第98回(2022年)箱根駅伝エントリー発表&感想

本日、箱根駅伝のエントリーが発表されました。前回に比べると比較的意外な主力のエントリー漏れは少なかったかなあ。もちろん外れている選手もいますが、駅伝シーズンに姿を見せなかったりとある程度予想出来たエントリー漏れのように思えます。公式エントリー(PDF)はこのようになっております。全20大学に対し、エントリーを見ての感想を簡単に述べていきます。明日以降は大学ごとに区間配置予想&戦力分析を行っていきます。

駒澤大学

4年: 新矢、佃
3年: 大坪、田澤、東山、山野
2年: 青柿、赤星、金子、唐澤、白鳥、鈴木、花尾、安原
1年:佐藤、篠原


前回6区の花崎がエントリーされていませんが、これは正直予想通り…とするとまずまず順当なエントリーと言えるでしょうか。出雲、全日本を欠場した鈴木はもちろん、同じく故障明けとなる山野、篠原もエントリーを果たしてきました。山登り候補と目される選手からは、大坪、金子と二人が入ってきましたね。大坪はともかく金子までメンバー入りとはちょっと意外でした。外れて意外だったのは世田谷ハーフでまとめていた円、今月28分30秒台で走っている赤津くらいかなあ。2年連続の2冠に向けてだいぶ足並みは揃ってきた印象です。

創価大学

4年: 嶋津、中武、三上
3年: 緒方、葛西、新家、濱野、本田、松田、ムルワ
2年: 石井、桑田、溝口、山森
1年:小暮、吉田凌


前回8区を走った永井、10区を走った小野寺はともに外れてしまいました。28分台の自己ベストラッシュに湧くチームにおいてはちょっと存在感を見せられなかったですからね…特に小野寺が前回のリベンジの機会を勝ち取れなかったのは残念…その一方で前回好走した葛西は無事に戻ってきましたし、28分台のベストを先月マークした選手たちが順当にメンバー入りを果たしてきたかなあ。前回出場やエントリーされた選手よりも今年度の走りや直近の状態が重視された印象。今回の創価も他大にとって驚異の存在となりそう。

東洋大学

4年:蝦夷森、宮下
3年:大沼、柏、木本、児玉、清野、前田
2年:奥山、九嶋、佐藤、松山、村上
1年:石田、梅崎、吉田


2年前の箱根を走っている蝦夷森が戻ってきましたね。前回10区を走っている清野もメンバー入りをはたしており、全日本と比べても中堅どころが戻ってきた印象。その一方で28分台をマークしていた及川は外れてしまいました。これはかなり意外…今年度は3大駅伝すべて出場してもおかしくないと思っていたのですが、トラックとロードは違うのか。。。全日本で6区を走った菅野も外れています。チラホラ気になるエントリー漏れはありますが、箱根経験者が戻ってきたことは好材料、往路を走ると思われる主力たちは順当にエントリーされてきたかなあ。

青山学院大学

4年:飯田、高橋、湯原
3年:岸本、近藤、関口、中倉、中村、西久保、宮坂、横田
2年:佐藤、志貴
1年:太田、田中、若林


直近で13分台や28分台をマークした選手たちはやはり揃って外れていますね。主力の3年生は最多の8人がエントリーされていますが、出雲を走って5区候補と言われていた目片は外れています。同じく山候補の脇田もいないということで、5区候補はかなり絞ってきた印象。エース級、主力どころは一通りエントリーされており、目立ったエントリー漏れは無いかなあ。世田谷ハーフで好走した田中もメンバーに入ってきましたし、箱根優勝に向けて戦力は揃っています。

