2021年度 出雲・全日本結果&箱根に向けて ~早稲田大学~

続いては早稲田大学について、出雲・全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲も全日本も不完全燃焼だったというのが率直な印象かなあ。どちらも大きく崩れた区間は1区間だけですが、いずれも総合6位にとどまりました。出雲は千明、全日本は千明に続いて太田も欠いたのが響きました。

出雲振り返り

1区の菖蒲が区間2位、トップと4秒差の好スタートを切りました。今年度は飛躍的な成長を遂げ、主要区間を任せられる選手にまでなりました。頼もしい限りです。2区の井川は区間6位、ちょっと出雲には合わせきれなかった印象ですが、それでも最低限の走りは見せてくれました。3区の太田は区間4位とこちらも決して悪くは無いのですが、上位陣とは引き離されてしまうことに。


4区の石塚は区間賞の走りで総合2位に浮上、素晴らしい走りを見せてくれましたね。短い距離に強い印象でしたがロードの強さも抜群です。5区の伊藤は暑さと風と単独走に苦しんで区間12位、ここで総合5位にまで下がってしまいました。ほろ苦い3大駅伝デビューとなってしまいましたね。6区の中谷は区間6位、1つ順位を落としての総合6位となりました。チーム全体としてはもう一歩というところもありましたが、菖蒲や石塚ら下級生が見事な走りを見せてくれたのは良かったですね。

全日本振り返り

1区の伊藤が区間7位、トップと13秒差は上出来と言っていいでしょう。出雲で苦しんだところから全日本ですぐに立て直してくれたのも大きいです。さらに、2区の井川が区間2位、集団に追いつき引っ張って他の優勝候補をふるい落とす素晴らしい走りでした。全日本を走った8人の中でベストの走りと言えるのでは。3区の中谷も急遽の3区だったそうですが、区間4位と4年連続で区間6位以内と抜群の安定感を見せてくれました。


4区の菖蒲も区間5位の走りで単独2位に浮上、距離が伸びてどうかなと思いましたが安定した走りを見せています。5区の石塚が区間4位の走りでトップに浮上、前回も3~6区途中までトップを走りましたし全日本でも一度首位に浮上できたのは良かったですね。石塚もしっかりと役割を果たしてくれました。しかし、急遽の出場となった佐藤は序盤から走りが良くなく、さらに差し込みもある苦しい状況、区間17位に沈んでしまい、1→7位と6つ順位を落としてしまいました。


それでも、2年連続のエース区間となった7区の鈴木が区間5位と前回を上回る走りで立て直しに成功、総合でも6位に浮上しました。こちらも2年連続で8区を任された山口が区間9位の走り、総合順位はキープしての6位フィニッシュとなりました。これで3大会連続の6位以内と安定してはいますが過去2回の走りと比べると今回は悔しさの残る6位だったかなあ。それでも、出雲に比べてチーム状態は良くなってきているように思えます。

箱根に向けて

全日本後には千明、太田も問題なく走れているということで箱根に間に合う見込みなのは大きいです。往路候補はズラッと揃っていますからね。前回の経験者は井川、太田、中谷、鈴木、諸冨と全員残っています。前回は中谷の1区はさすがにもったいないと思っていたら井川でしたが、もう井川の1区さえもったいなく感じてしまいます。ここ最近は1区でずっと安定した走りを見せていますが誰を起用するかも贅沢な悩みですね。出雲で1区を走った菖蒲、全日本で1区を走った伊藤らも候補になってくるかな。


2~4区はもう調子の良いエースたちに任せるとして5区をどうするかが大事になってきます。過去3大会はいずれも苦しんでいる区間ですからね。前回経験者の諸冨の他、激坂王にエントリーされた選手たち、千明、菖蒲、石塚、伊藤らも候補に挙がっています。誰が起用されるにしてもチームの命運を大きく握ることになりそう。


6区は前回好走している北村が健在で心配いらないのは大きいですし、往路候補が5人以上いるわけですから、往路を走れる実力のある選手を復路に起用できるのも強みです。単純に前回の往路を走った選手がそのまま往路となれば、千明、菖蒲、石塚、伊藤らが復路に回ってくるわけですからね。10区を走っている山口もいますし、ここ最近でも最も選手層の厚いチーム状況と言えます。後はまだタイムを狙うレースには出ていない小指の状況が気になります。前回9区4位で走っている小指が戻ってくればさらに盤石なのですが。


箱根に向けては優勝候補と言われる大学の1校だとは思うのですが、出雲や全日本を見ているとそう簡単にはいかないかなあというのが率直な感想、どちらもベストメンバーが組めなかったというのはありますが、ベストだったとしてもよくて出雲が2位、全日本は3位だったのではと思うんですよね。まずは故障明けの選手たちも含めてベストメンバーが揃うのが前提として、、、


3年連続で苦戦している5区で好結果を残し、前回は日本選手権の影響もあって苦戦したエースたちが本来の力を発揮し、まだ長い距離での実績となると未知数な部分もある菖蒲やルーキーの石塚、伊藤らが揃って箱根でも好走する…くらいの条件をすべてクリアして初めて優勝争いに加われるかと。ただ、中谷世代が4年生となる今年度の箱根が3冠達成以降では最大のチャンスなのは間違いないでしょうし、そのチャンスを掴み取ってほしいです!!

This content cannot be displayed in widgets.