日本インカレ2021 3000障害 ~五輪入賞の三浦が盤石の走りで連覇を達成~

出雲のエントリーが本日締め切られたものの、エントリー発表はおそらく10日以上後なのでは…現時点では東洋だけが発表されています。日本インカレの最終日に行われた3000m障害の振り返りをまだしていなかったので、今日はレース結果を振り返っていきます。公式結果はこのようになっており、入賞した選手を中心に見ていきます

順位氏名所属記録
1三浦 龍司 (2)順天堂大
島 根
8:32.47
2西方 大珠 (4)神奈川大
静 岡
8:44.00
3松村 匡悟 (3)筑波大
栃 木
8:44.57
4諸冨  湧 (2)早稲田大
京 都
8:47.21
5中込  空 (2)山梨学院大
山 梨
8:52.47
6花谷 そら (2)福岡大
山 口
8:52.50
7麓  逸希 (2)東京国際大
熊 本
8:54.52
8服部 壮馬 (1)順天堂大
京 都
9:02.67

優勝を果たしたのは順大の三浦、最初から最後まで先頭を走り続け、徐々に後続との差を広げていく盤石のレース、タイムは8分32秒47は三浦にしては物足りないかもしれませんが、2位に12秒差をつけていますし、日本インカレはしっかりと勝ちきるのが大事ですからね。正直、日本国内で三浦が負ける姿は想像出来ないですね。1年時に優勝したときは4連覇を狙うという話をしていましたし、後2度三浦を日本インカレで見られるのであればそれは嬉しいです。


2位争いを制したのが8分44秒をマークした神奈川の西方、関東インカレ2部3000m障害でも2位に入っていますし、両方で表彰台に上がる安定した強さがあります。3位に筑波の松村が8分44秒57をマークして入ったのにはびっくりしました。関東インカレ1部でも同種目で決勝に進出していますが、その際は9位ですからね…その際は8分59秒でのベストだったのが、そこから15秒もタイムを縮めており、タイム・順位ともに素晴らしいです。


4位に早稲田の諸冨が8分47秒で続きました。前年度も同種目で3位に入っていますし、2年連続で4位以内という安定した走りを見せています。ただ、関東インカレは7位でしたしどちらももう一歩物足りない気も…5位に山梨学院の中込が8分52秒で入っています。奇しくも関東インカレ1部でも決勝で8分52秒で5位とタイム、順位ともに一緒というある意味恐ろしいほどの安定感・・・


6位に福岡大の花谷が8分52秒で走っており、関東勢以外では唯一の入賞となりました。個人選手権でも表彰台に上がっていますし、ここで自己ベストをマークしての6位は素晴らしいです。7位に東国大の麓が8分54秒で入っています。関東インカレ2部では4位入賞、ここでも7位ということでダブル入賞です。5000mのスピードもありますし、3000m障害での勝負強さもあります。


8位に順大のルーキー服部が9分2秒で入り、ここまでが入賞となりました。服部は積極的に三浦の後ろを走っていましたが、徐々に遅れてしまいました。それでも入賞するのはさすがですが、関東インカレでは2位に入っていることを考えると、タイム・順位ともに今回は奮わず…積極的な走りは服部の持ち味ですし、次のレースでまた活躍してくれれば。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします