2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~早稲田大学~

続いては早稲田大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。トラックシーズンは自己ベストをマークした選手はそれほど多くなかったですが、その分良かった選手の活躍ぶりは凄まじかったですね。特に千明、菖蒲の活躍が目立ちました。

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:7点(1、7位)

千明が13分31秒を叩き出してチームトップタイムに。前年度は故障もあって目立たなかった千明ですが、その分箱根以降の充実ぶりは素晴らしいですね。中谷、太田、井川が3本柱かと思っていましたが、今年度の活躍は千明が3人を上回っていますね。頼もしい選手となりました。セカンドベストである13分39秒も今年度マークしており、いずれもハイレベルです。


菖蒲が13分52秒のベストで7番手、セカンドベストである13分55秒も今年度マークしています。このベストをマークしたのは暑く厳しいコンディションだったホクレン、となると条件次第ではまだまだタイムを伸ばせそうです。勝負レースでも結果を残していますし、2年目の躍進が目立ちます。


トップ10でベストをマークしたのは2人だけですが、佐藤が13分59秒で11番手、11人が13分台のベストを持っています。佐藤も関東インカレで結果を残し、今年度戦力になってくれそうな選手です。ほかは向井が14分11秒でベストを7秒更新しています。5千のベストは非常にハイレベルですから、なかなかタイムを伸ばすのは容易ではないです。

10000m:4点(3位 )

井川が27分59秒をマークしてチーム3番手に浮上、27分台でチーム3番手というのが凄いですよね。27分台が3人同一チーム内に揃うのは史上初めてのことです。トップ10でのベスト更新は井川だけですが、その1人が27分台とは…そもそも、1万はあまり走っていませんからね。28分台を持たない13分台ランナーが千明を筆頭にズラッと揃いますし、伸びしろは抜群です。


トップ10圏外でも主力・中堅どころで自己ベストをマークした選手はいないんですよね。セカンドベストでは中谷が28分6秒、辻が29分29秒で走ってくるくらいかなあ。やはり、自己ベストという点では5千、1万ともにそれほど目立たなかったですよね、早稲田の場合。。。

総評

関東インカレでは菖蒲が1500mで2位、3000m障害で優勝と4日連続で出場して両種目で結果を残し、5千では千明が3位と表彰台に上がる走り、ともに5千でベストを更新した2人が関東インカレでも存在感を見せてくれました。3000m障害では諸冨が7位、北村が8位でトリプル入賞、1500mでは石塚が6位でダブル入賞、5千では井川が8位でダブル入賞と複数入賞が多いのも素晴らしいですね。


1万では中谷がアクシデントがあったものの8位入賞、ハーフでは佐藤が6位入賞と長距離5種目すべてで入賞を果たしています。これだけ全種目で結果を残しているのは早稲田以外では順大くらいですからね。苦戦する箱根上位校も多かった中、関東インカレは素晴らしかったですね。駅伝シーズンに向けても非常に楽しみになる走りです。


5千の7点は25大学中19位タイということで下位にはなりますよね。平均タイムは13分49→13分46秒と元々ハイレベルなタイムを3秒縮めたものの、順位は1→2位と1つ下げています。年度初めで平均が13分40秒台ですからね…1万の4点は23位となっています。1人しか更新出来ていませんし、こちらも5千以上に下位に沈んでいます。平均タイムは28分37→28分35秒で2秒縮めおり、2→2位で順位は変わらずですね。合算の11点は22位となっています。


駅伝シーズンに向けては、3大駅伝全てで優勝候補に名を連ねてもおかしくは無いですよね。チーム事情で選手層を厚くするのは困難ですが、中谷、太田、井川、千明の4本柱は全大学を見渡してもトップクラスの戦力を誇りますし、主力となりそうな選手を数えるだけで10人揃ってしまいそうなほどですからね。優勝の可能性が最も高いのはやはり相性も良い全日本かなあ。


出雲にしっかりとコンディションを合わせられれば当然優勝候補となりますが、ここはチーム戦略次第かなあ。3冠を狙うのであれば当然出雲も軽視出来ませんが…箱根は山登りをどうするかという不安要素はありますが、平地と山下りは相当盤石に思えますからね。11年前に3冠達成して以来、3大駅伝で勝てていませんが今年度は大きなチャンス、そのチャンスを掴み取ってほしいです!!

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]