89回箱根駅伝結果 上武大学

2014年3月9日

続いては前回総合16位、予選会5位通過の上武大学について・・・<a href=”http://sat-ekiden.info/result/race_display?from=2012&to=2012&race=3&college%5B%5D=jb&exec=%E6%A4%9C%E7%B4%A2″ target=”_blank”>箱根結果</a>はこのようになっております。選手層の薄さが心配されていた上武大学、さらに主力の倉田が1区交代になってしまった時点で、もうシードは絶望になってしまいましたね。。。そんな上武大学のレースを振り返ってみたいと思います。
1区を走った佐々木は区間20位と最下位に・・・主力の一人ではありますが、1区は荷が重かったか…やはり倉田が走れなかったのが痛すぎた。2区佐藤も区間18位・・・今年はなかなか調子があがらなかったうえに、この展開では厳しすぎますね。3区もこれまた主力の山岸が区間15位と往路から戦力を投入してこれではどうしようもないです。4区石川も17位、5区氏原も区間16位と結局一度も見せ場が無いまま往路を終えてしまいました。区間1桁が一人もいないどころか、一番よくて区間15位ですからね。。。

復路はもう消化試合のような形になってしまいましたが・・・6区横内が区間17位、7区渡辺が唯一意地を見せて区間9位と一桁…これが唯一の一桁でした。。。8区松元、9区平迫がともに区間17位、10区大西も区間15位・・・区間14位以内が一人と本当にボロボロなレースとなってしまいました。総合順位も18位で2校棄権なので、完走したチームでは最下位でした。予選はきっちりと走れるのですが、本戦で一度もしっかりと走れていないというのはやはり問題ですね。

石川、氏原、渡辺、平迫と4人卒業してしまいます。特に氏原、渡辺は主力としてチームを引っ張ってきていただけに痛いと思います。チームの主力は佐藤・倉田をはじめとする新3年生になりますが、新入生も即戦力は期待できないですし、さらに選手層が薄くなるだけに、今後が心配です。予選は得意の集団走で何とかなりそうですが、そろそろ何かを変えていかないといけないのかも。。。

現在、雑誌などで発表されている新入生のうち、5000mの持ちタイムで各大学のトップ10に入る選手を追加しました。3年生以下にて学年が「新」となっております。チームによってはいきなり4人トップ10に食い込んでいるところもありますからね。そういったチームは1年生にかかる期待も大きそうです。


PAGE TOP