第55回(2023年) 全日本予選戦力分析 東海大学

出場予想

本日は前回の全日本予選で4位、全日本で10位だった東海大学の全日本予選における戦力分析を行っていきます。上位8人の1万の平均持ちタイムは私がDB管理する23校中3位、全日本予選に出場する大学では1位ということで、タイム上はトップ通過の最有力候補となります。そして、今年度の活躍ぶりを見ると持ちタイムだけではなく実績でもトップ通過候補と言って良いでしょう。


関東インカレでの活躍ぶりは素晴らしかったですからね。5千で2位の石原、1万で2位の花岡がもはやダブルエースとなっており、石原だけに頼らないチームとなってきました。それ以上に大きいのが5千では五十嵐が自己ベストをマークしての7位入賞、1万では前回の全日本予選以降勝負レースで苦戦していた梶谷が7位入賞とエース以外が関東インカレのトラックで快走したんですよね。新戦力の五十嵐と復活の梶谷、全日本予選において大きな戦力となりそう。


ここに関東インカレに出場した越、入田、竹割や今年度5千でベストを更新している水野、期待のルーキーで関東インカレでも早速結果を残した南坂もおり、箱根後にはかなりチーム状態も悪そうでしたが…故障者も戻ってきてチーム状況も良くなってきているようで何よりです。今年の走りを考慮すると組配置は以下のようなイメージかなあ。

1組:水野③、鈴木②
2組:越③、五十嵐③
3組:梶谷③、南坂①
4組:石原④、花岡②

展望

最終組は石原&花岡という関東インカレ5千&1万で2位に入ったコンビで盤石でしょう。留学生がいないチームにおいては間違いなくこのコンビは最強、留学生がいるチーム相手でも2人の合計タイムで東海が最上位に入ってもおかしくありません。この2人が最終組に控えていれば、3組までの選手も余裕をもって走れますね。無理に稼ぐ必要もありませんし。


3組は前回最終組を走っている梶谷は関東インカレを見る限り任されそう。もう1人は何人も候補がいそうですが…関東インカレ1万で自己ベストをマークした南坂が十分可能性がありそう。東海は過去2大会はいずれも全日本予選でルーキーは起用しておらず、最後に起用したのは2014年に最終組を走った川端まで遡りますが(そもそもこの9年で3度しか予選会に回っていない)南坂の高校時代の実績に大学での走りを見れば後半組への起用も十分ありそう。


2組は主将の越と関東インカレ5千で入賞した五十嵐あたりかなあ。越は前回も2組を走っていますし、五十嵐も主力級の走りを見せましたからね。こういった実力者を前半の組におけそうなのも東海の強さです。1組は水野と鈴木という今年度1万でベストをこうしんした2人としました。今年度調子のよい選手が起用されることになりそう。


他にも持ちタイムでは松尾、溝口、神薗、竹割がトップ8に入っていますし、万全ならば起用されてもおかしくないですよね。松尾も復活してきましたし…竹割は関東インカレハーフで途中棄権したのでそこからだと厳しいかなと思いましたが、本来であれば全日本予選にまず入ってくるであろう実力者です。


元々持ちタイムで抜けていた東海が勝負レースでも結果を残したとなると、もう目指すのはトップ通過ということになるかなあ。ベストメンバーを組めたのならばそれだけの戦力は有していますし、余裕でトップ通過するくらいでないと全日本シード校を上回るのは大変でしょうし…退部やチームの雰囲気など色々と問題もあったと言われていましたが、今年度はエースに頼らずに各選手が結果を残していますし、全日本予選でも復活した東海の強さを存分に見せつけてくれれば!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。