第55回(2023年) 全日本予選戦力分析 神奈川大学

エントリー

本日は神奈川大学の全日本予選における戦力分析を行っていきます。1万mで持ちタイムトップ10の選手が全員エントリーされていることを考えると、順当なエントリーと言えそう。主力どころで外れたのは2年前の箱根で4区10位で走っている小林政くらいですからね、姿を全然見せていないので仕方ないかな。20校の中で唯一、上限の13人中12人しかエントリーしていない大学でもあります。4年生が7人と半分以上を占める一方で期待のルーキーはエントリーされていないんですよね。滝本か新妻のどちらかでも含めて13人登録すればよい気もしますが…

名前学年5千ベスト1万ベストハーフ換算
神奈川大学 小林 篤貴4年13:50.3328:21.1001:02:13
神奈川大学 巻田 理空4年13:59.0628:43.6501:03:23
神奈川大学 尾方 馨斗4年14:10.6128:49.7101:03:10
神奈川大学 宇津野 篤4年14:02.0328:51.6801:02:51
神奈川大学 高橋 銀河4年13:57.3128:57.7101:02:48
神奈川大学 佐々木 亮輔4年14:23.6429:10.9001:03:03
神奈川大学 大泉 真尋4年14:13.3529:16.7701:03:45
神奈川大学 中原 優人3年13:46.8428:47.6601:05:44
神奈川大学 飯塚 厚3年14:10.0829:12.65 
神奈川大学 中西 良介3年14:34.8029:43.3301:05:08
神奈川大学 宮本 陽叶2年14:06.7528:50.7001:03:05
神奈川大学 酒井 健成2年14:08.8729:25.4201:04:58
持ちタイム

エントリーされた上位8人の1万m平均タイムは28分49秒ということで、私がDB管理している15大学中5位となっており、タイム上は通過圏内ということになります。前回の全日本予選は完璧な走りでトップ通過を果たした大学ですからね。小林篤が28分21秒を叩き出して持ちタイムトップ、28分台は7人がエントリー、10番手でも29分16秒というハイレベルさです。エントリー選手も持ちタイムも大きな心配はいらないですね。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:尾方④、中原③
2組:佐々木④、宇津野④
3組:高橋④、宮本②
4組:小林篤④、巻田④


最終組は小林篤と巻田のエースコンビ、小林篤は今年度チームで最も結果を残している選手、前回も3組2位で走っていますが最終組でも安心して任せられる選手です。巻田は前回も4組24位で走っている選手、今年度はやや苦戦気味ではありますが、それでも2年連続で4組を走っている経験は大きいですし、全日本予選に合わせてくれれば。


3組は高橋と宮本、高橋は関東インカレ5000mで決勝に進出するなど今年度は復活してきていますし、5千でも13分台のベストをマークしています。全日本予選はまだ未経験ですが3組でも十分任せられそう。宮本は前回1組2位と快走、今年度は1万で28分台のベストをマークするなど好調ですし、全日本予選も心配いらなそう。


2組は佐々木と宇津野、佐々木は関東インカレハーフで入賞するなどこちらも復活の走りを見せています。4年生の足並みが揃ってきたのはチームにとっても非常に大きいです。宇津野はあまり姿を見せていないのが気になりますが…前回3組5位で走っている実力者、エントリーされているのであれば出場してくれるはず…


1組は尾方と中原、ともに28分台のベストを持つ実力者、1組にも28分台を起用出来るだけの選手層も神大の魅力です。尾方は前回2組9位と好走している実力者で関東インカレ5000mにも出場。中西は5千でも13分台のベストを持ち、同じく関東インカレ5000mに出場しています。勝負レースでは苦戦が続いているのが気になりますが、1組ならば大丈夫でしょう。

展望

前回は8人中7人が1桁順位というほぼ完璧な走りでトップ通過、今回もエントリーを見る限りは心配は無さそうかなあ。他にも5千、1万でベスト連発の飯塚、箱根8区10位で走った経験のある大泉らもいますし、特に飯塚は8人に入ってくる可能性も十分。今年度結果を残している選手、前回の全日本予選で好走している選手がズラッと揃っていますからね。


さすがに前回のトップ通過はやや出来すぎな気もしますが…それでも通過有力校の1校で上位通過を果たしても何も驚きは無いですね。心配事があるとすれば…2年前の全日本予選では11位で予選落ち、前回の箱根予選では11位で予選落ちということでなかなか安定した走りを見せられていないんですよね。特に全日本予選トップ通過からの箱根予選落ちは衝撃的でした。


戦力的にもエントリーも心配いらないだけに、後は実際に出場する8人がベストに近い布陣で臨めるか、そして全日本予選にチームとして合わせられるかどうかですね。4年生がチームの中心である勝負の年、全日本出場を逃すわけにはいかないですし、まずは2年連続の全日本出場を危なげなく決め、前回悔しすぎる結果となった箱根予選での復活の走りへとつなげていってくれれば。

箱根の順位予想区間配置予想の投票を受けてけています。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。