第98回(2022年)箱根予選 戦力分析 その3(日体、明治)

続いては、前回の箱根予選を6位通過、箱根では14位だった日本体育大学、箱根11位だった明治大学の2校について、箱根予選における戦力分析を行っていきます。

日本体育大学

盤石のエントリーとなりました。卒業生に主力が多かったこともあって戦力ダウンが大きいと言われる日体大、それでも全日本予選は粘りの走りで通過を果たしましたし、藤本に続く柱が足りないと言われれば、大畑が一気にチームNo.2にまで台頭してきました。藤本、大畑のエース級はもちろん、大内、加藤、名村、村越と3大駅伝経験者は全員がエントリーされています。


残る箱根予選経験者も岡嶋、佐藤、盛本が揃ってエントリー、特に佐藤、盛本は苦しむことも多かったですが、5千で13分台のベストをマークして復活の兆しがあるのは心強い限り。今年の全日本予選経験者では唯一2組18位で走った吉富が外れてしまいましたが、他の7人はメンバー入りを果たしており、本当に14人に入るであろう選手でいないのが吉富ただ1人なんですよね。これは前回の箱根出場校において、最もベストメンバーに近いと言えそうです。


また、日体大は箱根予選を得意としており初出場からの連続出場回数は全大学でトップ、初出場から一度も予選落ちを味わっていません。箱根出場が20校となってからの予選を見ても、前回の6位通過が最も悪いほどでギリギリでの通過ということもなく、悪くても中位以上での通過を果たしているのも強み。日体大が箱根予選落ちする姿というのはなかなか想像出来ません。


そんな中で不安要素を挙げるとすれば経験不足ということになるかな。前回の箱根予選12人中経験者はわずかに5人しか残っていません。上位5人のうち残っているのはエースの藤本のみ、100位以内で走っているのは他に大内しかいませんからね。箱根経験者も4人しかいません。ただ、経験不足を上回るほどベストを出す選手や復活を果たした選手が多いチームですし、今回も中位では通過してくれるのではないでしょうか。

明治大学

個人的に不安視していたエースの聖人は無事にエントリーされてきましたね。箱根予選に向けて不安が無ければ良いのですが。明治にはエースの坂口が急遽走れずに予選落ちとなってしまった4年前の箱根予選の悪夢がありますからね。。。ただ、万が一エースが走れなかったとしてもそれを補って余りあるほどに選手は充実しています。


手嶋は聖人とダブルエースを形成、櫛田、加藤、児玉といった実績のある選手に小澤が復活を果たしたのも大きい。そこに丸山、杉ら28分台のベストを持つ選手らが続く布陣はやはり予選会校の中では抜けているかなあと。エントリー漏れとしては、聖人、手嶋に続く主力として期待される富田が外れたのはまず痛いですね。関東インカレ5000mでも8位入賞を果たすなど今年度勝負レースで結果を残している選手ですから。


さらに全日本、箱根ともに経験している金橋もいません。大きなエントリー漏れと言えるのはこの2人かなあ。その一方でルーキーは3人がエントリーを果たし、高校ベストが13分台トリオとして期待されている3人がそのままメンバー入りです。トラックシーズンは目立った走りが出来ていませんが、特に尾崎は都大路で1区2位の実力者ですし完全復活を果たしてハーフも心配無いということであれば心強い限り。


直近の早稲田記録会でメンバー外の選手が好走しているのも好材料ですね。主務が走るたびにまたベストを更新しているのも凄すぎます。。。戦力的に充実している明治で不安要素を挙げるとすれば、14人中8人が3大駅伝・予選会を未経験という点でしょうか。持ちタイムの良い選手はもちろん揃っているのですが、勝負レースでの実績がまだ未知数な選手は多いです。


前回の箱根での悔しさを晴らすためにも予選会で苦戦しているわけにはいきませんし、トップ通過を果たしてもおかしくない戦力を有しています。予選会なので必ずしも上位通過する必要はありませんが、全日本、箱根に向けて期待が高まるような走りを見せてくれれば。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします