第53回(2021年)全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

続いては、中央学院大学の全日本大学駅伝における戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。箱根予選落ち後となった前回の全日本はあまり目立つ場面を作れずに11位でシード落ち、今年度の箱根予選はけが人続出ながらもエース栗原の力走などもあり7位通過を果たしています。

4年生

全日本予選では4組9位の走りで通過に貢献、箱根予選では日本人トップの9位、日本人トップを譲らさない粘りの走りを見せたエースの栗原、5千で14分1秒のベストを今年度マーク、箱根予選ではチーム4番手の98位、2年連続の全日本エントリーとなった松井、関東インカレ3000mで優勝、全日本予選では2組最下位に沈んだものの、箱根予選では111位で走っている吉田光、5千で14分21秒のベストを今年度マーク、箱根予選ではチーム最下位の270位と苦しい走りとなった糸井の4人。

3年生

前回の全日本では1区15位と苦しい走りも全日本予選では3組2位と好走、1万でも28分40秒のベストを今年度マークしている武川、5千で13分50秒のベストを今年度マーク、全日本予選でも3組トップの快走も箱根予選は故障で欠場した主将の小島、全日本予選では2組8位の好走、5千で13分51秒を今年度マークしており、箱根予選でも63位で走っている川田。


5千で14分8秒を今年度マーク、箱根予選ではチーム2番手の43位と好走、2年連続の全日本エントリーとなった吉本、5千で14分16秒、1万で29分49秒のベストを持ち、3大駅伝・予選会通じて初エントリーを果たした鞍野の5人。

2年生

1万で28分52秒のベストを持ち、全日本予選で1組9位、箱根予選でも115位で走っている伊藤、5千で14分18秒を今年度マーク、1万で30分7秒のベストを持ち、箱根予選に続いてのエントリーとなった井澗、5千で14分22秒を今年度マーク、箱根予選では124位で走っている谷口の3人。

1年生

関東インカレ5000mで7位入賞、全日本予選では4組10位の好走、箱根予選では130位で走っている吉田礼、1万で28分49秒を今年度マーク、箱根予選では186位で走っている堀田晟、5千で14分22秒、1万で29分57秒をいずれも高校時代にマーク、箱根予選では262位と苦しい走りになった工藤、5千で14分40秒、1万で30分29秒のベストながら箱根予選では128位で走っている芳賀の4人。

箱根予選では全日本予選3組で1,2位フィニッシュだった小島、武川らを欠いて不安になりましたが、何とか7位での通過を果たしました。2年連続で予選落ちするわけにはいきませんし、一安心です。ただ、箱根予選を欠場した選手が全日本に起用される可能性は低いですし、選手起用は悩ましいところですね。箱根にベストメンバーを揃えることを目指し、比較的経験を積ませる全日本になるのかなあ。そんな中央学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

区間配置予想

川田③ー松井④ー栗原④ー吉田光④
谷口②ー伊藤②ー吉田礼①ー吉本③

1区は川田、スピードもある選手ですし、全日本予選、箱根予選どちらもしっかりとまとめているのが頼もしい限り。出遅れたくない1区を主力の1人である川田に任せるのはありかなあと。


2区は松井、こちらも1500mのスピードがある一方で箱根予選でもチーム4番手で走っている実力者、スピードを活かすためにも距離の短い前半区間でみたいですし、重要度の高い2区でどうかなあと。


3区は栗原、前回もこの区間を走っている選手、栗原を7,8区まで温存する余裕は無い気がしますし、前半の主要区間である3区を任せるのが良いかなあと。前回は区間11位と苦しい走りになりましたが、今回は箱根予選日本人トップの強さを見せてくれれば。


4区は吉田光、全日本予選は悔しすぎる走りとなりましたが、箱根予選はしっかりとチーム5番手で走っていますし、3大駅伝の出場回数は6回と栗原と並んでチーム最多と経験も豊富、4区あたりが良いかなあと。

5区は谷口、箱根予選でもチーム中位でまとめていますし全日本でも見てみたい選手、伊藤が抜けたいた2年生から谷口が台頭してきたのは大きいです。早速全日本でも見てみたいですが、まずは比較的負担の低い5区あたりかなあと。


6区は伊藤、1万で28分台のベストを持っていますし、主要区間を任されてもおかしくないのですが、前回も走っている区間を再度任せるのもありかなあと。チーム状況次第では7,8区もありそう。


7区は吉田礼としてみました。箱根予選を走ったルーキーに任せる区間ではないのですが、全日本予選で最終組を任されているのは吉田礼ですからね。個人的に期待も込めてエース区間を走ってほしいなあと。箱根予選はちょっとそこまで奮わずだったのが気になりますが、力はルーキー離れしていますからね。


8区は吉本、箱根予選でチーム2番手の走りは素晴らしかったです。3大駅伝はまだ経験がありませんが、こんな走りを見てしまうと、主要区間でも見てみたくなりますし、ハーフで結果を残したということで最長区間の8区でどうかなあと。

武川、小島がいないとなるとやはりちょっと破壊力不足となってしまうのは否めないかなあ。本来であれば二人とも主要区間を走ってもおかしくない選手ですし。箱根予選に出場出来ない状況で無理して全日本は出場しない方が良いかなと思いますが、果たして?箱根予選通過が何が何でも達成したい目標でしたから、全日本にはそれほどプレッシャーはかからなそうかなあ。


気になるのはエースの栗原が何区に起用されるのか、期待のルーキー吉田礼の3大駅伝デビュー戦ですね。吉田礼の箱根予選の走りはちょっと物足りなかったですが、無理させなかったとも言えますし…箱根予選はルーキーが4人も走っているんですよね。全日本はあまり連戦させないかなあということで吉田礼だけとしましたが、粒ぞろいのルーキーの起用も楽しみです。


主力を欠く可能性が高い全日本ということを考えると、前回と同じ11位でもまずまずといったところかなあ。さすがにシード争いに食い込んでいくのは難しそう。前回は箱根予選落ちとなって全日本が最初で最後の3大駅伝となってしまいましたが、今回は全日本の経験を活かして箱根に臨むことが出来ますからね。チーム状況が苦しい中で勝ち取った箱根出場の勢いそのままに、全日本でも粘り強い走りを見せてほしいです!!

箱根駅伝完全ガイド2022が12月2日に発売されますね。私も毎年買っていますし、箱根駅伝のお供に最適の1冊です♪


箱根駅伝 2022 完全ガイド (陸上競技マガジン2022年1月号増刊)