第106回日本選手権(2022) エントリー感想

日本選手権が6/9~12の4日間にわたって行われます。5月に1万mが行われましたが、残る長距離種目である1500m、5000m、3000m障害はいずれもこの期間となりますね。5/27時点でのエントリーが発表されましたので、大学生を中心に見ていきます。

1500m

日本記録保持者である河村に元日本記録保持者の荒井、大学生では関東インカレ王者の飯澤らが順当にエントリーされる中、遠藤もエントリーされていますね。確かに1500mでも圧倒的な走りを見せてはいますが、やはり本命はオレゴン世陸標準を突破している5000mでしょう。3分30秒台のエントリータイムを持つ選手が他にも的野、森田、館澤、舟津らが実力者がズラッと揃っています。


今年度の充実ぶりを見ると大学生の飯澤が勝ってもおかしくないかも?と期待してしまいますが、日本選手権を制している河村や荒井、館澤らも力がありますし、今回もハイレベルな優勝争いが期待されます。ただ、世界陸上となると日本記録を上回る3分35秒00が必要になりますから、突破するのは容易では無いです…タイムよりも勝負レースになる可能性が高いかなあ。


他の大学生では、北大の高橋、環太平洋の片山といって関東以外の実力者が3分40秒台で続き、3分41秒台で中央の山田、東海の兵藤らが続きます。1500mは他の種目に比べて大学生のエントリーが圧倒的に多く、10人以上いますからね。その一方で高校記録を持つ駒澤の圭汰は1500mにはエントリーせずでした。

5000m

唯一世陸標準を突破し、前回王者の遠藤が優勝候補筆頭となるでしょう。GGNの外国人選手を全て押さえての組トップの走りは本当に圧倒的でした。3位以内に入れば世陸代表となりますすし、しっかりと勝ち取って欲しいですね。日本選手権で優勝経験があり、東京五輪に出場した松枝、坂東らも順当にエントリー、今年度はまだそこまで圧倒的な走りは見せられていませんが、力のある選手です。


エントリータイムでは13分10秒台のタイムを遠藤以外で有している塩尻、砂岡が続きます。自己ベストを出したレース以外はもう一歩かなあという気もしますが…日本選手権にどれだけ合わせられるでしょうか。前年度から活躍が止まらない清水の走りも個人的に楽しみです。


大学生では13分22秒を持つ駒澤の圭汰がエントリー、1500mではなく5000mでのエントリーでしたが、日本選手権でどこまで戦えるのか非常に楽しみです。この種目に大学1年時に3位に入っている吉居も順当にエントリー、前年度の駅伝シーズンから良い走りを続けていますし、1年時に負けない活躍を見せてくれれば。


さらに13分30秒台のベストを持つ選手では、32秒を持つ日体大の藤本、34秒を持つ駒澤の篠原、ともに35秒を持つ早稲田の山口、伊藤がエントリーされていますね。日本選手権という大舞台でのレースは良い経験になるでしょうし、1つでも上の順位を目指してくれれば。本来であれば藤本は上位に入ってきてもおかしくない力がありますが、関東インカレはハーフに出場したようにスピード練習はそこまで出来ていないようなので厳しいのかなあ…


他にも参加資格のある選手は何人かいるのですが…駒澤勢は田澤、芽吹、唐澤と揃って欠場、田澤はともかく芽吹、唐澤はレースにもずっと出場しておらず今回もやむなしかなあ。順大の三浦は当然3000m障害で世界を目指しますし、東海の石原はレースこそ出場したものの状態を上げていくのはこれからでしょう。青学の近藤は関東インカレも欠場していましたし、今回もやむなしかなあ。大学生の実力者が何人も出場出来ないのはちょっと残念ですね。

3000m障害

8分9秒の日本記録を持つ三浦が圧倒的な優勝候補ですね。関東インカレ5000mでもゆとりをもって優勝していましたし、正直3000m障害で三浦が負ける姿は想像できないですね。。。そのくらい、この種目では力が抜けているのでは。個人的にはもうオレゴン世界陸上でどんな走りを見せてくれるのかの期待感の方が大きいです。


8分19秒を持つ山口、8分20秒を持つ青木と東京五輪に出場した2人も順当にエントリー、今回も表彰台の可能性が高いのはこの東京五輪トリオということになるのかなあ。さらにエントリータイムでは阪口、潰滝という優勝経験のある選手が続きます。ここに8分28秒を持つ楠も含めた8分30秒切りの選手たちが走力としては抜けているかなあ。


三浦以外の大学生では、8分37秒を持つ菖蒲がトップで関東インカレでも連覇を果たしており、実力では抜けていますね。上位争いに絡んできそう。さらに高校時代に8分39秒をマークしている青学ルーキーの黒田まで8分40秒切り、さらに8分40秒台で立教の内田、筑波の松村、関東インカレ2部優勝を果たした大東大の佐竹、帝京の山口らがエントリーを果たしています。大学生の走り、楽しみです♪

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~