第98回(2022年)箱根駅伝 山梨学院大学 区間配置予想 ~日本人エースの台頭で下位からの脱出を~

本日は山梨学院大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は主力を複数欠いたことが響いて往路で18位と出遅れると、復路も巻き返すことはできずに総合19位と非常に苦しい走りとなりました。今年度の箱根予選では稼ぐべき選手がきっちりと稼ぎ、中間層も安定の走りで4位通過、この数年で最も良い走りを見せてくれました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はこのようになっています。

4年生:P・オニエゴ、松倉 唯斗、坪井 海門、
     川口 航士郎、成毛 志優、矢島 洸一

3年生:伊東 大暉、木山 達哉、橘田 大河、石部 夏希、篠原 楓、岩谷 翼

2年生:新本 駿、北村 惇生、高木 翔瑛

1年生:高田 尚暉

箱根予選を走った12人からは、チーム最下位だったルーキーの砂川が唯一外れています。全日本予選にも出場し、1万でもタイムを伸ばしていましたからメンバー入りはするかと思っていましたが残念…前回の箱根経験者では、3区を走った島津、5区を走った星野、10区を走った渡邊の3人が外れています。前回経験者が3人いないのは痛いですが、今年度ほとんど姿を見せていないことを考えると仕方ないかなあ。


学年別では3,4年生がそれぞれ6人となっており、上級生が4分の3を占めることとなりました。エース級が揃っていたのは4年生ですが、3年生も木山や伊東らが一気に台頭してきており、間に合うか不安視された橘田も16人には入ってきました。コンディションが万全なのであれば、2年前の箱根予選でチーム4番手で走っている実力者は頼もしい戦力となります。留学生はムルアが外れており、今回は「最も成長した留学生」であるオニエゴが走ることになりますね。そんな山梨学院大学の区間配置予想は以下の通りです。

区間配置予想

松倉④ーオニエゴ④ー木山③ー伊東③ー成毛④
矢島④ー新本②ー高田①ー坪井④ー石部③

~往路~

1区は松倉、この4年山梨学院が苦戦している要因の1つに1区での出遅れがあります。前回も最下位スタートでしたし…1区で出遅れないためにはエース格を起用するのが良いと思いますし、箱根予選で2年連続チーム2番手の松倉に託すことになりそうかな。最初で最後の箱根で日本人エースの走りを見せてほしい。


2区はオニエゴ、本人も2区を走る気のようですし、勝負レースで結果を残し続け、27分台ランナーにもなったエースのオニエゴにはエース区間を走ってほしいなあ。下級生の時は非常に苦労した分、どうしても応援したくなりますし、成長した姿を最後の箱根で思う存分見せてくれれば。


3区は木山、前回の箱根では7区19位と苦しみましたが、その後は自己ベストラッシュ、全日本予選で3組6位、箱根予選でも27位と好走を続けて松倉とともに日本人エースの1人となりました。留学生が2区を走る場合にとにかく大事になるのは前後の1,3区ですし、その重要区間は松倉、木山に任せるのが良いでしょう。

4区は伊東、2年時までは目立った走りはなかったのですが、3年時になった1万も28分台まで伸ばし、箱根予選もチーム5番手で走っています。一気に主力の仲間入りを果たしてきましたし、往路への起用も十分ありそう。1~3区をエースたちに任せるのであれば、4区ということになるかなあ。


5区は成毛、前回走った星野はエントリー漏れのため経験者はいません。となると、5区を力を発揮できる区間と挙げている選手で箱根予選でもチーム7番手で走っている成毛としました。前回は2年の星野でしたが、山梨学院は上級生に5区を託すことも多いですし、最初で最後の箱根での5区もあり得るかなあ。

~復路~

6区は矢島、5区同様に6区も経験者はいませんが、力を発揮できる区間として6区を挙げている選手です。今年度はほとんど姿を見せていない気がしますが、それでも2年連続で箱根にエントリーされたということは6区候補の可能性が高いですし、他に6区を挙げている選手もいなかったので走る可能性は十分あるかなあと。


7区は新本、前回の箱根1区以降はあまり姿を見せていませんでしたが、箱根予選ではチーム6番手で走るまでに復活、スピードもありますし往路も走れる選手ではありますが…今回は往路を任せられる選手は揃っているので、復路の7区あたりでどうかなあ。箱根予選に出場した2年生は新本だけでしたし、箱根で結果を残してh祖いいところ。


8区は高田、箱根予選ではチーム4番手と見事な走り、その順位だけを見ればもっと主要区間を任されてもおかしくはないのですが…ルーキーにいきなり負担の大きな区間を任せるのは微妙ですし、その必要もないので…箱根デビューはつなぎ区間の8区くらいがちょうど良いんじゃないかなあ。ゆくゆくは主要区間を担う選手になってくれれば。


9区は坪井、箱根予選はチーム8番手で走っており、1万でも28分台のベストをマークしてきました。全日本の出場経験もありますし、箱根10人に入ってくるであろう選手です。復路を走るのであれば、23km区間かつ重要な9区を走ってほしいなあ。


10区は石部、箱根予選ではチーム9番手で走っており、1万のタイムも29分22秒まで伸ばしてきています。2年時までは3大駅伝・予選会のエントリーもありませんでしたが、3年になってグッと伸びてきた選手です。箱根でも見てみたいですし、10区と予想しました。

~展望~

基本的には5,6区を除くと箱根予選を走った選手が起用される可能性が高そうかなあ。今回は外して予想しましたが、前回の8区を走っている篠原や1万で29分12秒までタイムを伸ばしている川口もいます。気になるのは橘田の状態です。先日の記録会ではまだまだ万全には程遠い状態のように思えたので、今回は外して予想しましたが橘田が走れるであればチームにとって大きいです。


箱根は過去4大会で17→18→21→19位と総合17位以下という状況が続いています。そして4回とも1区で区間17位以下となっているんですよね。ただ、今回の箱根は松倉や木山といった日本人エースの起用が有力視されますし、1区で出遅れなければ2区終了時で上位に来る可能性は十分、3区も大きな不安はなさそう。となると、あとは4区以降でどれだけ粘れるかかなあ。


復路も最近は苦戦が続いていますからね。前々回も前回も復路は5区間中4区間で区間18位以下という状況ですから…いくらエースたちが台頭してきたといっても、ここから一気に順位を上げたりシード争いに加わっていくのは容易では無いでしょう。ただ、前回はそもそも主力に故障者が多すぎて大会前から厳しい状況になっていましたからね。今回は故障者なく大会に臨み、1つでも上の順位を目指してほしいです!!

This content cannot be displayed in widgets.