東海大学

4年:市村、長田、本間、吉冨
3年:金澤、川上、杉本、竹村、松崎咲
2年:入田、神薗、溝口
1年:梶谷、越、水野、吉田


予想されていましたが、エースの石原は間に合わなかったですね。石原は3大駅伝全てでエントリー漏れということで残念すぎます。長田は無事に戻ってきましたし、28分台をマークした吉富、金澤、梶谷、越らが揃ってエントリーされています。ルーキーは吉田も含めて4人も入ってきました。その一方で2年生は3人とだいぶ少なめ…全日本で1区を走った喜早、主力として期待された松尾も結局3大駅伝は全て走れずでした。出雲や全日本に比べれば戦力は整ってきたように思えますが、それでも往路は相当苦戦しそうな印象が…

早稲田大学

4年:太田、河合、千明、中谷、半澤、室伏、山口
3年:井川、鈴木、安田
2年:北村、佐藤、菖蒲、柳本
1年:石塚、伊藤


全日本を回避した太田、千明は順当にエントリーを果たしてきました。11月の時点で問題ないという話でしたし一安心です。その一方で前回5区を走った諸冨、9区3位の小指が外れてしまいました。小指は結局間に合わず、これは痛いです。さらに28分台を持つ辻もおらず諸冨とともに2年生のエントリー漏れが気になります。エース級は順当に揃っているのですが、10人を争うような選手たちが複数欠けているのは選手層が厚いとは言えない早稲田にとっては痛いかも。

順天堂大学

4年:近藤、津田、牧瀬、吉岡
3年:荒木、伊豫田、四釜、平、西澤、野村
2年:石井、藤原、三浦
1年:海老澤、神谷、服部


前回7区を走った小島、9区を走った鈴木といった4年生は外れてしまいました。ただ、最近は目立った走りを見せられていなかっただけに、ある程度仕方ないかなあ…4年では吉岡がエントリーされたのは一安心。主力が揃う3年生は万全のエントリーと言えそう。ルーキーは28分台をマークした浅井は外れてしまいましたが、出雲を走って全日本を外れた服部は戻ってきましたね。4年生の経験者が外れはしてしいまいましたが、比較的順当なエントリーと言えそう。

帝京大学

4年:遠藤、寺嶌、中村、橋本、細谷、森田、安村
3年:新井、北野、元永
2年:大吉、小野、末次、西脇
1年:小林、福島


前回6区を走っている三原はエントリーされず…今年度ほぼ出場していないので仕方ないですが、三原もリベンジの機会は得られずでした。1万でタイムを伸ばしている選手では、前回エントリーされている山田が外れているくらいかなあ。主力が揃う4年生は最多の7人がエントリーされ、下級生も28分台をマークした西脇や福島、全日本7区に抜擢された小林らがメンバー入りを果たしています。新井や元永といった出雲、全日本を外れた3年生もメンバーに入り、4年生中心は変わらないですが徐々に学年バランスが良くなってきたかと。。。

國學院大學

4年:相澤、石川、木付、島崎、殿地、藤木、松延
3年:坂本、中西大
2年:伊地知、瀬尾
1年:鶴、沼井、原、平林、山本


3年の中西唯は今回も外れてしまいましたね。全日本予選を走った川崎もおらず、3年生は2人…2年生もエース格の伊地知以外に瀬尾のみと2人なのは寂しい。4年生はエースたちを含めて順当にエントリー、続くのは5人エントリーされたルーキーですね。ルーキーが5人は全大学中國學院が単独で最多です。平林はもはやエース格の1人、山本もいきなり28分台をマークしていますし、沼井も全日本に出場しています。ちょっと中間層の薄さが気になりますが、そこをルーキーが埋めてくれれば一気に楽しみなチームとなります。

東京国際大学

4年:野澤、三浦、渡邊
3年:ヴィンセント、ムセンビ、丹所、堀畑、宗像、山谷
2年:生田、鎌田、林、村松
1年:倉掛、白井、冨永


3年連続で箱根に出場している芳賀は間に合わなかったですね。平地で2度好走している選手なのですが。。。さらに、出雲、全日本を走ったルーキーの佐藤が外れたのも痛いのでは?特に出雲では良い走りをみせていたのですが…留学生は2人エントリーされましたが、箱根はヴィンセントが走るのは間違いないでしょう。前回外れたエース格の山谷ももちろんエントリーされていますし、丹所も含めてエースたちが往路を有利に進めることでしょう。学年バランスも3年生中心ながら全学年3人以上と良くなってきました。

