第54回(2022年)全日本予選結果 ~1位:神奈川大学~

続いては見事にトップ通過を果たした神奈川大学について、全日本予選結果を見ていきます。個人的に神奈川大学は通過すると予想はしていたのですが、良くても下位通過と思っていた中でまさかトップ通過とは思いませんでした。非常に収穫の多いレースとなったのではないでしょうか。レース結果はこのようになっております。

~1組~ 2位:宮本、7位:有村

前回は1組で出遅れたことが最後まで響くことになりましたが…今回は素晴らしいスタートとなりました。東海の吉田が一人抜け出して独走する中、二人ともずっと2位集団の中でレースを進めていきました。そして、そこから抜け出したのが期待のルーキー宮本、組2位の素晴らしい走りでした。有村も宮本とは8秒差の7位でまとめていますし、揃って1桁順位で走ったのは非常に大きかったです。

~2組~ 5位:島崎、9位:尾方

2組も同じような展開となりました。専修の木村が最初抜け出し、続いて大東大のワンジルと東洋勢が抜け出す中、ずっと集団の中でレースを進めることに。揃って集団から遅れないというのが全日本予選では非常に大事になってきますからね。終盤まで崩れることなく走り切り、島崎が5位、尾方が9位と1組に続いての1桁順位フィニッシュです。島崎は1500mでの活躍が豊富、尾方は関東インカレで見事な走りを見せてびっくりしましたが、トラックに強い二人がここでも結果を残しました。

~3組~ 2位:小林篤、5位:宇津野

1,2組も素晴らしい走りでしたが、合計順位が最も良かったのはこの3組でした。1,2組と比べるとそれほどペースが上がらなかったですが…集団が絞られた時にもやはり二人揃っているんですよね。1~3組まで集団から遅れてしまう選手がいなかったのはこの神奈川大学だけでしたからね。ともにラストのスパート勝負となるところまでついていき、小林篤が2位、宇津野が5位と完璧なレースを披露しました。6人全てが1桁順位も当然神奈川大学だけですし、存分に強さを見せてくれました。

~4組~ 9位:山崎、24位:巻田

最終組は正直大崩れしなければ通過は問題無いという状況だったので無理をする必要は無かったですが…ここでさすがの走りを見せたのが山崎、持ちタイムが32分34秒ということでも注目されましたが、箱根予選、箱根で実績を残している主力の1人でタイムは何の参考にもなりません。日本人先頭集団で終盤までレースを進めると、28分台をマークしての9位というのは留学生が9人もいた中で上出来と言って良いでしょう。


もう一方の巻田は途中で集団から遅れてしまったのは残念ですが…それでも何とか24位でまとめてはいますし、大崩れはしなかったですからね。先頭を引っ張る場面はどの組でもほとんどなかったと思いますが…どの組でも上手くレースを進め、東洋を19秒抑えて見事にトップ通過を来ました。とても前回11位で予選落ちとなったチームとは思えないですね。

全日本に向けて

全日本予選でこんな走りを見せられると、全日本でもシード争いに加わることが出来るのでは?という期待感が湧いてきますよね。今回全日本予選に出場した選手を見ても…例えば4組を走った山崎を7区、3組を走った小林篤が8区、宇津野が3区といったように主要区間を任せ、エースの1人である巻田を2区あたりに起用するという配置が出来るわけですし…ルーキーの宮本は都大路でも4区区間賞を獲得しているようにロードでの強さも抜群ですから全日本も当然楽しみです。


2組を走った島崎、尾方はトラックでの強さは見せていますが、ロードはまだ未知数な部分が多いんですよね。ハーフで好タイムを持っているわけでもないですし…ロードでもそのスピードを活かせると面白そう。有村は箱根でも1桁でまとめている選手で心配はいりません。


神奈川大学の強みは、全日本予選をトップ通過したメンバー以外にも箱根予選や箱根で好走した選手が揃っていることです。前回の箱根を見ても4区10位だった小林政、8区10位の大泉らがおり、特に小林政は主要区間を走ってもおかしくない選手。さらに1万で28分台のべすとを持つ高橋、前々回の箱根で10区2位だった佐々木、今年13分台のベストをマークしトラックで活躍を見せる中原もいます。


ちなみに前回全日本予選をトップ通過した時は鈴木健吾を擁してそのまま全日本でも優勝を果たしています。さすがにそこまでの成績を期待するのは難しいでしょうが、全日本予選の走りは4年ぶりの全日本で即シードを獲得してもおかしくないと思わせるほどでした。選手層が厚くなってきているのも大きな強みですし、エース区間を任せられる選手も複数いますからね。予選会トップ通過の走りを本戦でも存分に見せて欲しいです!!

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~