第53回(2021年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東洋大学~

続いては、東洋大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。前回の全日本では総合6位でシード獲得、今年度の出雲では主力を複数欠いたにも関わらずに総合3位、東洋の総合力の高さを見せました。

4年生

全日本では2年連続で最長区間の8区を任されて区間8位、4位、箱根でも2年連続の5区で区間賞、3位と抜群の強さを誇る主将の宮下が唯一のエントリー。

3年生

出雲で1区7位の児玉、3区6位の前田、6区7位の柏、出雲エントリーの及川、大沼という出雲にエントリーされた5人がそのまま全日本でもエントリーされています。

2年生

出雲で2区9位の奥山、4区2位の九嶋、出雲エントリーの兼原、前回の全日本で2区7位、箱根では2区4位と素晴らしい走りを見せているエースの松山、前回の全日本では3区9位、5千で13分58秒のベストを今年度マークしている佐藤、5千で14分13秒のベストを今年度マーク、1万で29分26秒のベストを持ち、前回の箱根に続いてのエントリーとなる村上、5千で14分20秒のベストを今年度、1万で29分35秒を今月マークし、3大駅伝初エントリーとなった菅野と最多の7人。

1年生

出雲で5区区間賞の石田、出雲エントリーの梅崎、5千で14分19秒の高校ベストを持ち、1万で29分37秒を今月マークしている小林の3人。

松山、宮下という箱根2,5区を走っている2人が戻ってきたのがとにかく大きいですね。すでに二人とも走れているようで全日本には出場してくるのでは無いでしょうか。さらに前回全日本に出場し関東インカレハーフでもしっかりと走っている佐藤も戻ってきたことでかなりベストメンバーに近づいてきた印象です。


4年生が未だに宮下しか戻ってこず、前回全日本を走っている腰塚や箱根経験者の蝦夷森が外れてしまったのは残念です。箱根10区を走っている清野も外れていますね。今年度の3本柱と目される宮下、及川、松山がいずれも出場せずに出雲で3位…となると全日本に期待せずにはいられませんよね。どこまで上位争い、優勝争いに絡んでくるか…そんな東洋大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

児玉③ー石田①ー松山②ー佐藤②
九嶋②ー柏③ー前田③ー宮下④

1区は児玉、3大駅伝で3大会連続1区を任されていて一度も崩れないスペシャリスト、その経験を考えると他の選手を任せる理由は無いかなあと。安定感のあるスターターの存在はチームにとって大きいです。


2区は石田、出雲はまだ万全ではないにも関わらず圧倒的な区間賞、さすがは高校時代の実績がNo.1のルーキーです。全日本は前半区間から見たいですし、前回も期待のルーキー松山が2区に抜擢されていることを考えると、石田の2区も面白いかなあと。


3区は松山、2年連続の2区もありかなあとは思いますが、東洋が相澤を起用して以降3区が主要区間になっていますし、3区を安心して任せられるのが松山かなあ。エース区間の7区は出雲欠場していることから可能性は低そうということで、3区としています。


4区は佐藤、前回も3区に抜擢されている選手であり勝負レースでの実績も豊富。万全であれば全日本も起用される可能性が高いでしょうし、4区としました。ただ、ここはもっとコンディションの良い選手がいれば他の選手が起用される可能性も十分ありそう。

5区は九嶋、前回の箱根は苦戦したものの、出雲では区間2位と素晴らしい走りを見せてくれました。自己ベスト連発で記録も伸ばし、勝負レースでも結果を残しているとなると、全日本でもその走りを見せてほしいですし、5区あたりで再び好走を見せてくれれば。


6区は柏、出雲では最長区間の6区に抜擢されています。ただ、6区では3位は守ったもののやや苦しい走りだったことを考えると、7,8区よりは6区の方が良いのかなあと。1万のスピードもある選手ですし、全日本でも見てみたいです。


7区は前田、1年の全日本以降は3大駅伝フル出場、出雲でも主要区間の3区を任されている選手。全日本でも主要区間への起用は十分ありますし、長い距離でも結果を残していることを考えると、エース区間の7区を走ってほしいなあと。今後は主要区間を担い続けてほしい選手です。


8区は宮下、宮下もどこまで万全なのかはわからないのが悩ましいですが…出雲はエントリーされずに全日本は入ってきたということは、もう心配いらないということを信じて2年連続で走っている8区としています。アンカーに宮下がいることでチームにも安心感をもたらしますし。

出雲に出場した選手を起用するのか、3大駅伝で実績のある選手か、それとも自己ベストを伸ばしている選手を起用するのかは悩ましいですね。今回は出雲に出場した選手+前回の全日本に出場した選手で選んでみました。及川も万全であれば起用される可能性は高いですし、区間配置も含めて悩ましいですね。


主力どころがベストの状態であれば前回の6位を上回ってくる可能性は高いですし、あわよくば優勝争いに絡むことも期待したくなります。最も気になるのはやはりスーパールーキー石田の走りかなあ。出雲で区間2位に20秒差の圧倒的な走り、もう見ていても強い!という走りでしたからね。長い距離でも問題なく走れるようであれば全日本、箱根でも大暴れしてくれそう。


松山、宮下、佐藤と前回走っている主力どころがベストの状態であるかどうかは、本当に気になるところです。最大の目標はもちろん箱根優勝でしょうが、全日本も当然結果を残していくに越したことは無いですからね。一時代を築いた東洋ですが、最後の3大駅伝優勝は2015年の全日本にまで遡ります。再び優勝争いに絡んでいくことが出来るのか、3大駅伝での東洋の強さ、前回の箱根、出雲に続いて見せてほしいです!!

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されますね。私も毎年買っていますし、箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)