第101回関東インカレ(2022) 2部5000m ~キプリモが優勝、鶴川が日本人トップの3位~

今日は5/22に行われた2部の5000m決勝について振り返っていきます。公式結果はこのようになっております。入賞した8人は以下の通り、入賞した選手を中心に振り返ります。

順位氏名所属記録
1ノア・ キプリモ (4)日本薬大13:55.47
2ヴィクター・キムタイ (1)城西大13:55.82
3鶴川 正也 (2)青学大13:55.99
4山谷 昌也 (4)東国大13:56.88
5リーキー・カミナ (2)創価大13:57.96
6目片 将大 (4)青学大13:58.55
7白井 勇佑 (2)東国大14:01.12
8片川 祐大 (2)亜大14:01.36

優勝を果たしたのは日薬大のキプリモ、これで1万mとの2冠を果たすこととなりました。留学生の中でもトップクラスの力があることを示してくれました。予選も2組トップ通過を果たしていますし、予選も含めて負けなしの走りでした。ラストがあるのも勝ち切る強さですね。


2位に城西のキムタイ、優勝には0.35秒及ばなかったものの、予選を2組4位通過すると、決勝でもさすがの走りを見せました。城西初の留学生ということで注目を集めましたが、大学に入って好記録をマークし、勝負レースでも活躍しているのは心強い限り。全日本&箱根出場を目指す中で大きな戦力となりそう。


3位に青学の鶴川、個人選手権でも良い走りを見せていましたが、関東インカレでも表彰台に上がる走りはさすがです。予選も2組2位通過と安定の走りを見せていましたし、決勝も強かったです。前年度は故障もあって目立つ走りは出来ませんでしたが、走れば結果を残してきますよね。また頼もしい選手が1人青学の戦力に加わることとなりました。


4位に東国大の山谷、予選を1組2位通過、前年度の駅伝シーズンからグッと力をつけてきましたが、トラックでもロードでもハイレベルな結果を残せるようになってきましたね。ヴィンセント・丹所とともに頼もしいエースの1人となりました。今年度もエース区間で活躍を見せてくれることでしょう。

5位に創価のカミナ、キプリモ、キムタイが1,2位を占めたことを考えると、日本人選手2人に負けたのはもう一歩だったか。予選1組は全体でのトップタイムで通過を果たしての5位入賞は決して悪くはないですが…今年度はムルワがいるのであまり出番は無いかと思いますが…ムルワに負けない活躍を来年度以降見せてくれれば。


6位に青学の目片、鶴川とともにダブル入賞を果たすこととなりました。2部長距離ではとにかく青学の強さが目立つ結果となりました。ハーフのトリプル入賞に続いて、5千でダブル入賞した二人も箱根に出場していないんですよね…目片は出雲5区6位という結果でしたし…箱根メンバー以外の活躍が青学の選手層を、強さを支えています。


7位に東国大の白井、東国大も山谷とともにダブル入賞となりました。白井も5千で好タイムをマークしてからの関東インカレ入賞は相当力がついていますよね。予選1組も3位と上位通過、今年度の東国大は3本柱では無く4本柱となるかも…箱根はまだ未知数ですが、出雲だけでは無く全日本も非常に強力なチームとなりそう。


8位に亜細亜の片川が入ってきたのはびっくりしました。予選は2組11位とタイムでの通過(14分6秒で9人が入る大混戦でしたが)でしたが、決勝では有力選手を何人も抑えての入賞ですからね。7位まで入った選手も留学生+青学+東国大だけですし…前年度好タイムをマークして注目された片川ですが、今年度は一気に飛躍を遂げチームのエースとして活躍が期待されますね。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~