第55回(2023年) 全日本予選戦力分析 駿河台大学

2024年6月11日

エントリー

本日は8人の合計タイムが15位、前回の予選は13位だった駿河台大学の全日本予選における戦力分析を行っていきます。1,4年生が2人、3年生が1人というエントリーの中、2年生が8人と大量エントリーとなりました。東泉を筆頭にスカウトが元々良かった学年ではありますが、大学に入ってからタイムを伸ばしてきた選手、力をつけてきた選手も揃っています。比較的順当なエントリーと言えそうですが、勝負レースで主力が苦戦しているのは気になるところ。

氏名学年1万ベスト
新山 舜心4年28:45.78
山内 亮威4年30:16.62
佐々木 瑠希3年30:06.70
岡﨑 樹2年29:44.04
沖 勘太郎2年30:32.98
長田 拓巳2年29:41.43
倉島 啓人2年30:09.18
小池 佑希2年29:38.73
東泉 大河2年29:06.51
藤井 空大2年29:36.82
M・ゴッドフリー2年28:28.36
大橋 正昊1年29:14.96
古橋 希翁1年29:12.10
持ちタイム

28分台はゴッドフリーに日本人エースの新山の2人のみということでやや寂しいかなあ。その一方で目を引くのはルーキーの大橋&古橋コンビ。古橋が29分12秒を早速大学でマーク、大橋は29分14秒を高校時代にマークしています。29分6秒を持つ東泉も含めたこの5人が持ちタイムでは抜けています。2年生は岡崎、長田、小池、藤井と29分台のベストを有している選手も多いです。後は勝負レースでどれだけ持ちタイム通りの走りを見せられるか。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:藤井②、大橋①
2組:小池②、長田②
3組:東泉②、古橋①
4組:新山④、ゴッドフリー②


最終組は新山、ゴッドフリーという関東インカレ1万m出場コンビに託すしかないと思うのですが…28分台で走った新山はともかく、途中棄権となったゴッドフリーの状態が気になります。前回は最終組4位で走っていますし、最終組に出場出来ないとなると一気にチームも苦しくなりますからね。


3組は東泉と古橋という今年度1万で好タイムをマークしている2人かなあ。特に古橋は1万のベストと関東インカレ5千で決勝に進んだというのが評価が高いです。一方の東泉は関東インカレで苦しい走りとなったのが心配で、全日本予選に合わせることが出来るか。


2組は小池と長田という関東インカレハーフコンビ、ともに65分台でまとめていますし、小池は18位と上々の走りを見せていますからね。二人ともここまで走れるとは思わなかったですし、今後がますます楽しみ。


1組は1万で29分36秒を持つ藤井と期待のルーキー大橋、藤井は前回も1組19位でまとめています。大橋は5千で13分台のベストに1万も持ちタイムは良いのですが・・・大学に入ってからは目立った走りは見せられていないんですよね。個人的に見てみたいという気持ちも込めて。

展望

他にも前回2組22位で走っている山内は30分16秒のベスト以上の力がありますし、出場する可能性も十分にありそう。岡崎も1万で29分44秒とタイムを伸ばしており、関東インカレハーフで途中棄権となったのが気になりますが…その影響がなければ8人に入ってきてもおかしくないですね。現状だとこの10人から8人ということになりそうかなあ。


2年前は出場まであと一歩となる8位と大躍進の走り、前回は13位ということで比較的全日本予選は得意としています。気になるのはやはり主力の状態ですよね。ゴッドフリーが前回のような走りを見せられれば最終組は楽しみですし、東泉も本来の力を発揮出来れば主力の1人です。ルーキーの活躍も楽しみ。


現状は不安要素も多いですし、関東インカレを見てもボーダー争いに絡んでいくのは容易では無さそう。箱根予選での19位と惨敗からなかなかチームとしても浮上のきっかけを掴めずにいるんですよね。関東インカレで苦戦した選手もまずはしっかりと全日本予選に合わせて欲しいですし、新戦力の台頭にも期待したいところ。主力の抜けた影響を考えると、前回と同じ13位でも上出来かなとは思っていますが、全日本予選で結果を残し箱根予選に繋げていってくれれば。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。