2022年度 4年生特集 ~国士館大学~

本日は国士館大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。3大駅伝・予選会のエントリー経験者は6人います。高校ベストはそれほど目立ちませんが、綱島がエースへと成長を遂げ、4人が3大駅伝・予選会に出場を果たしました。チームは4年間箱根に出場し続けましたが、この2年はいずれも予選で10位と最下位通過、今年度の箱根予選も19位と苦戦することが多かったです。

綱島 辰弥

高校ベストは14分57秒、1年の箱根予選から出場してチーム6番手の113位と上々のデビューを飾りました。2年時の箱根予選ではチーム9番手の148位、箱根では10区に出場して16位で走っています。飛躍を遂げたのは3年時、5千で14分8秒、1万で29分9秒を立て続けにマークすると、全日本予選で3組17位、箱根予選ではチーム7番手の155位と苦しい走りとなりましたが、箱根では9区6位と会心の走りを見せました。


4年時には5千で13分55秒、1万で28分55秒までタイムを伸ばし、全日本予選では1組6位、箱根予選ではチーム2番手の57位と4年間でも最も良い順位でまとめると、箱根では1区を走って区間13位、スローペースの中で集団を引っ張る積極性も見せました。トップとの差も33秒と最低限でまとめていますし、特に4年時はエースとしてチームを牽引しました。

福井 大夢

高校ベストは14分40秒、1年時には14分10秒までタイムを縮め、箱根予選、箱根ともにメンバー入りを果たすことに。2年時には箱根予選に出場してチーム10番手の152位で走りましたが箱根にはエントリーされませんでした。3年時、1万で29分17秒のベストをマークすると、箱根予選でチーム4番手の96位、箱根でも6区の山下りで13位と上々の走りを見せています。4年時は全日本予選で3組32位、箱根予選ではチーム10番手の212位、箱根では9区で最下位と3年時の活躍ぶりと比べると、4年時は勝負レースでいずれも苦戦することとなってしまいました。

望月 武

高校ベストは15分36秒と6人の中でも最も悪いタイムですが、3年時ハーフで64分53秒をマークすると、箱根で初エントリー&10区で出場、区間18位という走りでした。4年時は5千で14分26秒、1万で29分23秒までタイムを伸ばし、箱根予選も初出場を果たしましたがチーム最下位の280位に沈んでしまい、4年時の箱根ではエントリー止まりで出場することはありませんでした。

清水 悠雅

高校ベストは14分39秒、1年の箱根予選から出場してチーム2番手の74位といきなりの快走を見せたのはびっくりしました。箱根では8区を任されて区間13位と上々のデビューを飾っています。2年時の箱根予選はチーム8番手の121位と前年度よりは順位を落としたものの崩れることなくまとめ、箱根では2年連続の8区を16位で走っています。


3年時には5千で14分23秒のベストをマークしたものの、全日本予選は1組34位、箱根予選でもチーム11番手の261位に沈んでしまい、箱根も出場とはなりませんでした。しかし4年時、1万で29分33秒までタイムを伸ばすと、箱根ではチーム3番手の93位と1年時以来の2桁順位でまとめ、箱根では往路の4区を任されて区間17位で走っています。

福士 陽都

高校ベストは14分35秒と6人の中で最も良いタイムながら、3年時まで3大駅伝・予選会のエントリーはありませんでした。しかし4年時に5千で14分22秒のベスト、14分23秒のセカンドベスト、1万で29分33秒のベスト、29分54秒のセカンドベストを立て続けにマークすると、全日本予選、箱根予選でメンバー入りを果たしました。3大駅伝へのエントリーは無く、予選会も出場することはありませんでしたが、4年時にグッとタイムを伸ばしてきてメンバー入りを果たしました。

田中 佑樹

高校ベストは14分47秒、2年時までは3大駅伝・予選会のエントリーはありませんでしたが、3年時にハーフで66分1秒をマークすると、箱根で16人のエントリーを果たすことに。4年時には5千で14分36秒、1万で29分41秒までタイムを伸ばしています。しかし、結果として3年の箱根が3大駅伝・予選会通じて唯一のエントリーとなって、4年時にエントリーされなかったのは残念でした。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。