第54回(2022年)全日本大学駅伝 戦力分析&区間配置予想 ~東海大学~

続いては、前回の全日本で12位、箱根予選ではまさかの9位だった東海大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

4年生

前回の全日本では2区7位、箱根ではエース区間の2区を走っており、箱根予選では49位で走っている松崎、5千で14分2秒、1万で28分47秒のベストを持ち、箱根予選で101位で走っている宇留田、5千で14分16秒、1万で28分48秒のベストを持ち、箱根予選で161位で走っている金澤、5千で13分55秒のベスト、1万で28分54秒を今年度マーク、箱根予選では81位で走っている佐藤。


5千で13分54秒のベストを今年度マークし関東インカレハーフで4位入賞、前回の全日本では8区14位で走っている竹村、前回の全日本では4区5位の好走、箱根では2年連続6区6位以内で走っているものの、箱根予選では270位と苦しい走りになった川上、全日本予選では1組12位、箱根予選では196位で走っている杉本と最多の7人。

3年生

今年度5千で13分29秒をマークして復活、2年前の全日本では4区区間賞、箱根予選では後半失速したものの47位で走っている石原、前回の全日本では5区6位、全日本予選でも3組9位で走っている神薗、前回の全日本では6区8位、全日本予選では3組18位、箱根予選で180位で走っている入田の3人。

2年生

5千で13分45秒を今年度マーク、1万で28分27秒のベストを持ち、全日本予選では4組7位と快走を見せた梶谷が唯一のエントリー。

1年生

5千で13分48秒のベストを持ち、日本インカレで6位入賞を果たした花岡、5千で14分9秒、1万で29分55秒のベストを今年度マーク、箱根予選で146位で走っている竹割、5千で14分5秒、1万で30分12秒のベストを今年度マーク、箱根予選では58位と好走している鈴木、5千で14分19秒のベストを今年度マーク、箱根予選に続いてのエントリーを果たした中井、5千で14分12秒の高校ベストを持ち、箱根予選では236位と苦しい走りとなった湯野川の5人。

吉田は外れてしまいましたが、箱根予選で好走していましたし箱根5区を見据えてのことでしょう。スピードのある松尾、溝口は外れてしまいましたし、2年の越もいませんね。竹村や梶谷は入ってきたものの、まだ戦力的には厳しそうかなあ。そして箱根では9位にまで沈んでしまいましたからね…好走したのは吉田と鈴木くらいで全体的に力を出し切ったとは言えなそう。


箱根予選を回避した選手の状態も気になるところです。スピードはあるけれど長い距離に不安のある選手が全日本に注力するというのはありそうです。1年生を箱根予選と連戦させる可能性も低そうかと。そんな東海大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

花岡①ー梶谷②ー石原③ー佐藤④
宇留田④ー入田③ー松崎④ー竹村④

1区は花岡、長い距離は未知数ですが日本インカレの走りを見ると全日本で見てみたくなりますし、長い距離は未知数ですが、1500mのスピードもありますから最短区間かつスピードを活かせる1区でどうかなあと。


2区は梶谷、10kmの強さはすでに証明済で前半から主導権を握っていきたいことを考えると、全日本予選でも好走した梶谷を2区に投入するのもありかなと。箱根予選を走っていないスピードのある選手を前半から起用するのが良さそう。


3区は石原、本来であれば7,8区の長距離区間を走って欲しい選手なのですが、箱根予選は後半は明らかに走りがおかしかったですからね…起用しない可能性も十分あるのですが、出場するのであれば距離は短いながらも主要区間となる3区が良いかと。石原の状態は心配です。


4区は佐藤、3大駅伝・予選会通じて初出場だった箱根予選は悪くなかったですし、箱根を見据えても全日本から走って欲しいところ。4年ながら3大駅伝未経験ということを考えると比較的負担の少ない4区あたりかと。

5区は宇留田、こちらも佐藤同様に4年生で箱根予選が初出場、3大駅伝の経験は無し。箱根予選でまずまずまとめてくれましたし、全日本も起用される可能性は十分ありそう。こちらもつなぎ区間の5区あたりでどうかなあ。佐藤も宇留田も28分台のスピードはありますし、今回は4年生が半分は起用されるのではないかと。


6区は入田、前回も6区9位で走っていますし、箱根予選が180位と苦しい走りになったのは気になるところなのですが…3大駅伝ではまだ1桁順位でしか走っていませんし、全日本でも2年連続での1桁順位を期待したいところ。


7区は松崎、今のチーム状況を考えると松崎には長距離区間を走ってもらうしかないですよね。前回経験者が8区にいるということで、エース級も起用される7区に松崎としました。箱根予選でもチーム3番手で走っていますし、エースの1人に託すことになりそう。


8区は竹村、箱根予選にエントリーされなかったのは気になりますが、全日本にエントリーされたのは問題無いと信じて…前回も同区間を走っていることはもちろん、関東インカレハーフでの4位入賞は評価が上がっているかと。前回は8区で苦しみましたが、長い距離での強さに期待。

東海はシード返り咲きを期待していたのですが…箱根予選を見ている限りはかなり評価が下がってしまいましたのは否めず…前回の全日本シード校で箱根予選に出場したのは明治、早稲田がいますがいずれも2位、4位と上位で通過を果たしていますし、前回の全日本シード校は8校とも力がありますからね…そこに割って入るのは容易ではありません。


ただ、箱根予選と全日本をセットにして考えていたという可能性もありますし、箱根予選を走っていないスピードのある選手たちがいるのは救いです。実際、今回予想した花岡、梶谷らがまさにそうですし、箱根予選にエントリーされていた神薗も今回は外して予想しましたが、万全であれば前回も好走している頼もしい選手です。同じく前回好走している川上もいます、箱根予選でチーム最下位ということで今回は外していますが…


万全であればシード獲得しても全くおかしくないのですが、箱根予選で苦戦したこと、主力を欠いていることを考慮すると良くてシード争いに加わるくらいという状況ですが…エースを欠き12位に終わった前年度よりはだいぶ戦力は整ってきました。箱根予選9位から巻き返しを図るためにも、全日本では箱根にもつながるような好走を見せて欲しいです!

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~