2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~法政大学~

続いては法政大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。記録会にはあまり積極的に出場しない大学ですから、自己ベストをマークした選手は少ないですが…その一方で関東インカレや全日本予選でしっかりと結果を残しているのは、持ちタイム以上に強さを感じるトラックシーズンとなりました。

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:0点(無し)

トップ10のうち、自己ベストを更新した選手は誰もいませんでした。13分台が2人、14分1桁が2人しかいないチーム状況を考えると、記録を狙える記録会に出場すればいくらでもタイムを伸ばせそうな気がするのですが…トップ10圏外を見渡しても、河田が14分26秒で1秒未満のベストを更新したくらいですからね。セカンドベストではエースの鎌田が13分58秒で走っていまし、川上も14分29秒はセカンドベストかな。5千は目立った走りはなかったです。

10000m:9点(1、6、9位 )

鎌田が28分30秒をマークして自己ベストを3秒更新、チームトップタイムとなっています。このタイムは関東インカレで7位入賞を果たしたときのものですね。ロードで驚異的な強さを見せている鎌田ですが、トラックでも十分他大のエースと戦えるのも魅力です。清家が29分28秒でベストを6秒更新しチーム6番手のタイム、こちらは全日本予選で3組13位で走った際にマークしたものです。


扇が29分43秒でベストを14秒更新、セカンドベストである29分57秒も今年度マークしたものです。そして、この自己ベストも全日本予選で1組8位をマークした際のタイムです。故障続きだった扇が戻ってきたのはチームにとって大きく、さらにいきなり結果を残してくれたのですから、駅伝シーズンに向けて期待は高まるばかりです。トップ10のうち3人が自己ベストを更新していますが、3人とも関東インカレ、全日本予選というトラックシーズンの2大大会でマークしているのが素晴らしいですね。


トップ10圏外では、同じく全日本予選1組で好走した内田が29分51秒で初1万を走っていますし、小泉は29分51秒でこれまた初1万を好走しています。箱根予選を経験している稲毛も29分58秒のベストと29分台のベストをマークした選手が多かったですね。セカンドベストでも河田が全日本予選で29分31秒、川上が関東インカレで29分22秒と勝負レースでしっかりと好タイムをマークしている選手の多さが目立ちました。

総評

関東インカレでは、戦術の通り鎌田が1万で7位入賞した他、河田がハーフで5位入賞、中園が3000m障害で4位入賞など各自が見せ場を作ってくれました。特に河田がまた結果を残してきたのは良い傾向ですよね。1年時の3大駅伝では主要区間でも結果を残していましたし、主要区間を任せられる選手は貴重ですから。中園も3000m障害で4位にまで食い込むとは思わず…勝負レースを経験豊富な選手が結果を残してくれました。


全日本予選では、最初から最後まで危なげない走りで3位通過、どちらかといえば前半の組が不安で特に2組がどうかなあ?と思っていたのですが、前半の組の方が成績が良く、最も良かったのが小泉、細迫がともに5位以内に入った2組ですからね。主力が結果を残しただけではなく、新戦力の台頭も多く見られた全日本予選となりました。


5千の0点はもちろん25大学中最下位、専修と法政だけがトップ10でベストを更新出来ていません。気にする必要が無いことは勝負レースの結果を見ればわかるのですが、ベストを更新する走りも見たいですよね~平均タイムは14分7秒のまま変わらずで順位は16→18位と2つ下げています。1万の9点は16位タイで4チームいますね。自己ベストを大きく更新した選手はいなかったため、平均タイムは29分21→29分19秒と2秒の更新に留まり、順位は20→22位とこちらも2つ下げています。合算の9点は23位タイとなっており、いずれも下位にとどまっています。


駅伝シーズンに向けては、トラックシーズンで一通り故障者が戻ってきたのが心強いですね。エース格の1人である松本も記録会に出場するまでに戻していましたし。箱根予選は前回のような展開はやめてほしいですね。何とか最後の最後で出場圏内に戻ってきましたが、5kmを過ぎた時点では下位にしずみすぎていて焦りましたから。前半飛ばして後半失速は最も避けなければ行けない展開ではありますが、全日本予選と同様にずっと通過圏内でレースを進めたいところ。


前年度に比べれば遥かに安心感は増していますね。鎌田が絶対的エースに成長し、河田の復調や新戦力の台頭など戦力が大幅にアップしている一方で、前回の箱根予選でトップ10の選手は誰一人として抜けていないわけですから。単純に考えても予選落ちるする可能性は低いですし、もう少し上位での通過を果たしてほしいところ。そして、全日本・箱根での好結果へと繋げていってほしいです。鎌田以外の主力がどれだけ主要区間で結果を残せるかが成績に直結すると思いますし、エースに頼らないチームとなってくれればより楽しみです!!

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]