2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~中央大学~

最後は中央大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。選手層の底上げが大幅に進んだ一方でエースたちは苦戦したトラックシーズンと言えるでしょうか。最大の収穫は8年連続で逃していた全日本出場をついに決めたこと。ずっと通過有力候補と言われながら全日本予選を突破出来ずにいましたが、ついにその呪縛を断ち切りました。9年ぶりの全日本出場の次は10年ぶりの箱根シード獲得を目指したいところ。

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:13点(2、3、6、10位)

三浦が13分41秒をマークしてチーム2番手、ベストを12秒更新しています。吉居や森といったエースたちが苦戦する中、三浦は故障もありましたがしっかりと合わせてこれた印象。中野翔が13分54秒でチーム3番手に浮上、高校ベストを10秒更新してきました。吉居とともに高校時代の実績は抜群ながら、1年時は苦しみましたが2年になって再び台頭してきました。監督の期待も高いようですし、駅伝シーズンも非常に楽しみです。


園木が13分59秒でベストを7秒更新しチーム6番手のタイム、園木も中野翔と同様に今年度一気に躍進してきたエース候補の1人、全日本予選では最終組を任されるほどですし、新戦力の台頭が主力級というのが頼もしい限り。小林が14分5秒でベストを9秒更新、チーム9番手となりました。セカンドベストの14分14秒も今年度マークしていますし、1年の箱根以来3大駅伝・予選会のエントリーはありませんが、3年目の躍進に期待。


トップ10圏外でも井上が14分6秒、期待のルーキー阿部が14分7秒、主力どころでは若林が14分10秒、助川が14分11秒でベストをマークするなど、多くの選手が自己ベストを更新しています。

10000m:2点(7位 )

若林が28分54秒のベストをマーク、14秒ベストを更新してチーム7番手に。5千もベストを更新していますし、29分8秒のセカンドベストも今年度マークしています。箱根6区の好走が印象的ですが、今年度は平地での快走が目立ちます。トップ10でベストを更新したのは若林だけですね。元々、1万のタイムはハイレベルだったことに加えて、あまり記録を狙うチャンスもなかったですからね。


トップ10圏外では、園木が29分3秒のベストで3秒ベストを更新、このタイムは全日本予選でマークしたものです。持ちタイムを伸ばし、勝負レースで結果を残しているのは心強い限り。ルーキーの東海林が入学前に29分24秒の好タイムをマーク、倉田が29分42秒、ルーキーの山平が29分47秒と29分台のベストをマークした選手も多かったです。

総評

関東インカレでは、居田が1500mで3位と表彰台に上がる走り、ルーキーの中野倫が5位入賞を果たしています。ハーフでは倉田が8位入賞と3大駅伝のエントリー経験さえ無い4年生が見事な走りを見せています。全日本予選は組エントリー時は不安の方が大きかったですが…期待のルーキー阿部が2組2位の好走、復活を果たした中野翔が3組11位でまとめたこともあっての5位通過、見事に全日本予選通過を果たしました。


5千の13点は25大学中14位ということでちょうど真ん中あたり…13分58→13分55秒で3秒タイムを縮めていますが、順位は8→9位と1つ下げています。1万の2点は24位と当然下位になりますよね。平均タイムは28分40→28分39秒と1秒タイムを縮めており、4→4位と順位は変わらずでした。合算の15点は19位タイ、吉居、森、千明といったチーム上位のタイムを持つ選手が自己ベストを更新していないこともあって、得点はあまり伸びなかったかなあ。


箱根予選に向けては、前回同様に不安の無い走りを最初から最後まで見せて上位通過してほしいですね。エース級があまり姿を見せなかったり、記録会や勝負レースに出場してもちょっとらしい走りを見せられていないのは気になるところですが、それを補うほどに新エース候補、新戦力が台頭してきており、選手層の厚さでは前年度を上回るでしょう。ルーキーも早速活躍を見せているのも良いですね。まずはきっちりと通過をはたしてくれれば。


箱根予選との兼ね合いも当然ありますが、久しぶりの全日本もシードを狙うだけの戦力はありますし、箱根もシードは十分狙えますよね。ただ、前年度の箱根はシードはほぼ確実かと思いきや、まさかの往路で19位と出遅れてしまうことに。その悪夢を繰り返さないためにも、箱根にはベストメンバー、ベストコンディションで臨んでほしいですね。そうすれば、結果もついてくるはずです。

全日本大学駅伝の区間配置予想順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします