2013年全日本大学駅伝区間エントリー雑感 ~シード校~

2014年3月8日

いよいよ、明日に全日本大学駅伝が迫りました!区間エントリーも発表され、いよいよといったところですね。各大学ごとに区間エントリーの雑感をのべていきたいと思います。

 

駒澤大学:

中村 匠吾(3) 西山 雄介(1) 油布 郁人(4) 村山 謙太(3)

中谷 圭佑(1) 馬場 翔大(2) 黒川 翔矢(3) 窪田 忍(4)

 

1区中村は出雲と同じですね。全日本を勝つならば、1区中村が最も可能性が高いと思っていいます。トップでのタスキ渡しも期待されます。2区西山が唯一かつ最大のサプライズ配置でした。2年連続で好走している村山を外してまで西山を起用した意図は??それだけ監督の信頼が厚いのでしょうか?ここが最大のポイント区間になりそうか?3区油布は4年連続、日本人初の4年連続区間賞に期待です。4区村山もやや意外ですが、距離は2区よりも長いですしね。出雲の結果は本物か?真価が問われます。5区中谷はつなぎ区間ならば上位できそうかな?また苦しそうな走りと裏腹に激走して欲しいですね。6区馬場はついに2年生からの初3大駅伝デビュー。高校時代は持ちタイム以上にロードの適性は抜群でした。大学でもその力を発揮できるか?7区は去年に続いて黒川、前年も2位で走っていますし、さらに成長した今年は区間賞も狙えるか?8区は3年連続窪田、2年連続で優勝のゴールテープを切ってきた窪田、3年連続笑顔でのゴールとなるか?トップでタスキを受ければ、優勝はほぼ確実か?

 

東洋大学:

設楽 悠太(4) 服部 勇馬(2) 延藤 潤(4) 田口 雅也(3)

大津 顕杜(4) 日下 佳祐(4) 淀川 弦太(3) 設楽 啓太(4)

 

出雲での1区田口の出遅れの反省を生かし、1区悠太をもってきました。中村vs悠太は楽しみですが、全日本ではあまり結果を残せていない&出雲での結果を考慮すると苦しいかな?何とか駒澤に食らいついていきたところ。2区は勇馬、ここが東洋が最も稼げる区間でしょう。逆に言えば、ここで差をつけられないと東洋は苦しい。出雲の走りを再現できるか?3区は2年連続で延藤、前回は油布に24秒差をつけられたが今年は前年より差を縮めておきたいところですね。4区は田口、出雲の不調が気になるところですが、駒澤は村山、3区に続いて東洋の凌ぎどころの区間ですね。4区を終わっての差が重要になりそうです。5区は大津、ここも2区についで稼ぎたい区間か?ただ、大津は全日本を走った経験はありません。最初で最後の全日本でどんな走りを見せてくれるか楽しみです。6区は4年にして3大駅伝デビューの日下、持ちタイムがよく、今年5000mベストを更新するなど好調を維持、4年間の思いをぶつけてほしいです。7区は淀川、急遽出場した4区では区間11位で流れを途切れさせてしまった。全日本ではリベンジに期待です。アンカーは啓太、東洋で最も強いランナーを8区に持ってきました。窪田vs啓太の頂上対決が楽しみすぎです。出雲では笑顔なきゴールでしたが、全日本では悲願の初優勝を達成し、笑顔でゴール出来るか?

 

早稲田大学:

柳 利幸(2) 大迫 傑(4) 平 和真(1) 山本 修平(3)

武田 凜太郎(1) 高田 康暉(2) 井戸 浩貴(1) 田中 鴻佑(4)

 

