第98回(2022年)箱根駅伝 専修大学 区間配置予想 ~出場するだけではない勝負出来る箱根へ~

本日は専修大学について、区間配置予想及び戦力分析をしていきます。前回の箱根は5区間で最下位という非常に苦しい走り、特に往路は前と大きく離されすぎました。総合でも19位と10分以上離された最下位に終わっています。今年度の箱根予選では主力を複数欠いて前評判は決して高くなかったですがエースたちの活躍もあって9位通過、前回よりも箱根が楽しみになる走りを見せてくれました。エントリーメンバー箱根成績(直近5年)はこのようになっています。

4年生:服部 友太、横山 佑羽、江口 達宗、岩間 暁、佐々木 詩音

3年生:高瀬 桂、国増 治貴、冨永 裕憂、南 里樹

2年生:木村 暁仁、田島 洸樹、水谷 勇登、野下 稜平、中山 敦貴

1年生:D・キサイサ、千代島 宗汰

箱根予選を走った12人からは、チーム6番手の吉岡、7番手の南美空翔、11番手の小島、12番手の粟江と4人も外れています。チーム11番手以降の二人はある程度仕方ないとしても、吉岡と南美空翔が外れたのはちょっと痛手かなあ。前回の箱根経験者では、3区を走った金久保、7区を走った成島と二人を欠くこととなりました。これだけ箱根、箱根予選を走った選手が揃っていないのは流石に痛いのでは…


箱根予選も主力を欠いて通過を果たしてはいますが、、、前回の箱根も含めてですがなかなかベストメンバーを組めずにいる印象があります。その一方で木村が1万で29分4秒をマークするまでに戻しメンバーに入ってきたのは大きいです。学年バランスもだいぶ良くなってきましたね。2~4年がいずれも4~5人となっています。前回よりは戦える布陣が組めそうか。そんな専修大学の区間配置予想は以下の通りです。

区間配置予想

高瀬③ーキサイサ①ー木村②ー水谷②ー野下②
南里樹③ー服部④ー国増③ー横山④ー佐々木④

~往路~

1区は高瀬、前回も経験していますし本人も希望している区間。前回は区間19位でしたが箱根予選では10位と圧倒的な走りを見せています。今の高瀬ならば中位くらいではつないでくれそうな期待感があります。


2区はキサイサ、箱根予選では23位で走っていますし、上りは得意という話。ならばもうエースに2区を任せるのが自然でしょう。前回と比べて最大の戦力アップがこのキサイサですし、高瀬&キサイサコンビでまずは好位置をキープしたいところ。


3区は木村、前回の箱根を欠場して以降はなかなからしい走りを見せられていませんが、直近の記録会を見る限りは問題なさそう。2区がキサイサならば3区を走る選手は非常に大事になってきますし、高瀬以外で任せるとすれば木村しかいないかなと。


4区は水谷、基本的に専修は強い順に選手を並べていくことになると思うので…箱根予選でチーム3番手だった水谷に託すのが良いかなあ。前回の箱根を経験しているのも大きいですし、この1年でぐっと成長した姿を見せていますから。


5区は野下、前回は非常に苦しい走りでしたが水谷同様に2年生になってぐっと力をつけてきました。持ちタイムを伸ばし、箱根予選でもチーム4番手で走っています。箱根でも前回から成長した姿を見せてほしい。

~復路~

6区は南里樹、前回も区間16位で走っています。区間順位としてはチーム内2位タイで走っているわけですし、大きく遅れたわけでもないですからね。今年度はあまり姿を見せていませんが、6区候補はそういった選手も多いですし、2年連続で任せるのが良さそう。


7区は服部、前回は10区14位と最も良い区間順位となりました。箱根予選ではチーム10番手ではありましたが、前回の走りを考慮すると10区よりは7区で前回のようにまずはチーム内上位の走りを見せてくれれば。


8区は国増、前回の箱根では4区を走り箱根予選でもチーム9番手で走っている選手です。前回の往路経験者ではあるのですが、全日本予選では2組起用でしたし、箱根予選も9番手だったということもあって出場するとしても復路の可能性が高そうということで8区としました。


9区は横山、箱根予選では2年連続で苦しい走りが続いていましたが、今回はチーム5番手とこれまでのベストと言える走りを見せてくれました。得意な力を発揮出来る区間は6区となっていたので、6区でなければ下り基調の9区かなあと。


10区は佐々木、3年連続箱根予選を走っていていずれもチーム7~9番手とある意味安定しています。前回はエントリー止まりでしたが最初で最後の箱根出場も十分ありそうですし、復路の8区以降を力を発揮出来る区間としていたこともあって10区としています。

~展望~

前回と大きく違うのは高瀬を筆頭日本人選手がぐっと力をつけていること、そしてキサイサという留学生の存在ですよね。前回は1区で出遅れ、2区以降はもうずっと最下位で一人旅という状況になってしまいましたからね。同じ展開だけは何が何でもさけたいところ。今の高瀬とキサイサならば何とか2区終了時で下位に沈むことはなさそう。3区以降はもうひたすら粘っていくことになりそうかな。


前回の箱根はおそらく今回の駿河台と同様に出場出来ることが満足だったと思うんですよね。7年ぶりの箱根だったわけですし、正直びっくりの通過だったので。。。ただ、今回は狙って2年連続の通過を果たしたわけで前回のように出場するだけではなく、少しでも長く競り合っていきたいところ。前回の箱根を走っているという経験値は大きいですし、往路でどれだけ戦えるかですね。


前回の往路は区間19位が1区間、残る4区間は区間最下位に沈んでしまい、19位との差が大きい区間も複数ありました。今回は1区間でも区間最下位は減らしていきたいですし、1区間でも多く15位以内で走れる区間を増やしていきたいところかなあ。そのためにもまずはエントリーメンバーの中でベストな布陣を組んでほしいところ。前回は箱根予選でチームトップの木村を起用出来なかったのが痛すぎましたし。


今回も前評判は決して高くはなく、箱根予選の順位に相当する19位ならば正直順当なのかなあという気もしてしまいますが…箱根予選で好走したエースが複数いるというのは大きな武器ですし、前回の悔しさを糧に1つでも上の順位を目指してほしいです!!

This content cannot be displayed in widgets.