第34回出雲駅伝(2022年)戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

本日は東洋大学の出雲駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の出雲では前半はやや出遅れたものの、九嶋の区間2位、石田の区間賞の走りで一気に追い上げ総合3位、2位とも6秒差という結果でした。今回のエントリーはエースを欠くことに…

4年生

前回の出雲では1区7位、今年度は1万で28分45秒を関東インカレ1万mで3位という走りでマーク、全日本予選でも3組6位で走っている児玉、前回の出雲では3区6位、関東インカレハーフで8位入賞、3大駅伝の主要区間で安定した結果を残し続けている前田の2人。

3年生

関東インカレ1万mでは7位入賞、タイムも28分49秒と自己ベストをマーク、前回の箱根では3区8位で走っている佐藤、5千で13分58秒、1万で29分5秒のベストを持ち、前回の出雲で2区9位、その後も3大駅伝にエントリーを続けている奥山の2人。

2年生

前回の出雲では区間2位に20秒の大差をつける5区区間賞、全日本でも4区区間賞、箱根は未出場だったものの1年目の駅伝シーズンから大活躍を見せた石田、今年度5千で14分14秒、1万で29分18秒をマーク、関東インカレハーフでは2位と表彰台に上がる走りを見せ、全日本予選でも1組3位とハイレベルに安定した結果を残す梅崎。


今年度5千で14分13秒のベスト、14分17秒のセカンドベストをマーク、1万は30分2秒と持ちタイムは目立たないながらも前回の箱根に続けてエントリーを果たした吉田、1500mで活躍を続ける一方で5千でも14分1秒までタイムを伸ばし、唯一3大駅伝・予選会通じて初エントリーを果たした甲木の4人。

1年生

5千で13分54秒、1万は28分36秒とハイレベルな高校ベストを持ち、全日本予選では最終組に抜擢されて20位で走っている緒方、5千で13分55秒のベスト、1万では29分50秒を今年度マーク、全日本予選にもエントリーを果たしている西村の2人。

下級生は順当なエントリー、トラックシーズンは姿を見せなかった石田も夏は順調に練習を積めて前年度以上に状態も良さそうですし。今年度大活躍の梅崎にルーキーは緒方、西村が抜けていますからね。その一方で上級生は気になるエントリー漏れがちらほら…


最も気になるのはエース松山のエントリー漏れ、出雲は前回に続いてのエントリー漏れとなりました。今年は故障なくトラックでも結果を残していただけに状態が気になります。さらに、前回の出雲で4区2位、関東インカレ5000mで4位とトラックシーズンで大活躍だった九嶋も外れてしまうことに…この二人は万全であれば出雲にエントリーどころか出場する可能性が高かったため、力のある3年生2人がいないのは大きいです。


4年生を見ると、前回6区7位で走りMGCを獲得している柏や箱根で10区2位で走っている清野はマラソンを8月に走った影響を考えるとある意味順当ではありますが、外れています。1500mを中心に5千でも活躍し、全日本予選を走った及川も外れています。出雲が最もそのスピードを活かせるかと思っていましたが残念…それでも力のある選手がエントリーメンバーに揃っている東洋大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

児玉④ー佐藤③ー石田②ー緒方①ー前田④ー梅崎②

1区は児玉、過去4度の3大駅伝出場は全て1区、いずれも安定した結果を残していましたが、区間6位以内は1度もなし。今年度は関東インカレや全日本予選で好走を見せており、区間上位で走ってくれそうな頼もしさがあります。


2区は佐藤、こちらも関東インカレ1万mで好走、箱根でも3区と主要区間を任されていますし、まだ出場したことのない出雲も走って欲しい選手。ロードの強さにスピードもありますし、主力が起用されることも多い2区で良いかなあと。


3区は石田、前回の出雲は衝撃的な走りでした。故障で出遅れたトラックシーズンからしっかりと練習を積めているということなので、ならば主要区間を走って欲しいということで3区としました。石田の走る区間と走りはチームにおいても重要になってきます。


4区は緒方、全日本予選では最終組に抜擢されていることを考えても期待の大きさが伺えます。東洋は期待のルーキーを4区で起用することもちらほらありますし、3大駅伝でルーキーに頼らなければいけないチーム状況でも無いでしょうし、デビューはつなぎ区間で良いかなあと。


5区は前田、3大駅伝はチーム最多となる7度の出場経験を誇り、いずれも区間一桁で走る安定感を誇ります。前回は3区を走っており主要区間の可能性も十分あるのですが…個人的には期待の2年生コンビを主要区間で見てみたいという思いがあり…つなぎ区間でも東洋が重視することの多い5区としました。


6区は梅崎、今年度は関東インカレを筆頭に出場するレース・記録会で結果を残す安定感抜群の走りを見せています。持ちタイムはそこまで目立ちませんが、タイム以上の強さを誇り特にロードでの強さは抜群。こういう選手を最長区間の6区に抜擢するというのを東洋はすることがありますし、今後も主要区間を走って欲しいという期待を込めて。

エースの松山に前回好走している九嶋の2人がいないものの、出雲もある程度戦えそうな布陣は組めそうですよね。関東インカレで結果を残している選手が多いのが非常に頼もしく、特に児玉や梅崎は前年度からもグッと力をつけている印象。今回はつなぎ区間と予想した佐藤、緒方、前田はいずれも主要区間を走ってもおかしくないですし…


6人からは外して予想した選手でも、2年の甲木や1年の西村はそのスピードを期待されて短い区間に起用されてもおかしくないですし…ただ、東洋は区間配置の抜擢はあってもそこまで新戦力を出雲から試してくる印象も無いので、前年度の駅伝や今年度のトラックシーズンで活躍している選手を中心に起用されると予想しました。


出雲は以前はなかなか3位以内に入れずに苦手としている印象もあったのですが、過去3大会は2→3→3位といずれも3位以内で安定しています。今回も3位以内というのが1つの目標になってくるでしょうか。今回の出雲は東国大を追う2番手争いが熾烈だと思っているので、東洋もそこに入ってきそうかなあ。主力を欠きながらも戦力は充実しているだけに、出雲での走りに期待したいです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~