2021年度 箱根予選結果&来年度に向けて ~日本大学~

続いては日本大学について、箱根予選の結果を振り返りつつ、来年度への展望も書いていきます。箱根予選結果はこのようになっております。客観的に見ると箱根予選通過は厳しいけど、さすがに18位に沈んだ前回よりは順位を上げてくるかと思いましたが、さらに3つ順位を下げての21位は衝撃的でした。10位通過の国士舘とは12分9秒もの大差がついています。あまりにも絶望的な順位・タイム差ですよね。。。

箱根予選振り返り

ドゥングは総合11位とまずまずの走り、無理に留学生についていって失速するよりは日本人トップと争うレースの方が良かったと思いますし、力は出し切ったのではないでしょうか。続いたのは若山の93位、3大駅伝・予選会ではこれまでなかなか結果を残せていなかったことや前回は200位オーバーだったことを考えると、二桁で走ってくれたのは良かったのでは。


ただ、100位以内はこの2人だけですし、他の選手はいずれももう一歩か大きく崩れてしまうことになりました。西村が133位で3番手、全日本予選でも組中位でまとめていた数少ない選手ですし、チーム3番手で走れたことは良かったかなあ。現状、2年生以下では一歩抜け出た存在です。4番手の158位に濱田、全日本予選でも崩れることは無かったですし、箱根予選も何とかまとめてくれたかなあ。


150位以内は3人、そして200位以内も4人となっていますが…前回も100位以内、150位以内の人数は一緒で200位以内は3人と今回の方がむしろ多いんですよね。谷口が5番手で211位、前回の252位からは順位を上げていますが、高校時代の活躍を考えるとあまりにも物足りない状況…そして、エースの樋口は6番手の227位に沈んでしまいました。樋口も今年度は故障に苦しむことが多かったですが、箱根予選でもやはり万全では臨めなかったですね。


チームを牽引してきた日本人エースの松岡が出場出来ず、樋口が200位台に沈んでしまうのは辛すぎます。7番手の249位に土井、8番手の八木が252位とこちらも苦しい走りに…5千でベストに近いタイムをマークした八木もハーフの距離となると厳しいのか…今回、前回よりも順位を下げた最大の原因は9番手以降…前回は12番手でも289位でしたが、今回は9番手が308位…


308位の船越、319位の三木、320位の原田、364位の下尾と4人が300位台に沈むとは…特に下尾は5千で自己ベストをマークするなどチームでも好調の1人だと思っていたのですが、厳しすぎる結果となりました。日大は最初の5kmを突っ込むなど前回の反省を踏まえて積極的なレースを見せましたが、後半はほぼ総崩れとなってしまいました。

来年度に向けて

来年度に向けての希望は…今回がベストメンバーでは無かったこと、出場した4年生がチーム9番手だった船越だけだったことくらいでしょうか。ドゥング、樋口、松岡の3本柱に箱根予選で好走した若山やチーム上位で走った濱田らが最上級生となる来年度は、せめて一矢報いたい勝負の年です。まずは最低限、ベストメンバー、ベストコンディションで箱根予選に臨まないことにはどうしようもないかと。


主力どころは無理にタイムを狙う必要ももう無いでしょうし、いかにして箱根予選に合わせるかに注力するのもありなのかなあと。樋口も松岡も記録会も含めて出場しすぎなのでは?と思えたので。まずはエースたちが箱根予選にしっかりと合わせてきてほしいですよね。箱根予選経験者は6人残る3年生はチームを何とか立て直していってほしい。


そして、箱根予選に出場した2年生も6人いるんですよね。200位以内で走った選手は西村しかいないという状況でしたが、それでも箱根予選を走った経験は必ず来年度にも活かされるはず。 西村はエースたちに負けない選手へと成長を遂げてほしいですし、他の選手たちも決して持ちタイムが悪いわけでも実績が無いわけでも無いですからね。一つのきっかけで飛躍を遂げたり、復活することも十分あると思うのですが。


1年生は誰も全日本予選、箱根予選を走ることは出来ずにまだ戦力としては計算できないかなあ。高校時代に実績がある長塩や大学でベストを伸ばしている安藤、小倉あたりが中心となってくるのかなあ。1万を大学で走った早見、大川らもいますし、1人でも多く先輩たちに割って入る選手たちが出てきてほしいです。


今後の各選手の成長次第ではもちろんチーム状況が劇的に変わることもあるでしょうが、現状は箱根予選通過を目指せる状況ではなかなか無いですよね。箱根に以前出場していたけれど、もう何年も遠ざかっている大学が何校もありますが、日大も同じようになっても全くおかしくないかと。それだけ箱根予選の走りは衝撃的でした。3大駅伝で歴代3位タイとなる20度の優勝を誇る日大を、3大駅伝で見ることさえ出来なくなってしまうのはあまりにも寂しすぎますから。。。1年でも早く復活してほしいです!!

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されますね。私も毎年買っていますし、箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)