2022年度 トラックシーズンにおけるベスト更新状況 ~國學院大學~

続いては國學院大學について、トラックシーズンの結果をトップ10でベスト更新した選手をポイント化して振り返ります。箱根後に最もインパクトを残したのは國學院大學なのでは?というほどに面白いようにベストを更新し、勝負レースでも存在感を示しました。特にハーフでの活躍が目立ち、3大駅伝に向けても期待は高まるばかりです。

※2022/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:19点(1~3、7,8,10位)  ※前年:14点

中西大が13分38秒を叩き出してチームトップタイム、元々トップでしたがさらに4秒縮めてきました。関東インカレ1万でも5位入賞を果たしていますし、トラックでの活躍もトップクラスでした。さらに、山本が13分46秒で高校ベストを2秒更新、チーム2番手のタイムとなりました。記録を狙うチャンスがあれば更新出来るとは思っていましたが、しっかりとタイムを更新してくるのはさすがです。


1,2番手は順当ですが…青木瑠が13分48秒をマークして3番手に入ってきたのにはびっくりしました。高校ベストは14分12秒ですから、大学に入ってすでに24秒も更新したことになります。今年度のルーキーも楽しみな選手が何人もいましたが、一気に抜け出てきた印象があります。3大駅伝デビューも近そうです。


さらに三潟が13分59秒でベストを10秒更新し、チーム7番手のタイム&13分台ランナーは7人に。さらに、原が14分0秒でチーム8番手と2年生が揃ってトップ10に入ってきました。國學院史上最高のスカウトと言われた学年ですがトップ10のうち半分となる5人が2年生となっています。鈴木が14分5秒でベストを5秒更新し、10番手となりました。関東インカレ1500mで4位入賞を果たすなど中距離のスピードも抜群ですが、5千での強さもあります。3年生では唯一トップ10入りということに。


トップ10のうちトップ3を含む6人がベストを更新、前年の14点に続いて今年は19点と2年連続で上位陣がタイムを更新出来ています。トップ10圏外でもルーキーの嘉数が14分8秒、藤本が14分9秒をマークするなど14分1桁の自己ベストで走っています。

10000m:16点(1、4、6~8位 ) ※前年:19点

平林が28分12秒をマークしてベストを24秒更新、チームトップタイムとなりました。1年時からひたすらに活躍を続けている選手ですが、ここまで持ちタイムを伸ばしてきました。それでも平林ならばまだいけそうな期待感さえあります。関東インカレ1万mでも積極的な走りを見せて6位入賞を果たしています。


伊地知が28分29秒をマークしてベストを27秒更新、ギリギリ28分台という力では無かったですし、持ちタイムが走力に追いついてきたかなあ。これで28分30秒切りは4人ということに。関東インカレハーフでも見事に優勝を果たしていますし、平林、中西、山本、そして伊地知という4本柱が揃って持ちタイムを伸ばし勝負レースでも結果を残しているのが頼もしすぎますよね。今年度の國學院は本当に強そう…


さらに、藤本が28分53秒、坂本が28分54秒、嘉数が28分58秒でいずれも28分台でのベストをマークし、チーム6~8番手となっています。坂本は勝負レースでも実績のある選手ですが、藤本はまだ3大駅伝にエントリー経験もない選手、そして嘉数は高校ベストが14分22秒のルーキーということで、主力に続く選手も着実に台頭してきています。特に嘉数は初の1万でいきなり28分台ですし、青木瑠とともに1年目から活躍が期待されるルーキーです。こちらも前年の19点に続いて今年も16点と本当に5千も1万も安定してベストを更新していますね。

総評

27大学中、5千の19点は6位タイ、1万の16点は単独2位、合計の35点は2位タイとなっており、いずれも上位ということに。特に1万と合計は2位ということでトラックシーズンの充実ぶりが分かります。学生ハーフでも平林、中西大がワンツーフィニッシュを果たしており、関東インカレでも好結果を残す主力が多かったですから、タイムも実績も申し分なかったのでは。


4月→現時点における上位10人の平均タイムで見てみると、5千では13分59→13分54秒と5秒も短縮しており、順位は12→10位と2つ上げてトップ10入りを果たしました。1万は28分54→28分43秒と11秒短縮し、10→9位となっています。5千も1万もトップ10に入ってきており、まだ13分台も28分台も10人揃っていないことを考えると、まだまだ伸ばしてきそうかなあ。


駅伝シーズンに向けては正直期待しか無いです。前年度は箱根こそやや苦戦したものの、出雲、全日本はともに4位と上々の結果、特に全日本は最高順位となりました。今年度の3大駅伝全てで3位以内に入ってきても全然おかしくないですよね…特に3本柱の影響が大きい出雲と全日本はエース級を一人つなぎ区間における4本柱に1区で好走を続ける島崎も残ったチーム状況を考えても相性が良いでしょうし…


トラックシーズンはで良かったからと言ってそのまま3大駅伝で結果を残せるかというとまた別物ではありますが、少なくともエース級が崩れるとは思えないですし、つなぎ区間の選手層も厚くなってきていますからね。國學院史上最強となると出雲優勝、箱根3位を果たした浦野、土方が4年時だと思いますが…今年度のチームがどれだけそこに迫れるのかむしろ上回ってしまうのか?3大駅伝でも強い國學院の走りを見せて欲しいです!

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。