2017年度 4年生特集 ~順天堂大学~

本日は順天堂大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で8人となっています。3大駅伝経験者は3人と少な目ですが、エースへと飛躍を遂げた栃木、復活を果たした花澤、中距離で開花した村島などが活躍しました~

 

 

栃木 渡・・個別特集済み

 

 

花澤 賢人・・・高校ベストは13分59秒と全大学を見渡してもトップクラス、都大路でも1区3位で走っています。1年時は全日本予選で2組3位と上々の走りも、箱根予選では105位、全日本では2区14位といずれも奮わず…箱根では1区予定でしたが、体調不良により出場出来ず、ほろ苦いルーキーイヤーとなりました

 

一気に台頭したのは2年時、5千で13分57秒、1万mで28分49秒をマークし、関東インカレ1部1万mで9位、全日本予選では最終組で10位と好走を連発し、次の順大を背負うのは花澤だと思っていましたが、そこから今度は難病に苦しめられることに…2年時は3大駅伝未エントリー、3年時は出雲、箱根エントリーも出場せず。

 

それでもあきらめなかった4年時、全日本予選出は2組で1人飛び出してもトップ、悲願の箱根出場を果たし、10区11位で後一歩シード権には届かなかったものの、最後まであきらめない走りを見せてくれました。

 

飯野 汰一・・・高校ベストは14分54秒、3年時に1万mで29分54秒をマークし、一時は持ちタイムでトップ10入りすることも。ハーフベストの66分15秒も3年時ですね。4年時に14分39秒と上級生になってベストを更新してきたものの、3台駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。

 

中村 陵介・・・高校ベストは14分36秒、2年の箱根予選に出場しましたが、チーム最下位の220位に沈んでしまうことに。全日本、箱根ともにエントリーされたものの、エントリー止まりとなりました。その後も3年の箱根、4年の全日本といずれもあと一歩出場に届きませんでしたが、最後の箱根でついに3大駅伝初出場を果たし、9区11位という結果を残しました。

 

福嶋 優人・・・高校ベストは14分56秒、1年時にハーフで65分42秒をマークし、一時はトップ10に入ってくることも。5千のベストは14分40秒、1万mは4年時に30分3秒をマークしたものの、3大駅伝・予選会へのエントリーはありませんでした。

 

新 涼汰・・・高校ベストは14分33秒、1年時に1万mで30分15秒をマークし、箱根の16人にもメンバー入りを果たしました。ここで出場とはならず、1年の箱根が最初で最後の3大駅伝エントリーとなってしました。3年時に5千で14分30秒、ハーフで66分23秒が大学ベストとなり、ちょっとタイム上でも物足りなかったかなあ…

 

村島 匠・・・高校ベストは14分11秒、1500mや3000m障害で結果を残しています。1年時には関東インカレ1部3000m障害で見事に優勝しています。3大駅伝へのエントリーは1年の全日本のみ、1万mのベストも1年時の30分17秒ですが、3年時に中距離に転向してからも凄かったですね。4年時には関東インカレ1部800mで優勝、日本選手権でも2位に入るなど日本トップクラスランナーへとなりました。

 

城西 廉・・・高校ベストは14分19秒、高2でこのタイムをマークしていますが、大学4年間ではベストを更新することは出来ず…1万mのベストも2年時にマークした30分34秒にとどまっています。それでも、箱根6区候補と言われ、1,2年時には箱根へのエントリーを果たしています。ただ、出場することはなく、3年以降はエントリーもありませんでした。

 

明日は、丸亀ハーフ、神奈川ハーフなどロードの大会が盛り沢山ですね。ハイレベルなレースを期待したいところです~