2019年 トラックシーズン振り返り ~東京国際大学~

続いては東京国際大学についての走りを5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手一覧はこのようになっております。 トラックシーズン、最大の驚きを提供してくれたのがこの東国大では無いでしょうか。全日本出場経験のない東国大が有力校を抑えてのトップ通過は衝撃的でした。

※自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:21点(1~5位)

チームの勢いを示すかのようにトップ5が揃って自己ベストを更新する結果となりました。ビンセントは13分28秒という圧倒的なタイムをマーク、セカンドベストも13分30秒ですし、留学生の中でもトップクラスの強さを1年目から発揮していますね。関東インカレ2部5000mでも早速2位表彰台に上がっています。


もう1人の留学生であるムセンビも13分45秒で0.51秒ですが自己ベストを更新してきています。高校時代の実績も持ちタイムも抜群なのですが、同学年にビンセントがいるというのは相手が悪いですよね。。。現状は3大駅伝は留学生が1人だけとなってきていますし、何とか出番を掴み取ってほしいですが…


日本人エースの伊藤が13分53秒でベストを7秒更新しチーム3番手、13分台ランナーとなりました。これまでの実績を考えれば、13分台はいつマークしてもおかしくなかったですし、むしろもっとタイムを伸ばせるのでは?と期待されるほどです。


内山も14分5秒でベストを15秒も更新、チーム4番手に入ってきています。トップ3は留学生&絶対的エースですから順当過ぎるほどですが…内山がここまでタイムを伸ばしてくるとは…箱根では10区18位に終わっていますが、元々1万で29分28秒を持つなどスピードのある選手なだけに、ここでタイムを一気に伸ばしてきたのは魅力ですね。


さらに、ルーキーの丹所が14分6秒で5番手に入ってきました。高校ベストは14分35秒の選手が既に大学に入って29秒もベストを更新、全日本予選に出場すれば2組6位という素晴らしい走りを披露、ここまで驚異的な活躍を続けています。東国大史上最高のスカウトとも言われるこの世代ですが、丹所がいきなり抜け出てくるとはびっくりだったかな…

10000m:5点(1位 )

ビンセントが1万mでも28分4秒という別格のタイムをマークし、当然のようにチームトップタイムとなっています。しかも、このタイムは全日本予選で4組トップとなり、全日本予選の歴代タイムも更新する圧倒的な走りだというのが、ますますビンセントの恐ろしさを示すことに…27分台をマークするのも時間の問題ですね。


5千とは異なり、1万でトップ10のベスト更新は1人だけなんですよね~ただ、トップ10圏外では、原田が30分1秒でベストを6秒更新、丹所が30分7秒でベストを47秒更新していますね。原田は5千もベストを更新し、ハーフも64分4秒まで伸ばしていることを考えると、3大駅伝デビューも近いかも。。。


一方の丹所はこの自己ベストが全日本予選の2組でマークしたものですからね。5千のタイムを考えても全日本予選の順位を見ても、ここからどれだけタイムを伸ばせるのかが楽しみです。


関東インカレ1万mはムセンビが8位にこそ入ったものの、日本人エースの伊藤は23位に沈むなど苦戦する種目となりました。特にムセンビはこういうところで猛アピールをしていかないといけない立場だと思うのですが。。。

その他種目

関東インカレでは1500mで前川が8位入賞、小林も決勝に進出していますね~ただ、前川はこれまでも1500mでの実績が豊富で表彰台も狙える選手という位置づけだっただけに、8位というのはもう一歩の結果だったか。。。


3000m障害では、鈴木天が8位でこちらも入賞を果たしていますね。1500mや3000m障害で安定して結果を残す選手がいるのも東国大の強みですよね。それが、駅伝にも繋がってきているのかなあ。


ハーフは入賞はならずも山瀬が14位で走ったのは収穫かなあ。箱根でも8区6位と好走していますし、長い距離で一段と頼りになる選手です。一方の相沢は28位止まり、箱根では苦戦し全日本予選も未出場とコンディションが気になるところです。本来であれば、日本人エースの一角を占めて欲しい選手ですからね。


ハーフではユニバ代表として伊藤が出場し、見事に3位で銅メダルを獲得していますね。東洋の相澤や駒澤の大聖には後れをとりましたが、そもそもユニバ代表の座を射止めるのが凄いですし、さらにユニバで結果を残すのもさすがです。

全日本予選では先述の通り、ベストメンバーとは言えない布陣で苦戦するのでは…?と思ったのですが、全員が20位以内、組1桁が5人という圧倒的な強さでトップ通過、全く隙のない走りを見せてくれました。まさに充実のトラックシーズンと言える結果を残してきましたよね。

駅伝シーズンはまずは箱根予選に臨むこととなりますが、過去最高順位である前回の6位を上回ってくる可能性は十分にありますし、全日本初出場に続いて、箱根でも初シードが狙える大学ですよね。ビンセント、伊藤、真船らで組むであろう往路は強力ですし、復路も戦える人材が揃っていますから、後は前回苦しんだ5区さえ何とかならば…と気が早いながらも期待せずにはいられません。

箱根予選の1週間後に初出場の全日本というのは、さすがにスケジュールも戦力も厳しいとは思いますが…連戦でどれだけエースたちが結果を残せるかも楽しみです。初出場で失うものは何も無いですし、今後3大駅伝の常連となっていくような期待感を抱かせるレースを見せてほしいですね。全日本予選トップ通過に続き、駅伝シーズンでもさらなる活躍を見せてほしいものです!!

This content cannot be displayed in widgets.