前回の全日本1区、今年の出雲1区と出遅れていたにも関わらず、柳を三度1区に持ってきました。監督の信頼の厚さが伺えます。3度目の正直を見せて欲しい。2区は大迫、このメンツならば最低区間賞は取って欲しいですね。3区は平、3大駅伝デビューはスピード区間です。高校時代のような走りを見せられるか?4区は2年連続で山本、前回は悠太を上回る区間2位でした。前年のような走りを期待したいですね。5区はルーキーの武田、駒澤の中谷とのルーキー対決もたのしみです。6区は高田、主要区間と思いましたが6区とは・・・柳とは逆にまだ監督の信頼がないのかなあ?見返して欲しいです。7区は井戸、一般ながら自己ベストを連発し、エントリーに入ってきました。1年生は関東最多の3人エントリー、若い力に期待ですね。8区は田中、これは正直意外でした。シードを争う大学はエース級を送り込んでおり、オムワンバやキトニー相手となれば何分リードが必要なのか・・・ちょっとシードが厳しくなったように思えますが、そんな予想を吹き飛ばして欲しいです。

 

日本体育大学:

勝亦 祐太(2) 山中 秀仁(2) 鈴木 悠介(4) 服部 翔大(4)

加藤 光(3) 甲斐 翔太(4) 冨田 祥平(3) 矢野 圭吾(4)

 

1区は前年同様勝亦、勝亦の1区好走が日体大浮上の鍵を握っていると思います。2区は山中、今シーズンの実績は2年生No.1、区間上位で走りそうです。3区は鈴木、ちょっともったいない気もしますが、前半で勢いに乗っていきたいのかな?4区は服部、前回は予選会明け&怪我明けながら区間賞、今年も4区区間賞の筆頭候補か?駒澤村山との対決も楽しみです。5~7区は加藤、甲斐、冨田と出雲のつなぎ区間を走った3人をそのまま入れてきました。距離が伸びてどうなるかな?この3人は箱根でも復路を担うことになる可能性が高く、卒業生の穴埋めを出来るようであれば箱根連覇も見えてきそうですね。アンカーは2年連続で矢野、前回は箱根予選で全体一桁で走った後に平賀を上回る3位と好走、この頃からワンランク上の選手になった感じがします。今年も上位でフィニッシュしてくれそうかな?

 

明治大学:

文元 慧(3) 八木沢 元樹(3) 横手 健(2) 有村 優樹(3)

松井 智靖(3) 廣瀨 大貴(4) 木村 慎(2) 大六野 秀畝(3)

 

1区はスペシャリストと言っていい文元、文元ならば出遅れることは無いでしょう。2区は八木沢、スピードスターをエース区間に持ってきました。他大のエースとの対決が楽しみです。3区は横手、出雲でもいい走りでしたし、流れをつないでいきたい。4区は怪我から復帰の有村、主要区間の4区ということはもう万全なのかな?前回は5区区間賞、再現を期待したいです。5区は松井、前年も6区4位と好走してますし、安定した走りに期待。7区は木村、出雲は走れなかった悔しさがありますし、スピードがさらについたところを見たいです。8区はエースの大六野、2区かと思いきや8区に持ってきました。出雲は苦しい走りでしたがどこまで立て直せるか?

 

日本大学:

林 慎吾(3) 荻野 眞乃介(2) 石川 颯真(1) 竹ノ内 佳樹(3)

日向野 聖隆(4) 森谷 修平(4) 渡部 良太(3) D・キトニー(2)

 

1区は林を持ってきました。日大の中で最も安定感のある選手ですし、できる限り上位で繋ぎたいですね。2区は荻野、今シーズン、日本人エースと呼んでいい活躍を見せています。5000mも13分台に突入しましたし、他大のエースとどこまで競り合えるか?3区は石川、箱根予選こそ20kmに手こずりましたが、スピードは高校時代から折り紙つき、その速さを見せられるか。4区は竹ノ内、関東インカレハーフ入賞、箱ノ根予選会でも好走するなど、林、荻野とともにチームを引っ張る存在になりました。初の主要区間での走りが楽しみです。5~7区は日向野、森谷、渡部と前半につぎ込んだ分、ちょっと戦力が落ちるかな?ここが凌ぎどころでしょうねえ。アンカーはもちろんキトニーです。エース級を投入していない大学相手ならば、3分差でも逆転しちゃいそうかなあ?オムワンバとの箱根予選に続く対決にも注目です。

 


PAGE TOP