2014年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

早稲田大学のエントリーも発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。昨年度はエースの大迫を最終6区に配置する戦略としましたが、1区で柳がブレーキとなってしまい、9位スタートとなると、その後もなかなか順位を上げることが出来ず、アンカーで大迫が4位まで順位を上げるのが精一杯という結果でした。田口や志方が外れるなど、ベストメンバーとは呼べない布陣だったのも響きました。今年度は大迫も卒業し、絶対的なエースはいませんが、各学年に柱となる選手がおり、期待のルーキーもいて総合力では昨年度に負けていません。そんな早稲田大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:山本 修平田口 大貴

3年:柳 利幸三浦 雅裕中村 信一郎

2年:井戸 浩貴佐藤 淳

1年:光延 誠石田 康幸安井 雄一

 

 

エントリーを見た印象は、やっぱりなあと残念だなあといった感じかなあ。前回の箱根で2~5区の往路を走った高田、武田、平、高橋がエントリー漏れしていますね。1万mの持ちタイムを見ても、チーム4~6位の選手がいないというのは相当な痛手なのでは??ただ、ある程度予想されたことでもありました。4人とも合宿に参加していなかったですし、高田は全カレの走りは明らかに万全では無い様子、武田は怪我で半年間苦しんでいて、ようやくポイント練習に復帰したところ、平は故障とは聞いていますが、程度はちょっと分かりません。。。3人ともエントリー漏れする可能性は高かったですね。ただ、武田はようやく早稲田記録会で箱根以来?のレース復帰となりますし、高橋も同記録会に出場予定ですので、全日本は大丈夫そうかなあ?どちらにもエントリーされていない高田、平の状態が気になるところです。

 

 

4年生からは、5000m,1万mでチームトップの持ちタイムを誇り、3大駅伝で安定した結果を残し続けている主将の山本、今年度13分台、28分台を叩き出し、全カレ5000mでも入賞するなど非常に勢いのある田口の2人、3年生からはこれまた5000m,1万mで13分台、28分台のベストを更新しており、関東インカレ、全カレともに1万mで入賞を果たしており、トラックで最も活躍した柳、箱根6区2位の好走で一躍注目を集め、今年度も14分7秒と5000mのベストを伸ばしてきた三浦、前回の出雲経験者であり、5000mで14分6秒を出すなどスピードも付いてきた中村信の3人。

 

 

2年生からは、今シーズン5000mで14分ジャスト、1万mでも29分11秒までタイムを伸ばし、関東インカレハーフでも入賞するなど、安定して結果を出している井戸、まだ3大駅伝の出場経験はありませんが、井戸と同様に一般組で期待の選手であり、5000m で14分16秒を出している佐藤の2人、1年生からは、今年度安定して14分ちょっとのタイムを出しており、全カレでは13分台を出して5000mのベストを更新するなど、世代トップクラスの活躍を見せている光延、高校時代の実績ではやや劣るものの、ベストの14分19秒に近いタイムを既に出しており、出雲からメンバーに選ばれるということはそれだけ期待&成長の大きさが伺える石田、積極的な走りが持ち味で高校時代から駅伝で活躍しており、5000mでも14分9秒を持つなどスピードもある安井の3人の合計10人となります。

 

そんな早稲田大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

光延(1)-柳(3)-山本(4)-井戸(2)-中村(3)-田口(4)

 

1区はここ最近、早稲田にとって鬼門となっている区間でもあります。大迫が走らなければ1区で出遅れるという状況になっていますからね。。。最初は1区を走りたがっている田口はどうかなあ?と思ったのですが、高田がエントリー漏れしたことでちょっと状況が変わり、思い切って光延にしてみました。関東インカレや全カレでも安定した走りを見せていますし、チームトップクラスの安定感をルーキーにして誇る光延ならば、1区も任せられるのでは?ここで好走してくれれば今後のチームにとっても大きいという考えもあります。

 

2区は柳、前回は1区を任されるものの、ラスト1kmでフラフラになってしまいました。箱根7区でまずまずの走りを見せたとはいえ、ちょっと主要区間はまだ怖い気がするので、1区にルーキーを持ってくる不安を2区柳で補えれば?という予想です。最短区間とはいえ、2区の重要度は4,5区より高めな感じですし、しっかりと走って欲しいところ。

 

3区は山本、アンカーとも迷いましたが、3年連続で走っている区間ですし、距離が伸びはしますが、経験豊富かつ結果も残している山本を敢えて別区間にする必要も無いかなあと思いました。過去3度は2位、3位、5位と区間賞がないだけに、そろそろ初の区間賞を期待したいところです!

 

4区は井戸、昨年度は全日本で好走を見せると、その後も特にハーフの距離で安定した結果を残していますね。今年度はスピードもついてきたようですし、今のエントリーで井戸を外すことは考えにくいですし、4区あたりでどうかなあと・・・チーム状況によっては、主要区間を任せられる可能性も十分にありそうです。

 

5区は中村信、前回走っている区間をそのまま予想しました。正直、前回は予想外の起用であり、順位も8位と悔しい思いをしたでしょうが、今年度は学生ハーフで好走、5000mも14分1桁までタイムを縮めてきましたからね。上位で走ってくれるだろうという期待を持てます。

 

6区は田口、万全であれば高田あたりがアンカーかな?と思っていたのですが、エントリー漏れしてしまい、山本も3区から動かしたくないとすると、田口かなあと・・・今年度は関東インカレを除いてはほぼ結果を残していますし、全カレでの見事な走りを見せられると、主要区間も任すことが出来そうですからね。

 

 

3大駅伝の経験者+期待のルーキーである光延で予想してみました。正直、苦しいと思います。ベストメンバーであれば優勝候補の一角にも加わってくるかと思っていましたが、ちょっとエントリー漏れが多すぎますからね。。。シード権が貰える3位以内を目標としつつ、現実的には5位以内というのが妥当かなあと・・・大きな穴があるわけではないですが、その一方で稼げる区間も無さそうなんですよね。絶対的なエースがいないという今の早稲田は、層の厚さでカバーする必要があるわけですが、その層が確保出来ておらず、繫ぎ区間であまりリードを奪えなそう。。。ただ、ルーキーは光延を始め3人もエントリーされるなど楽しみですし、春のトラックシーズンに結果を残している選手が多いですからね。その力を駅伝でも発揮できれば面白いレースにはなると思いますし、期待したいです!!

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!

 


PAGE TOP