第54回(2022年) 全日本予選戦力分析 中央学院大学

出場予想

本日は中央学院大学の全日本予選における考察を行っていきます。1万mの上位8人の平均持ちタイムは27校中13位、全日本シード校を除くと6位ということでタイム上は出場圏内ということになります。しかし、その一方で今年度も気になるのは選手が揃わないことですね。1万の持ちタイム上位陣を見ても今年に入って順調に走れているのはエースの吉田のみ。その吉田も関東インカレは17位と奮わずでしたからね…


吉田は全日本予選に合わせてくれるとして、続く小島、武川はまだ戻ってきておらず、関東インカレ、直近の記録会も出場出来ていません。武川は出場はまず困難で小島は関東インカレにエントリーされているのはまだ希望があるのか…堀田と松島は記録会に出場してきており、全日本予選には間に合いそうかなあ。特に松島は前回1組5位と好走している選手ですから。伊藤も関東インカレは欠場していますし、上位8人のうち関東インカレに出場したのは吉田と飯塚のみというのは寂しい。5千は全員欠場でしたし…


記録会に出場したメンバーでは、中島、吉本といった3大駅伝でも結果を残している2人が走れているのは良かったですね。ルーキーでも近田が早速1万でベストを更新しており、全日本予選にも名を連ねてきそう。前回経験者では、2組8位と好走している川田も小島同様に関東インカレ5千にエントリーするも棄権…前回の全日本出場の立役者が揃わない状況が続いています。。。故障や不調でなければ良いのですが。


ハーフに出場した荻沼、芳賀、鞍野らも全日本予選のメンバー争いに入ってくるであろう選手たちですよね。記録会でこれまでに名前を挙げた選手以外では学生ハーフに続いて1万でも29分台で走っている4年の前田、30分1桁で走った1年の黒岩らが候補になってくるでしょうか。関東インカレでも直近の記録会でも出場していない選手を除いての組配置予想としては以下のような形かなあ。


1組:堀田②、近田①
2組:松島④、中島④
3組:吉本④、飯塚③
4組:伊藤③、吉田②

展望

中央学院はまず13人のエントリーを見てみないと分からないですし、さらにエントリーされていても出場出来るかどうか微妙な選手もいそうですからね…ようやく先日の記録会で足並みは多少揃ってはきたものの、まだまだベストメンバーとは程遠い布陣となってしまいそうですよね。この2,3年はとにかく故障者や不調者が多い状況が続いていて3大駅伝・予選会でも奮わないという苦しい日々が続いています。


今年度に入ってもその状況が改善される兆しは見られないかなあ…前回の全日本予選は2組で吉田光が最下位に沈んでしまい、通過は厳しいか?と思ったところから小島、武川の魂の走りでワン・ツーフィニッシュを果たし、一気に逆転への流れになりましたからね。今年度確実に計算出来そうなのは吉田礼のみで、ベストメンバーが組めれば当然通過を狙える戦力ではあるのですが、今回は通過は難しそうかなあというのが現時点での印象です。


ただ、中央学院は全日本には9年連続で出場を続けており、前評判が悪い時にも粘り強い走りで全日本出場権を勝ち取っているんですよね。今年度も主力の足並みが揃わない一方で飯塚やルーキーなど新戦力も台頭してきているわけですし、苦しいチーム状況の中でも持てる力を最大限に発揮し、10年連続の全日本出場を勝ち取って欲しいです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~