データ分析

No Image

1万mのタイムは5000mの2倍+1分?に続いて、1万m×2+2分=20kmのタイムかを検討してみます。ハーフの記録を表示しているため、20kmに変換して比較してみました。計算方法はほぼ正確であろう 40/42.195 をかけたものに ...

その他大会

No Image

ジュニア以上に大差をつけてアフリカンの強さをまざまざと見せつけられる世界クロカンですが、このような結果となりました。

 

1位 Japhet Kipyegon Korir  32分45秒
2位 ...

その他大会

No Image

先日、世界クロカンがありましたねー。アフリカンのトップクラスも出場する大会ということで、毎年力の差を見せつけられることが多いのですが・・・今年の結果は以下のとおりです。

 

ジュニア男子8km ...

データ分析

No Image

大学長距離の選手の場合、一般的な目安として1万mの持ちタイムの目安は5000mの持ちタイム×2+1分が目安になるという説がありまして・・・実際、今年度の持ちタイムでも当てはあるのかなあ?と思って調べてみました。個人的なイメージでは、先 ...

選手特集, データ分析

No Image

3大駅伝×4年=12回、この全てに出場した今年の卒業生は早稲田の平賀ただ一人・・・走った区間はこのようになっております。出雲のエース区間6区を4年連続、全日本のエース区間8区を3年連続、箱根のエース区間2区を3年連続はしり、12回の駅 ...

データ分析, 1万m

No Image

続いては、新年度の1万mの平均持ちタイムについてです~ハーフは先日の学生ハーフの際に触れたので今回は取り上げません~平均持ちタイムはこのようになっております。

 

1位は5000mに続き駒澤、4年生が ...

データ分析, 5000m

No Image

本当は今年度の平均持ちタイムについて考察しようかなあと思ったのですが、よく考えるとトップ10が揃っておらず・・・今更卒業する4年生をデータベースに登録するのも微妙だなあということで、私事都合で申し訳ないですが、新年度で考察します。1年 ...

HP紹介

No Image

めっちゃ今更ではありますが、ブログ移行した後、HPについて紹介したことが無かったので、紹介させてください~。元々、HPがメインでブログはその機能の一部という考えだったのですが、検索機能って毎日使うものじゃないですし(実際、私でさえ毎日 ...

選手特集, 専修大学

No Image

HPにて新しく専修大学の3年生以下の持ちタイムを追加したので、ついでに専修大学の分析もしてしまいます。専修大学持ちタイムはこのようになっております。元々、3大駅伝に出場した選手・大学だけを選手情報として追加していたのですが、去年の11 ...

記録会, ハーフ, マラソン, その他大会

No Image

上尾ハーフで上位に入った駒澤の村山、東洋の大津が招待されたニューヨーク・シティハーフマラソン(NYCハーフ)が先日ありました。キプサングやラガトなど世界の名だたる選手も出場し、NYCハーフは元々下り基調の好記録が出やすいコースというこ ...