明治大学

4年:金橋、佐久間、鈴木、手嶋、橋本
3年:漆畑、小澤、加藤、櫛田、下條、杉本、富田
2年:児玉、杉
1年:新谷、曵田


全日本も箱根予選も外れた金橋はエントリーされてきましたね。1500mから距離を伸ばしてきた佐久間も順当にエントリー。3年生も故障が気になっていた櫛田もメンバー入りを果たし、盤石の布陣ですね。ルーキーは箱根予選、全日本ともに出場した尾崎が外れてしまったのは意外でしたが、その一方で自己ベスト連発の曵田が入ってきました。全体的にはかなり順当なエントリーと言えそうかなあ。箱根シード返り咲き、そして上位進出に向けて不安はなさそう。

中央大学

4年:井上、倉田、手島、三浦、森凪也
3年:助川、田井野、中澤、若林
2年:居田、園木、中野翔、湯浅、吉居
1年:阿部、東海林


なかなか調子が上がらなかった千守はやはり外れてしまいました。今年度の状況からしたら仕方ないですね。その一方で原因不明の体調不良に悩まされていた園木は復活したのか入ってきましたね。万全であれば非常に頼もしい存在です。箱根予選に出場したルーキーの山平は外れていますが、13分台、28分台連発の居田も入ってきており、ベストに近い布陣が組めたように思えます。全日本シードに続く箱根シードに向けてまずは良いエントリーですね。

日本体育大学

4年:大内、大畑、岡嶋、加藤、佐藤
3年:九嶋、高津、名村、藤本、村越、盛本
2年:漆畑、大森、水金、吉富
1年:分須


全日本を回避した主力たち、エースの藤本はもちろん続く大畑も順当にエントリー、箱根予選で好走した選手たちもしっかりとメンバー入りを果たしており、特に2年生以上は盤石のエントリーと言えるのではないでしょうか。この選手が外れるの?というのはなさそうに思えます。自己ベスト連発の高津も入ってきましたね。ルーキーは全日本でエース区間の7区に抜擢された分須がしっかりとメンバー入り。持ちタイムを伸ばしている杉本、渡野、溝上といった他のルーキーは外れてしまいましたが、箱根の距離を考えると仕方ない部分もあります。

山梨学院大学

4年:川口、坪井、成毛、松倉、矢島、オニエゴ
3年:石部、伊東、岩谷、橘田、木山、篠原
2年:北村、新本、高木
1年:高田


留学生はオニエゴしかエントリーされず、ムルアは外れてしまいましたね。最近の走りはオニエゴが上ですし、これが良さそうかなあ。エントリーされるか気になった主力の橘田は入ってきました。直近の記録会を見る限り状態はまだまだという印象ですが、箱根に万全で臨めるか?前回の箱根で3区を走った島津、5区を走った星野は外れてしまいましたね。今年度は確かにともに姿をほぼ見せていなかったので仕方ないか。箱根予選を走ったルーキーの砂川も外れています。箱根経験者は複数外れたものの、今年度結果を残している選手がエントリーされたという感じかな。

神奈川大学

4年:落合、川口、西方、安田、横澤
3年:有村、鈴木、山崎
2年:宇津野、大泉、小林篤、小林政、佐々木、高橋、巻田
1年:中原


やはり、前回の箱根で快走している呑村は間に合いませんでしたか…エースが明確に外れたのは東海とこの神奈川だけかな…監督も厳しいと話していましたから、仕方ないですが痛いです。一方で川口が戻ってきたのは大きいです。箱根予選を回避した佐々木もエントリーされるということは心配無いのかな?なかなか足並みが揃っていなかった2年生もいよいよエース候補の巻田を含め主力が勢揃いです。3年の山崎、2年の大泉ら叩き上げの選手たちも入ってきており、呑村が外れた以外はだいぶ戦力が整ってきたかなあ。

