第101回関東インカレ(2022) 2部ハーフ ~伊地知が優勝、青学がトリプル入賞~

トラックシーズンのメイン大会である関東インカレもあっという間に終わってしまいました。次は全日本予選になりますね~今日は5/22に行われた2部のハーフについて振り返っていきます。公式結果はこのようになっております。入賞した8人は以下の通り、入賞した選手を中心に振り返ります。

順位氏名所属記録
1位伊地知賢造 (3)國學院大1:02:50
2位花尾 恭輔 (3)駒大1:02:56
3位西久保 遼 (4)青学大1:03:01
4位山野  力 (4)駒大1:03:03
5位横田 俊吾 (4)青学大1:03:04
6位ルカ・ムセンビ (4)東国大1:03:10
7位田中 悠登 (2)青学大1:03:10
8位鶴  元太 (2)國學院大1:03:01

優勝を果たしたのは國學院の伊地知、今年に入ってから國學院の躍進が止まらないですが、特にハーフの距離での活躍ぶりは凄まじいです。平林、中西大、山本とともに4本柱と言われる伊地知が集団から抜け出し、62分50秒と2位に6秒差をつけて優勝を果たしました。4本柱が今年全員ハーフで快走を見せているのが頼もしすぎます。


2位には駒澤の花尾、2年連続の2位ということであと一歩優勝には届きませんでしたが、それでも2年連続で快走を見せてくるのはさすがです。チームを牽引するはずの3年生ですが、鈴木、唐澤とエース格が姿を見せずにちょっと存在感を示せていない状況…そんな中で花尾が結果を残したのは良かったですね。


3位に青学の西久保、前回は優勝を果たしている実力者が2年連続で表彰台に上る走りとなりました。青学の選手層の中で2年連続でハーフに出場出来るのがまず凄いですし、まだ3大駅伝に出場経験のない4年生というのがまた恐ろしい…西久保も最終学年となる今年度は3大駅伝を走って欲しい選手です。


4位に駒澤の山野、日本人学生ハーフ記録保持者となった山野が4位入賞はまずまずかなあ。トラックではもう一歩という状況でしたが、ハーフとなるとやはり強いですね。2,4位と上位でのダブル入賞を果たしています。前年度は故障もあって箱根しか出場出来ませんでしたが、今年度は主将として3大駅伝全てで活躍を見せてくれれば。

5位に青学の横田、出雲では最長区間の6区を任された選手ですが、ハーフでもしっかりと入賞を果たしました。横田も2年連続で全日本、箱根にエントリーされながらどちらも出場は出来ていませんからね…最後の3大駅伝に賭ける思いは強いでしょうし、今回ハーフの勝負レースで結果を残せたのは良かったですね。


6位に東国大のムセンビ、今回はヴィンセントがケニア選手権に注力するということで関東インカレに出場せず…そんな中でのハーフで6位入賞というのはちょっと物足りないかなあ。前回は3位に入っていますし、そこからも順位を落とすこととなってしまいました。


7位に青学の田中、これで青学は1500mに続いてのトリプル入賞となりました。田中はハーフで結果を残し続けている選手ですし、7位でも正直物足りなく感じてしまうほどかなあ。そのくらいハーフの距離に強さを感じる選手です。関東インカレトリプル入賞した選手で3大駅伝経験が横田の出雲1回のみというのが恐ろしすぎます。。。


8位に國學院の鶴が入ってきて、國學院もダブル入賞となりました。青学、駒澤、國學院で入賞8人中7人を占め、残る1人が留学生のムセンビということで今年度の箱根での有力校が順当に上位を占めることとなりました。ただ、そんな中で鶴が入賞まで果たしてくるのはちょっとびっくり。着実に持ちタイムを伸ばしている期待の選手ですが、勝負レースでも結果を残せたのは大きいですね。今年度の3大駅伝デビューの可能性が高そうです。


9位には育英大のエースである諸星が入り、さすがは箱根でも関東連合で好走を見せているだけのことはあります。11位に立正大の木實が入ったのもびっくりの好走だったのでは。國學院の坂本が10位、駒澤の円が12位ということで、2部のハーフでは青学に続いて國學院、駒澤とこの3校がとにかく上位を占める結果となりました。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~