第101回関東インカレ(2022)展望 ~2部1500m、5000m、3000m障害~

関東インカレのエントリーが先日発表されました。5/19~22の4日間で行われます。各種目における有力選手を今日から見ていきます。まずは2部の1500m、5000m、3000m障害の3種目についてです。

~1500m(2部)~

前回の実績では、王者のミラーはエントリーされておらず、3位だった大東大の倉田が最も上位ということになります。入賞者では6位だった青学の山内、8位だった創価の望月らがおり、今回も楽しみな選手たちです。前回の1500mで活躍が目立った立教大学は今年度も1500mでタイムを伸ばしている選手が多く、マッキャーン、大塚、後藤とスピードのある選手を揃えており楽しみです。


1500mで活躍することが多い青学は山内以外に4年の西川、1年の宇田川がエントリー、そこまで目立った実績は無い気がしますが、青学のメンバーに選ばれるくらいですから期待出来そう。前回2位だった蓮沼が卒業した駒澤は2年の庭瀬、1年の大和田、桑田と下級生を起用しており、1人でも入賞出来れば上出来か。


これまでに未紹介の実力者では…専修の高瀬は箱根予選の快走が印象的ですが1500mのスピードも勝負強さもあるだけに楽しみな選手、國學院の三潟、上武の山林は前回決勝に進出したスピードのある選手たちです。強豪校以外では横国大の石川が3分44秒と持ちタイム上位のタイムを有しています。1500mは3大駅伝や5000m以上の距離で活躍する選手以外で好結果を残すことも多いですし、楽しみです。

~5000m(2部)~

今回は人数が多いことで予選があるんですよね。2組×10人が順位で、タイムで4人が拾われて決勝は24人となります。57人もエントリーされていては仕方ないですね。1組の有力選手では、駒澤のスーパールーキーである圭汰がおり、13分22秒のスピードを考えるといきなり表彰台に上がってきてもおかしくないですね。留学生では創価のカミナが早速今年度活躍を見せており上位候補の1人です。


他には東京国際の山谷と白井がともに5千で今年度グッとタイムを伸ばしており、関東インカレでも活躍が期待されますし、勝負レースでの活躍では1万で日本選手権にも出場した日薬大の中山や個人選手権で優勝した創価の葛西らが目立ちます。東農大のエース格である高槻や國學院の主力である山本らもいますし、2部も本当にレベルが高いです。


2組では留学生が城西のキムタイ、日薬大のキプリモ、平成国大のカマウ、立正のキアリエと4人もいるんですよね。特にキムタイやキプリモはタイムも13分30秒台で上位に入ってきそうです。今回は東国大のヴィンセントはいませんが、それでも留学生が優勝する可能性が高そうかなあ。


日本人選手を見てみると…駒澤は個人選手権を制した篠原が活躍を続けていて上位候補の1人ですし、青学は同じく個人選手権でも活躍した鶴川がおり、関東インカレでの活躍も楽しみです。他に有力選手では上武のエースである村上や13分43秒を持つ駒澤の安原らがいますし、故障が長引いていた中央学院の小島がエントリーされたのは嬉しいですね。創価のルーキーである石丸はすでに大学で13分台のベストを複数マークしている選手で、個人的にも期待している選手の1人です。

~3000m障害(2部)~

1組では前回4位だった東国大の麓、5位だった青学の小原がおり、2人が抜けていて2年連続入賞どころかさらに上位にきてもおかしくないです。特に小原は8分27秒と全選手でトップのタイムを有しており、優勝候補の1人です。個人的に楽しみなのは城西のルーキー大沼、大学で早速8分49秒をマークしていますからね。関東インカレでも活躍してくれそうです。ルーキーでは拓殖の荒木もすでに8分台のベストを有していますし、帝京の鎗田も含めてルーキーも楽しみです。


2組では、青学のルーキー黒田が8分39秒を既に高校時代にマークしており、持ちタイムでもトップとなっています。大学でもどんな活躍を見せてくれるのかが楽しみ。小原、黒田の青学コンビは非常に強力です。実績では前回3位と表彰台に上がっている中央学院の上野がいます。1,2位には卒業していますから前回最も良かった選手ですね。前回の再現なるか注目です。他にも前回決勝に進んでいる東経大の大川、帝京の大吉がおり、他大のエース級とも渡り合えるようになった今は上位に入ってきてもおかしくないですね。


3組では、前回7位入賞を果たし、8分42秒を持つ内田がこの組トップのタイム、実績誇ります。前回決勝に進出した大東大の佐竹も力がありますね。この組にも期待のルーキーがおり、帝京の山口が8分48秒を大学に入って早速マークしています。この種目ではルーキー旋風が巻き起こるかもしれませんね。他にも創価の溝口、拓大の佐々木、上武の後閑らが持ちタイム上位で特に佐々木は勝負レースの経験も豊富ですし楽しみです。

「箱根駅伝増刊号2023」が「12/1」に発売になります。
私も毎年購入していますし、箱根駅伝に向けて欠かせない1冊かと思います~