法政大学

4年:鎌田、久納、清家、山本燎
3年:内田、扇、川上、河田、中園、松本康
2年:稲毛、高須賀、細迫、宗像
1年:小泉、武田


箱根予選に出場した守角は外れていますが、チーム最下位だったことを考えると仕方ないですね…ハーフで好走した久納が入ってきましたし、全日本予選で好走した扇もいます。もちろん全日本9位のメンバーもしっかりと入っていますし、全日本を回避した清家もいます。全大学を見てもかなりベストに近いエントリーが出来た大学と言えるのではないでしょうか。全日本ではシードまであと一歩に迫りましたし、シード獲得に向けて楽しみなエントリーとなりました。

中央学院大学

4年:栗原、馬場、松井、吉田光
3年:荻沼、小島、中島、武川、吉本
2年:飯塚、井澗、伊藤
1年:工藤、堀田晟、堀田捷、吉田礼


各学年3~5人とバランスの良いエントリーとなりました。気になっていた主将の小島も戻ってきましたし、箱根予選、全日本で2年時に結果を残した中島が戻ってきたのも大きいですね。しかし箱根予選で好走した川田が外れてしまったのは痛いです。さらに箱根予選を走った谷口、糸井、芳賀が外れてしまいましたが、こちらはチーム下位だったのでことを考えると仕方ないところもあるかなあ。箱根予選、全日本に比べるとだいぶ戦える布陣になってきたように思えます。

駿河台大学

4年:今井、入江、榊原、阪本、田尻、ブヌカ
3年:清野、小泉、出仙、永井、町田、松本
2年:新山、長谷部
1年:池原、加藤


箱根予選に出場した金は外れてしまいましたが、チーム最下位で記録会でも奮わなかったのでやむを得ずですかね。他の主力どころはしっかりとメンバー入りを果たしています。直近の記録会でタイムを伸ばしてきた下級生、長谷部や池原、加藤らがメンバーに入ってきましたね。下級生は箱根予選を2度走り、28分台をマークした新山が抜けた存在でしたが、来年度以降に向けても楽しみです。16人中12人がエントリーされた上級生を中心に順当なメンバーと言えそう。

専修大学

4年:岩間、江口、佐々木、服部、横山
3年:国増、高瀬、冨永、南里樹
2年:木村、田島、中山、野下、水谷
1年:キサイサ、千代島


前回の箱根で3区を走っている金久保、7区を走っている成島、箱根予選に4年連続で出場している南美空翔らが外れています。さらに、箱根予選を走った小島や吉岡もいません。前回の箱根経験者や今回の箱根予選出場者が複数いないのはかなり痛いのでは。。。その一方で木村は無事にエントリーを果たしました。高瀬、木村の日本人エースがなかなか揃わない状況なため、箱根では是非とも見てみたいところ。29分台のベストをマークする選手は確実に増えてきましたし、箱根予選も主力を欠いての通過はびっくりでしたが、さすがに箱根本戦となると厳しすぎるかなあ。

国士舘大学

4年:荻原、木榑、小早川、清水拓、長谷川、三代、ヴィンセント
3年:清水悠、田中、綱島、福井、望月
2年:山本雷、山本龍
1年:西田、松井


比較的順当なエントリーとなったかなあ。エースのヴィンセントはもちろん、木榑、清水拓、三代といった28分台ランナーも含めて主力はしっかりとメンバー入りを果たしています。4年生は最多の7人となっておりチームの中心ですね。下級生では、2年連続で箱根予選を走っている中西が外れてしまいました。全日本予選でも3組を任されている選手なのですが…徐々に状態を上げてきた遠入もメンバー入りはならずでした。箱根予選最下位からの巻き返しに向けて、まずは良いエントリーとなったのでは。

This content cannot be displayed in widgets.