2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~大東文化大学~

続いては大東文化大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。大東大はトラックシーズンで評価が分かれる大学ということになるでしょうか。関東インカレでの壊滅っぷりは今年度も厳しいかなあと思いましたが、全日本予選では3組終了時で通過圏内とあと一歩にまで迫りました。

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:7点(3、6位)

久保田が14分5秒をマークしてチーム3番手のタイム、ベストを5秒縮めてきました。1万でもベストを更新していますし、トラックシーズンに最も活躍した選手の1人ですね。さらに、木山が14分13秒でベストを11秒更新、木山も1万でベスト更新しさらに全日本予選で好走と大活躍でした。久保田は前年度から箱根予選にも出場するなど台頭していましたが、木山は前回の箱根予選以降の急成長ぶりが著しいですね。


トップ10のうちベストを更新したのは上記の2人とちょっと寂しいですが…トップ10圏外でも全日本予選に出場した塩田が14分38秒でベストを9秒更新しtくぁくらいかなあ。セカンドベストを更新した主力どころもいませんし、全体的には寂しい結果となった5千でした。

10000m:9点(2、7、8位 )

久保田が28分43秒をマークしてチーム2番手のタイム&ワンジル、倉田に続いて3人目の28分台ランナーに。セカンドベストである29分7秒も全日本予選でマークしたものですし、今年度は久保田の走りが目立っています。同級生の菊地も29分15秒でチーム7番手のタイム、全日本予選には出場出来ませんでしたが、箱根予選ではまたチーム上位の走りを見せてくれれば。


木山が29分17秒でチーム8番手のタイム、セカンドベストである29分32秒も今年マークしています。そして、このベストは全日本予選で3組4位と素晴らしい走りを見せた時のタイムですからね~自己ベスト連発で期待値は上がっていましたが、ここまで力をつけているとは…箱根予選で最も期待出来るのはひょっとすると木山かもしれません。


トップ10圏外では、藤崎が29分47秒のベスト、2,3年生に比べると元気のない4年生ですが、藤崎には何とか存在感を示してほしいところ。2年の佐竹が30分0秒で走っています。3年生中心のチームに菊地、久保田が存在感を見せていますが、佐竹にも加わってきてほしいですね。

総評

関東インカレでは、1500mで3位に入った倉田の走りは光ったものの、箱根予選に繋がっていくであろう5千、1万、ハーフはいずれも苦しい結果に…特に1万は43人出場して大東大は3人出場、それが3人とも37位以下ですからね…久保田、菊地ら主力がここまで下位に沈んだ結果は箱根予選も非常に厳しいんだろうなあと感じずにはいられませんでした。


その一方で全日本予選では、2組は揃って15位以内、3組は木山が4位、4組は久保田が19位と関東インカレとは見違えるような走りを揃って見せてくれました。ワンジルは苦しすぎる走りになって予選12位といなってしまいましたが、3組終了時では通過圏内につけていたのにはびっくりしました。関東インカレから1ヶ月でよくぞここまで立て直しましたよね。


5千の7点は25大学中19位タイと下位になっていますね。自己ベストを出した選手が全大学を見ても多い5千で2人だけですから仕方ないです。平均タイムは14分11→14分9秒と2秒縮めたものの、18→19位と1つ順位を下げています。13分台が2人はともかく、14分1桁も1人しかいませんからまだタイムは伸ばせると思うのですが。


1万の9点は16位タイとなっています。ともにトップ10でベストを更新している久保田と木山が得点に貢献しています。平均タイムは29分11→29分7秒で4秒縮めているものの、15→16位とこちらも5千同様に1つ順位を落としています。合計の16点は18位ということで全体的に自己ベスト更新は少なかった大学ということになります。


箱根予選に向けては正直分からないですね…全日本予選の走りがなければ、3年連続予選落ちの可能性が高いかなあと思っていましたが、あれだけ揃って結果を残し、さらに菊地も戻ってくればひょっとするとひょっとする可能性もあるかなあと。もちろん、茨の道であることには間違いないんですけどね。10位以内に入らないければいけない箱根予選において、過去2大会は18位、16位と通過争いにすら全く加われていないわけですし、上位で走った経験のある選手もいませんし…


ワンジルには他大の留学生には叶わくとも、日本人エースとはある程度渡り合えるようになってほしいなあ。ここ最近の走りを見ている限りはそれもなかなかに難しそうではあるのですが…前回走っていない木山や下位に沈んだ久保田はここから大きく上積みをもたらせてくれることでしょう。もう何度も記載している通り、3年連続の箱根予選落ちしてしまうと、そこからの復活はとにかく困難です。前回の専修のように復活が大きなニュースとなるほどに…本当に正念場となる箱根予選では全日本予選を上回るような走りを見せ、復活の狼煙を上げてほしいです!!

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]