第54回(2022年) 全日本予選戦力分析 神奈川大学

本日は神奈川大学の全日本予選における考察を行っていきます。資格タイムの有効期限は明日(6/4)ということで日体大記録会も明日行われますし、明後日には全日本予選に出場する20校も正式に決定するかな?前回は専修が最後の最後に逆転で出場を果たしたんですよね。コンディションも気になるところです。

出場予想

1万mの上位8人の平均持ちタイムは27大学中22位、予選会校の中では14位ということでタイム上は通過は遠いということになりますが…持ちタイムが実力に見合っていない選手も神大は多いので参考にならないですね。最たる例は箱根5区7位で快走している山崎のタイムが32分台ということですね…5千も14分32秒とあまりにも見合っていませんでしたが、先日13分台をマークしてきました。1万も狙えば28分台はサクッと出るでしょう。


前回の全日本予選では1組から出場圏内に入ることが出来ずに11位で予選落ち、組1桁で走った選手もいなかったですし、目立つ場面もあまりなかったですね…出場8人中4人が抜けましたが、戦力は充実しています。前回最終組を走った巻田はチームのエースへと成長を遂げて箱根でも結果を残しているのは頼もしいですね。そんな巻田を関東インカレ1万mで上回り自己ベストをマークしたのが小林篤、前回は1組15位でしたが箱根でも快走を見せるなど主力級の力を身に着けました。


他に前回出場している佐々木はなかなか目立った走りは出来ていませんが、宇津野は箱根後も好走を続けていた主力の1人で今年度も計算出来る頼もしい選手です。他にもトラックでは5千で13分54秒をマークした島崎が関東インカレ5000mにも出場、同種目で尾方が決勝にも進出したのはびっくりしました。全日本予選でもメンバー争いに絡んできそうかな。


後は箱根でも結果を残している大泉、小林政、有村らはやはり勝負レースで実績があるのが大きく全日本予選でも計算出来るでしょうし、今年度5千で好調で1500mでは関東インカレで表彰台に上がった中原、期待のルーキーである宮原らが候補になってくるかなあ。1年時に活躍した佐々木や高橋らも万全であれば力のある選手なのですが、選手が非常に揃う3年生はなかなかベストメンバーを組めずにいる状況ですね。現時点での組予想としては以下のようなイメージかなあ。

1組:島崎④、宮本①
2組:小林政③、中原②
3組:山崎④、宇津野③
4組:巻田③、小林篤③

展望

大きく稼げるような大エースはいませんが、その一方でチーム内での戦力が均衡しているというのが強みですね。関東インカレ1万を走った巻田、小林篤に最終組を託すのが順当だとは思いますが、さらに調子のよい選手がいれば任せても面白そう。箱根で往路を走り、今年度も好調の山崎、宇津野あたりが3組だと安心感が増しそうかなあ。


残る選手たちも悩ましいですよねー。3年生があまりにも多すぎるのもバランスが悪いかなあと思ってトラックでもスピードのある4年の島崎、2年の中原、1年の宮本を入れてみましたが…戦力的には3年生が8人中6人以上を占めてもおかしくないほどに選手が揃っていますからね。他にも高橋、佐々木、大泉ら実績のある選手がいるわけですし…


全日本出場となると、まさにボーダーを争う大学の1校という印象かなあ。前回は1組35位と出遅れたのが最後まで響く結果となりましたよね。大エースがいないということは、崩れる組があったときに取り戻すのが困難になりやすいですから…その一方で戦力拮抗ということは前半の組は有利に戦える可能性が高いですし、前半稼いで後半は粘るのが現実的かつ理想かなあ。5年前に優勝を果たしたものの、もう3年間全日本に出場出来ていませんし、全日本で元気に走る姿を今年度こそ見せて欲しいです!!

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~