2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~創価大学~

最後は創価大学について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。前年度は1万のタイムをぐっと伸ばした創価ですが、ならばと今年度は5千で自己ベストラッシュ、面白いように自己ベストを更新してきますね。13分台の選手もグッと増えてきましたが、1万のタイムをみるとまだまだ伸ばせそうな選手が何人もいるのが頼もしい。全日本初出場も決めましたし、充実のトラックシーズンとなりました。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:22点(2~7、10位)  ※前年:12点

カミナが13分48秒でベストを5秒更新してチーム2番手、今年度から本格的にチームに合流、記録会にも出場した2年生ですが早速自己ベストを更新したのは良かったですね。今年度はムルワがいるので3大駅伝での出番は無いでしょうが、来年度以降はチームを牽引してくれそうです。


新家が13分52秒でチーム3番手、セカンドベストの13分55秒も今年度マークしており、すでに13分台を複数マークしているのも良いですね。前年度の箱根で7区4位と快走して以降、さらに成長した感じがしますし、チームの中心選手の1人です。横山が13分57秒でベストを5秒更新してチーム4番手、元々持ちタイムはチーム上位でしたが、13分台ランナーの仲間入りを果たすことに。すでに全日本予選は3度出場も3大駅伝はまだ未経験ですから、最終学年での3大駅伝出場が待たれるところです。


ルーキーの石丸が13分57秒でチーム5番手、セカンドベストの13分58秒も今年度マークしています。期待のルーキーが早速大学でも活躍を見せているのが良いですね。即戦力として活躍を見せています。嶋津が13分59秒でベストを4秒更新しチーム6番手となっています。むしろ今まで13分台ランナーで無かったのがおかしいくらいですし、1万は28分14秒ですからね。今年度もエースとして活躍してくれることでしょう。


松田が14分2秒で12秒ベストを更新しチーム7番手、2~7位がいずれもベスト更新という圧巻ぶりでした。松田も箱根10区5位で走っている選手で、このくらいのタイムを出しても全然おかしくない選手ですからね。1万で28分38秒を持つ桑田も14分6秒でベストを4秒更新し、トップ10のうち7人がベスト更新となりました。トップ10圏外でも吉田凌が14分11秒、小暮、黒木が14分16秒とタイムを伸ばしています。

10000m:8点(3、4位 ) ※前年:9点

カミナが28分14秒をマークしてチーム3番手の持ちタイムに。5千では4月に早速ベストを更新しましたが、7月には1万でも好タイムをマークしました。ムルワが在学中に少しでも近づいていってくれれば。来年度はチームを牽引していく立場になるでしょうし。


葛西も28分21秒でベストを更新、セカンドベストの28分30秒も今年マークしています。タイム以上に強さを見せてくれましたし、今年度はとにかく故障無く3大駅伝に出場してくれれば…頼もしい走りを見せてくれることでしょう。トップ10でベストを更新したのは2人だけですが…横山が28分58秒でチーム11人目の28分台ランナーに。5千で13分台、1万で28分台を今年度マークしているのが良いですね。全日本予選でも1組5位と快走していますし。


他にも本田が29分19秒、ルーキーの野沢が29分23秒、石丸が29分53秒とベストで走っています。セカンドベストを見ても、山森が29分13秒、濱野が29分16秒、溝口が29分17秒、吉田凌が29分20秒、と29分台前半で走っている選手が多いです。トラックシーズンに全然姿を見せていない主力というのもいなかったですし、8点という得点以上に十分な結果だったのでは。

総評

27大学中、5千の22点は単独5位、1万の8点は7位タイ、合計の30点は5位タイとなっており、3部門全てで7位以内ということになりますね。前年は合計21点で17位だったのですが、今年度は順位をグッと上げてきました。トップ10圏内だけではなく圏外の選手も5千、1万でどんどんベストを更新していますし、最大の気になりだった全日本予選をついに突破、それも3位通過を果たしたのは大きかったです。


4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では14分2→13分58秒と4秒短縮しており、順位は13→14位と1つ下げています。創価も平均で13分台に載せてきましたね。なかなか持ちタイムの良い選手が加わらなかった状況を考えると、5千でここまでタイムを縮めてきたのは素晴らしい。1万では28分34→28分33秒と1秒短縮し、3→4位と1つ順位を下げています。平均タイムは留学生が1人計算なのに4位ですからね、ハイレベルです。


来年度は創価史上初めて3大駅伝フル出場を果たすことになります。全日本が初出場なので当然ですが…3大駅伝全てが楽しみですよねー。3本柱が重要な出雲、全日本はムルワ、嶋津、葛西が揃って出場すれば他大のエースに負けない布陣が組めますし、つなぎ区間も13分台、28分台のベストを持っていたり勝負レースで実績のある選手を揃えることが出来ますからね。全日本での初出場初シード、箱根での4年連続シード獲得&前回以上の順位も狙えると思いますし、駅伝シーズンでも創価の強さを存分に見せてくれることでしょう!!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。