第55回(2023年) 全日本予選戦力分析 法政大学

出場予想

本日は前回の全日本予選で14位、まさかの予選落ちとなってしまった法政大学における戦力分析を行っていきます。上位8人の1万の平均持ちタイムは私がDB管理する23校中20位、全日本予選に出場する大学では12位ということで、タイム上は通過圏外となります。ただ法政は記録会に積極的に出場する大学ではありませんし、2年前に3位通過した時も持ちタイムは悪かったので参考にならないですね。


エースの松永は関東インカレでも2年連続と順調も主力の武田が関東インカレを棄権というのが気になるところ。最終組を走ってもおかしくない選手ですからね。その一方で先日行われた法政記録会ではエース格の1人である小泉が復帰レース、ここで29分台で走れているなら全日本予選に向けても問題は無さそう。頼もしい選手が帰ってきました。


法政記録会1万mが選考レースだった思うので、基本的にはここで上位8人に入った選手が有力候補となってくるでしょう。もちろん、これまでに勝負レースで実績のある選手や一気に調子をあげてきた選手が起用されることもあるでしょうが、今日走って8番手以内に入れなかった箱根メンバーは細迫くらいですからね。今年の走りを考慮すると組配置は以下のようなイメージかなあ。

1組:三原④、野田①
2組:細迫④、大島②
3組:小泉③、稲毛④
4組:松永④、宗像④

展望

最終組は松永は確定的としてもう1人どうするか…宗像は箱根以降ちょっと奮わないですし、小泉も故障明けで最終組というのは負担が大きそう。順当ならば武田だと思っていたのですが、関東インカレも法政記録会にいなくて出場する可能性も低そうということで、悩ましいですね。一旦宗像としましたが。4組宗像なら3組小泉としてもう1人が誰になるのかという問題が。法政記録会で2番手、関東インカレハーフで前年度入賞している稲毛あたりか。


細迫は法政記録会では9番手でしたが、2年前は2組5位で走っていて箱根5区も2年連続で走っている実力者ですし、さすがに選ばれる可能性の方が高そう。そして復活した大島も全日本予選には出場してきそうですよね。2年生がやや苦戦していた中で5千で13分50秒と法政最速の高校ベストを持つ大島が出てきたのは大きいです。


後は今年度に入ってから自己ベストを連発している三原、法政記録会で29分41秒のベストをマークしたルーキーの野田が入ってくるのが選考会の結果を見れば順当ではありますが…ともにまだ勝負レースでは目立った実績が無いだけに、そこは不安要素でもあるかなあ。前回も直近で好タイムをマークした緒方を起用しましたが、結果として2組最下位に沈んでしまいましたし…


現時点では通過ボーダーで争う1校という印象かなあ。ベストメンバーが組めれば通過がグッと近づきそうですが、まずはエントリーが気になるところ。法政は2年前は前評判が高くなかったところからの3位通過、そして前回は通過有力と言われながらの14位となかなか戦前予想が当たらない大学でもあります。4年ぶりの3大駅伝フル出場を目指すためにも全日本予選で負けるわけにはいかないですし、また持ちタイムでは測れない勝負レースでの強さを見せて欲しいです!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。