1度でも出走したことがある、B:2012年度の箱根駅伝に16人メンバーとしてエントリーされていた、C:5000m,1万、ハーフのいずれかの持ちタイムがチームトップ10に入っているのいずれかを満たしている選手です。

 

4年生では5000mチームトップのタイムを持つ竹内の完全復活が待たれますね。高校時代13分台のタイムを持ち、世羅の優勝にも貢献しましたが、大学では怪我が多く、3大駅伝はも2年時に6区を走ったのみ・・・怪我さえなければポテンシャルの高さはありますから、最終学年としてチームを引っ張っていって欲しいです。他にも駅伝経験が最も豊富な福田、ハーフ3分台相当の記録を持つ、石田、遠藤と駒は揃ってますね。

 

3年生では、箱根6区はやや苦戦したものの、スピードのある藤川、箱根8区で想定外の区間賞を獲得した高橋、箱根経験のある佐藤、川崎がおり、4年生同様戦力となりそうな選手が複数人います。さらにハーフ3分台を持つ三野も控えております。3,4年生でもある程度戦える陣容ですね。

 

2年生では、出岐の後を継いでエースとなるであろう久保田を中心に、出雲1区でしっかりと走り、1万mの持ちタイムでチームトップの小椋もチームを引っ張る存在となってほしいです。さらに、駅伝経験は無いものの、これまたハーフ3分台相当の記録をもつ神野、橋本がいますからねー。本当に20km,ハーフの持ちタイムの良さは全学年を通して秀逸です。大学トップクラスといっていいですねー。ここに強力な1年生が加わり、どんなチームになっていくのか楽しみです。

 

出雲・箱根の出場権は確保していますが、全日本は出場さえ叶わなかったため、まずは全日本予選会が大きな目標となりますね。戦力を考えれば通過はほぼ間違いないでしょうが、ほぼ間違いないと思われた去年の全日本では予選落ちしているだけに油断大敵です。しっかりと調整してトップ通過を目指して欲しいです。

 

関東インカレは、一部にあがってどんな戦いを見せるのかも興味深いですねー。特に久保田が他大のエースたち相手にどんな走りを見せるのかが楽しみです。他は確実にポイントをとれそうな選手は見当たりませんが、粒ぞろいなだけに、コツコツとポイントを稼いで一部残留を果たして欲しいです。

 

出岐世代卒業の穴は決して小さくは無いですが、それ以上に期待感も大きいチームという印象です!2013年度、要注目の大学ですね~

 

 


PAGE TOP