第56回(2024年) 全日本予選戦力分析 法政大学

エントリー

本日は法政大学における全日本予選における戦力分析を行っていきます。28分台ランナーは7人いますが、その全員がエントリーされているのがまず良いですね。さらに、この7人を含め3大駅伝・予選会経験者は9人いますが、こちらも全員メンバー入り。さらに直近で1万のベストを更新している星野、平井、野崎ら2年生も入って新戦力も楽しみ。ルーキーが1人もいないのがちょっと寂しいですが、現状のベスト布陣と言ってよいのでは。

大学名名前学年5千ベスト1万ベストハーフ換算
法政大学 法政大学小泉 樹4年14:14.1228:50.6401:03:32
法政大学 法政大学宮岡 幸大4年14:03.1628:57.6901:02:07
法政大学 法政大学武田 和馬4年13:53.5328:59.1701:02:48
法政大学 法政大学安澤 駿空4年14:13.2829:26.9501:03:58
法政大学 法政大学永島 悠平4年14:09.9629:38.4501:04:21
法政大学 法政大学大島 史也3年13:50.0428:53.1401:03:34
法政大学 法政大学矢原 倖瑛3年14:08.9328:54.6001:03:35
法政大学 法政大学清水 郁杜3年14:04.0628:56.1801:03:19
法政大学 法政大学行天 陽虹3年14:18.0229:25.2601:03:55
法政大学 法政大学野田 晶斗2年13:46.8728:56.5301:03:17
法政大学 法政大学星野 泰地2年14:08.1929:40.11 
法政大学 法政大学平井 蒼大2年14:40.1529:40.6501:05:29
法政大学 法政大学野崎 翔太郎2年14:18.2529:43.9101:06:40
持ちタイム

今回のエントリータイムは20大学中10位、上位8人の1万m平均タイムは28分59秒、こちらも同じく10位となっていますね。タイム上は通過圏外ということになります。法政の場合はあまり持ちタイムは関係ないことも多いですが…それでも過去2大会はいずれも予選落ちですし、タイムが良いに越したことはありません。先述のとおり28分台は7人、トップが28分50秒の小泉ですから7人とも28分50秒台ということに。13番手でも29分43秒ということでタイムはかなり接近しています。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:行天③、星野②
2組:矢原③、野田②
3組:小泉④、宮岡④
4組:武田④、清水③


最終組は武田と清水、関東インカレ1万mでともに28分台で走っている2人、武田は5000mでも8位入賞を果たしているチームのエースです。清水も箱根で結果を残し、トラックでもタイムを伸ばしてきました。今年度の走りを見ると清水が最終組で良いのでは。


3組は小泉と宮岡、小泉は前回も3組17位で走っていますし、勝負レースでの強さは抜群ですからね。故障さえなければエース級の選手ですし、後半の組を担うことになるのでは。宮岡は箱根でも1区を任されるほどの主力。関東インカレを回避したのが気になりましたが、先日の記録会ではチーム上位で走れていたので問題無いでしょう。


2組は矢原と野田、矢原は関東インカレで1万mに出場、順位はもう一歩ですが、メンバーに選ばれるだけの力がありますし、箱根でも7区9位で走っている実績があります。野田は今月5千で13分46秒を叩き出していますし、箱根でも3区を担っている主力ですからね。ともに2組ならば問題なく任せられそう。


1組は行天と星野、行天は3大駅伝・予選会の出場はありませんが、関東インカレハーフにも出場していますし、持ちタイムも着実に伸ばしていますからね。星野は3大駅伝・予選会に初エントリーですが先日の記録会で29分40秒のベスト、新戦力も1人は起用したいですし、5千のスピードもある星野としました。

展望

ある意味最も予想しづらいのがこの法政大学かもしれません。過去2年は箱根で7,6位といずれも好結果を残していますが、その一方で全日本予選は14位、13位でボーダー争いにも絡めずに予選落ちとなっています。長い距離も特殊区間も得意なチームですが、その一方でトラックは比較的苦手としていますからね。全日本予選にチームとして合わせられていないという事情もあります。


また、エース力という点でも最終組で逆転できるような状況ではないため、前半の組である程度貯金がないと苦しくなってしまうんですよね。3組終了時でボーダーより上にいないといけないというプレッシャーもあります。過去2大会は2組で苦戦してそのまま出場争いから脱落していってしまいましたし。しかし、箱根で6位だったチームが3大会連続で全日本出場を逃すわけにもいかないですよね。


直近の記録会を見る限り、主力はある程度走れていて出場していなかったのは大島くらい。なので今回は大島を外して予想しましたが、前回3組10位で走っている大島が万全の状態であればチームにとって大きいです。出場争いも熾烈となりそうで、特に前半の組は調子のよい選手を起用することが出来そう。個人的には本当にボーダーを争う大学の1校という印象で…通過しても予選落ちとなっても正直驚きはないです。箱根のような勝負強さを全日本予選でも見せ、3大駅伝フル出場を果たしてほしいです!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。