2021年度 出雲・全日本結果&箱根に向けて ~帝京大学~

続いては帝京大学について、出雲・全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。 4年生がやはり中心となった今年度でしたが、出雲の8位はまずまずも全日本では12位にとどまり、3年連続で確保してきたシード権を失うこととなりました。ここ数年に比べるとやはりエース力も選手層の厚さも一歩及ばない印象は否めませんね。箱根までにどれだけ戦力の上積みが出来るでしょうか。

出雲振り返り

1区の小野は区間9位とまずまずの走り、主要区間を初めて走ったことを考えると役割は果たしてくれたかなあ。2区の遠藤も区間5位とまとめてくれました。出雲は過去2度も苦戦していましたが、今回は合わせてきてくれたかなあ。3区の橋本も区間7位で総合でも6位に浮上しました。さらに、4区の森田が区間4位で総合でも5位に浮上、4年にして3大駅伝初出場の森田でしたが、いきなりの好走はお見事でした。今年度自己ベスト連発なだけのことはあります。


5区の西脇は区間8位、西脇も自己ベストを連発している期待の2年生ですが3大駅伝デビューはもう一歩だったかなあ。6区の中村は区間10位と苦しい走り、2年前も6区を走って13位でしたし、他の駅伝に比べると出雲を苦手としていますかね。2つ順位を落とし、総合8位でのゴールとなりました。2年前も7位でしたし、出雲はどちらかといえば苦手としていることを考えると、まずまずの結果と言えるのではないでしょうか。

全日本振り返り

1区の小野が区間19位で関東勢最下位、トップとも1分10秒差をつけられる非常に苦しいスタートとなりました。前回も1区18位でしたが、その時はトップと27秒差でしたかからね。1分以上の差は厳しいです。2区の橋本は区間8位で5つ順位を上げることに。3大駅伝で一度も二桁順位で走っていない橋本の安定感はチームにとって頼もしい限り。3区の遠藤も主力が揃った中で区間6位とさすがの走りを見せました。橋本も遠藤も出遅れていても前を追っていけるのが強いです。総合12位まで順位を上げることに。


4区の森田は区間11位にとどまり、出雲に続いての好走とはいかなかったかなあ。5000mのスピードは抜群なのですが、長い距離となるとまだ未知数なのも気になるところ。5区の西脇は区間14位とこちらは出雲に続いて苦しむことに…2年生は出雲、全日本ともに小野と西脇の2人のみ出場していますが、揃って区間14位以下と厳しい結果となりました。


6区の中村は区間2位と素晴らしい走り、テレビにはほぼ映りませんでしたが、出雲の悔しさを晴らすような走りでした。頼りになる4年生たちです。7区に抜擢されたルーキーの小林が区間11位で走ったのも大きな収穫ですね。高校時代から1万mで好走しており、大学でも1万でタイムをさらに伸ばしていますが、長い距離でもエース区間でも戦えるところを見せてくれました。


8区の細谷は区間13位、出雲も欠場していましたし記録会も奮わなかい状況だったので、まだ万全とは言えない状況だったかなあ。1つ順位を下げてしまい、総合13位でのフィニッシュとなりました。1度も11位以内に入ることはなく、シード争いにさえ絡めなかったのはさすがに残念だったかなあ。3年連続シードを獲得している大学としては残念だったかなあ。

箱根に向けて

出雲はともかく全日本に走りを見ると、箱根は厳しい戦いを強いられそうな気がします。4年連続でシードを確保しているとはいえ、シードを争う大学の1校というのが、率直な感想かなあ。もちろん、全日本とは別人のような走りを箱根で見せてくれる可能性も十分にありますが。。。往路の大きな武器となりそうなのが遠藤と細谷です。遠藤は4年連続の3区の可能性が高いかなあ。3区の日本人歴代トップタイムを持っている選手ですし、本人も3区には相当自信を持っていますからね。有終の美を飾ってくれそう。


5区も前回区間賞の細谷がいますが、もう一歩奮わない駅伝シーズンからどれだけ箱根に合わせられるかですね。トラックシーズンは面白いように自己ベストを更新していましたし、前回の再現を箱根でも期待したいところです。他に往路を走る可能性が高そうなのは橋本、中村という4年生かなあ。橋本は2区候補の1人だと思いますし、中村は前回も4区を1桁順位で走っている実力者ですからね。


他には出雲、全日本ともに1区を走っている小野、全日本でエース区間の7区を走った小林らが候補になってくるでしょうか。小野は1区で苦戦中ですし、誰に1区を任せるのかというのも非常に悩ましいですね。帝京は出遅れないように1区にエース級を持ってくる印象が強いですが。。。6区は前回走った三原がいますが、骨折してまで走りきった区間を再度任せるのかどうか…今年度はほぼ姿を見せていませんし、可能性は低そうかなあ…


学連記録会では、寺嶌の28分49秒を筆頭に28分54秒の森田、28分57秒の西脇、福島と28分台で4人が自己ベストとなりました。森田、西脇は箱根10人にも入ってくるであろう選手だと思っていましたが、福島も一気に候補に挙がってきたかなあ。1万のトップ10に3年生が1人もおらず、3大駅伝経験者もいませんが、北野や山田がタイムを伸ばしていますし、藤尾、大花は全日本でメンバー入りを果たしています。4年生中心のチームではありますが、そこに続くのが1,2年生というのは3年生としても非常に悔しい状況でしょうし、ここから抜け出てくる選手に期待。


1万でタイムを伸ばしているとはいえ、箱根では往路よりもむしろ復路の方が不安が大きいかもしれませんね。ここ数年と比べると選手層が薄いのはどうしても否めませんからね。エース級は十分に計算出来るだけに、復路を中位で走れるような選手が1人でも多く台頭してきてほしいところ。全日本に続いて箱根でもシードを落としてしまうとなると、現4年生が抜ける来年度はかなり厳しくなるでしょうし、箱根のシード権だけは何とか死守してほしいところです!!

This content cannot be displayed in widgets.