第26回日本学生ハーフマラソン(2023/03/12)振り返り その2 ~中央、早大、東洋、山学、立教、中学、駿大~

3/12に行われた学生ハーフを大学ごとに振り返っていきます。公式結果(PDF)はこのようになっています。続いては中央、早稲田、東洋、山梨学院、立教、中央学院、駿河台の7校についてです。

中央大学

63分49秒をマークした山平がトップ、全日本を走っていて来年度の箱根でも出場が期待される選手なだけに、しっかりと走れたのは良かったです。伊東大が64分11秒、佐野が64分35秒、濱田が64分36秒で走っており64分台で走った選手は上出来だったかなあ。65分34秒で西、65分44秒で伊藤夢、65分51秒で羽藤が走っておりここまでが65分台、まずまずではあるのですが…来年度の復路が一気に有力となってきたというような選手はまだ出てこなかったかなあ。

早稲田大学

伊福が63分28秒、菅野が63分30秒と箱根8,10区をともに区間10位で走った二人がチーム上位に。菅野は自己ベストとなっています。二人ともハーフでの安定感は抜群ですね。後はこの安定したレベルをどこまで引き上げられるか…石塚は64分34秒ということで珍しくもう一歩の走りだったかなあ。大事なレースには問題無く合わせてくれるでしょうが。辻が64分43秒、宮岡が65分9秒とまずまずの走り、草野が65分15秒だったのは今後が楽しみですね。藤本が66分13秒、和田が66分25秒で走っています。

東洋大学

石田が63分9秒のベストをマーク、箱根では下位に沈むなど今年度は苦しい走りが続いていましたが、13位という順位も含めて上々だったのでは。来年度は不調・故障なくエース級の活躍を見せてくれれば。箱根を走れなかった九嶋も63分38秒で走って復活、この2人がしっかりと走ってくれるだけで大幅に戦力アップです。箱根3区を走った小林が64分30秒とまずまず、村上が66分8秒、網本が66分9秒、増田が66分11秒と固まって走っています。

山梨学院大学

最も良かったのが65分31秒だった横山ということで、全体的には物足りないタイムとなってしまいました。主力が出ていないとはいえ、64分台が1人もいないのは寂しいですよね。箱根9区を走った高木が65分39秒、塚本が65分55秒でここまでが65分台。66分台も66分10秒の平八重、66分48秒の友村と2人に留まっています。

立教大学

関口が63分39秒とさすがはエースの走り、チームでも抜け出たタイムで走っていますし、安定して結果を残しています。ただ、続いたのが65分44秒の服部ということで2番手が2分以上離れてしまったのは残念かなあ。服部も箱根は良かったですが安定感としてはもう一歩かなあ。65分45秒で富田、66分52秒で中西、66分54秒で小倉が走っていますが、関口以外は全体的にもう一歩だったという印象です。

中央学院大学

吉田が62分29秒で2位とエースの走り、箱根予選で苦戦して以降は全く外さずに大学トップクラスのタイム、順位を連発しています。箱根返り咲きを目指すチームにおいて、頼もしすぎるエースです。ユニバでの活躍も楽しみ。飯塚が63分7秒の11位63分33秒で工藤が続き、主力どころが結果を残しています。後はもう箱根予選で結果を残すだけですね。64分46秒で近田、65分0秒で柴田、65分4秒で黒谷、65分19秒で前川、65分29秒で清水が走っており、中堅どころも着実に層が厚くなってきています。

駿河台大学

小池が64分4秒と見事な走り、箱根予選には出場していませんがその後は自己ベストを連発して勢いのある1年生です。来年度エースの新山も64分15秒で続いてまずまず、65分4秒で走った長田も良かったですね。来年度に向けて少しずつ戦力も整ってきたかなあ。加藤が65分46秒、倉島が66分21秒、岡崎が66分27秒、塩路が66分50秒で続いています。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。