2021年度 4年生特集 ~中央大学~

本日は中央大学の4年生について、在学中での走りを振り返っていきます。全部で6人登録されています。この4年間でグッとチーム力を高めてきた中央大学、箱根にも4人が出場していますし、やはり最終学年で全日本、箱根ともにシードを獲得出来たのが大きかったですよね。箱根でも往路を3人が走るなど、チームに欠かせない戦力として活躍を見せました。

三浦 拓朗

高校ベストは13分57秒、6人の中で最も良い高校ベストでした。1年の箱根予選から出場してチーム4番手の53位と上々の走りを見せましたが…箱根では直前でアクシデントがあって出場には至らず…2年時、関東インカレ1部5000mで8位入賞を果たすと、全日本予選では最終組を任されて区間20位、箱根予選ではチーム3番手の35位という走りでした。箱根では往路の3区を走って区間12位、快走とまではいかないまでもしっかりと中位でまとめてきました。


3年時、1万で28分20秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、箱根予選でもチーム3番手の25位と3年連続の快走、箱根では8区7位という走りを見せました。そして迎えた最終学年、全日本予選では4組13位としっかりと上位でまとめてチームの全日本出場に貢献、その後5千で13分41秒と大学ベストとなるタイムをマークしました。


箱根予選ではコンディションを合わせられずにチーム11番手の173位と4年連続の箱根予選で初めて苦しい走りとなってしまいましたが…全日本では5区3位の快走でシード獲得に貢献、最後の箱根でも3区7位と見事な走りでこちらもシードに貢献、中央が復活を果たす中で三浦の果たした役割は大きかったですね。

森 凪也

高校ベストは14分30秒、2年の全日本予選では最終組を任されて15位と見事な走り、さらに箱根予選でもチームトップの15位と快走を見せました。箱根でも2区が有力視されていましたが、故障の影響もあって7区12位に留まったのは残念でした…


3年時には5千で13分56秒、1万で28分22秒といずれも大学ベストを叩き出し、箱根予選ではチーム2番手の20位と2年連続の好走、箱根ではエース区間の2区を任されましたが…タスキをもらった位置が苦しかったこともあり、区間16位に留まりました。


4年時は全日本予選はエントリー止まり、箱根予選は転倒の影響もあってチーム10番手の107位は仕方ないですが…全日本、箱根ともにエントリー止まりで出場とならずだったのは残念でした。2年時のチーム内での圧倒的な強さを考えると…ちょっと3大駅伝では力を発揮しきれなかったかなあ。。。

井上 大輝

高校ベストは14分8秒、2年の箱根予選に出場を果たしましたが、チーム最下位の287位と苦しい走りに…箱根もエントリー止まりで出場とはなりませんでした。3年時は5千で14分7秒、1万で28分47秒と持ちタイムを伸ばし、箱根で2年連続エントリーされましたがこちらも出場には届かず…それでも4年時、5千で14分6秒、1万で28分45秒とさらにタイムを伸ばして大学ベスト、全日本予選、全日本ともにエントリーを果たすと、3度目のエントリーとなった箱根では10区で出場、区間17位と順位としては苦しみましたが、シードを確保する6位でゴールテープを切りました。

手島 駿

高校ベストは14分18秒、2年の全日本予選、箱根予選、箱根と全てエントリーを果たしています。躍進したのは3年時、5千で14分7秒、1万で29分8秒の大学ベストをマークすると、箱根予選ではチーム7番手の51位と上々の走りを見せると、箱根でも9区7位と快走を見せました。持ちタイムを伸ばし、勝負レースでも結果を残す充実の1年となりました。


4年時、全日本予選で1組7位、箱根予選ではチーム3番手の36位と予選会でもさすがの走りを見せています。全日本では最長区間の8区を担って区間5位、それ以上にシード権を死守した走りが素晴らしかったです。8位でタスキをもらったら、区間順位はさておきシードを守れるかどうかですからね。最後の箱根ではエース区間の2区を任されることに。ここでは区間15位でしたがよく走ってくれましたよね。2区を誰に任せるかはチームの課題でしたが、ここで崩れることが無かったのが3区以降に繋がりました。

倉田 健太

高校ベストは14分53秒、2年時に5千でマークした14分32秒が大学ベスト、ハーフベストである64分27秒をマークしたのも2年時でした。3年時までは3大駅伝・予選会へのエントリーも無かったのですが…4年時に関東インカレ1部ハーフで8位入賞を果たしたのはびっくりしました。1万で29分11秒のベストをマーク、箱根予選、箱根ともにエントリーを果たしました。出場には一歩届きませんでしたが、4年時にグッと伸びてきましたよねー。

森 智哉

高校ベストは14分15秒、このタイムは4年間更新できておらず、1万のベストも1年時にマークした31分15秒ですが…途中からは長距離ではなく中距離に注力することに。距離を伸ばすパターンも1500mに専念するパターンもよく見ますが、長距離から800m、1500mの両方に挑むのは比較的珍しいかなあ。1500mでは3分47秒のベストをマークしています。


そして800mでは4年時に関東インカレに出場、決勝では1分50秒32の自己ベストで4位入賞を果たしてきたのが凄かったですね。日本インカレでは準決勝で敗退となってしまいましたが、4年時に800mで結果を残したのが素晴らしいです。

全日本予選の順位予想の投票を受けてけています。1~10位までの順位を予想してみてください。投票をお待ちしております~

※1人1票でお願いします。