2021年度 数字で振り返るトラックシーズン ~明治大学~

続いては明治大学について、トラックシーズンの結果を5千、1万で自己ベストを出した選手を中心に振り返ります。日本インカレのエントリーも発表されて、駅伝シーズンもいよいよ始まりますね。トラックシーズンの振り返り、まだ10校ほど残っているし早めに終わらせたいところ。。。トラックシーズンは明治勢の活躍も目立ちましたね。特にダブルエースの走りは駅伝シーズンでも非常に楽しみです♪

※2021/1/1以降の自己ベスト更新を以下のルールでポイント化しております。更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1pt)から算出され、各部門ごとに30点満点になります。

5000m:14点(1,2,7,9,10位)

手嶋が13分31秒と驚異的なタイムをマークしてチームトップタイム、セカンドベストである13分50秒も今年マークしていますが、日本選手権参加標準をも突破するこの走りは衝撃的でした。さらに聖人も13分34秒で続いてチーム2番手、セカンドベストの13分45秒も4月にマークしており、5千でも2人が圧倒的な存在感を見せてくれました。特に聖人は勝負レースで全く外さず、記録会に出場すれば自己ベストという恐ろしいほどの強さを見せてくれました。


児玉が13分53秒でチーム7番手、ともに13分56秒をマークした櫛田、杉本がチーム9,10番手となっています。児玉、櫛田はちょっと前年度に比べるとトラックシーズンで存在感を示せませんでしたが、その分駅伝シーズンに大暴れしてくれれば。ともに3大駅伝で主要区間も任されている選手ですし。杉本が一気に13分台でトップ10に入ってきましたね。1年の箱根でエントリーされている3年生、今年度戦力となってくれれば大きいです。


トップ10圏外では、東原、曵田のルーキー2人がともに14分3秒で自己ベストをマーク、トップ10には入っていませんがともに楽しみな選手たちです。特に東原は出場するたびに自己ベストで一気にタイムを伸ばしてきました。13分台ルーキートリオがやや苦戦気味なだけに、こうした選手の台頭は大きいです。また、2年の杉も14分4秒でベストを5秒更新しています。

10000m:10点(1、2位 )

1万で28分9秒を叩き出した聖人がチームトップ、28分13秒をマークした手嶋が2番手と順番は違うものの、5千・1万ともにトップ2はこのダブルエースとなっています。ともに自己ベストをマークしたのは関東インカレ2部1万mで入賞を果たしたときのもの、1部昇格に貢献した二人ですが、タイムも素晴らしかったです。1万のトップ10で自己ベストを更新したのはこの2人のみ、良くも悪くもチーム内で抜け出た存在となっています。


トップ10圏外を見ても目立った1万のベストは無し…ルーキーの曵田が30分3秒で走ったくらいかなあ。セカンドベストを見ると、富田が28分51秒、児玉が29分5秒で走っています。富田は出場した記録会・大会で安定した走りを見せており、3本目の柱として期待のかかる選手の1人ですね。

総評

関東インカレでは、聖人が5千で5位、1万で4位とダブル入賞とさすがエースの走りを見せています。入賞を果たしただけではなく、留学生がズラッと揃う中でどちらも5位以内で走っているのが頼もしすぎますよね。手嶋も1万mで7位入賞を果たしています。ともに大事な場面で結果を残してくれました。


ここまではある意味順当かもしれませんが…5千では富田が8位入賞、勝負レースでこの走りを見せてくれると駅伝シーズンでも期待せずにはいられません。ハーフでは小澤が5位入賞、1年の箱根予選で好走している3年生、個人的には3大駅伝未経験者の中で最も期待している選手です。関東インカレハーフで結果を残したのは大きいですね。


5千の14点は25大学中11位タイとなっており、ちょうど中間くらいですね。平均タイムを13分52→13分47秒と元々ハイレベルなタイムから5秒もベストを縮めており、4→3位と1つ順位を上げています。13分40秒台が5校もいる非常にハイレベルな持ちタイムとなっていますが、明治もそこに名を連ねています。


1万の10点は14位タイとなっていますね。2人しかベストを更新していないのですが、トップ2が更新しているとそれだけで10点ですからね~ただ、平均タイムとしては28分39→28分36秒で3秒縮めたのに留まっています。順位は3→3位で変わらずですね。元々が非常にハイレベルな持ちタイムとなっているだけに、このタイムを伸ばしていくのは容易ではないです。合算した24点はこちらも14位タイとなっており、いずれも中間付近ということになりますね。


駅伝シーズンに向けては、箱根予選はまずは何事もなく通過してもらえれば…トップ通過候補の1校ですし、最初から最後まで不安の無い走りを見せてくれれば。エースが欠場などよほどのことが無い限りは心配していません。気になるのは全日本ですね~前回3位に入っており、連続シードを期待したいところですが、、、明治は箱根予選→全日本の連戦でシードを獲得したことは無いはず…全日本では4連続シード
獲得していますが、いずれも箱根シードのときですからね~


箱根予選と全日本の間が空いているのは救いですが、箱根予選は全力を注がざるを得ないですし、上手く全日本にも合わせて、箱根予選突破&全日本シード獲得を果たしてくれれば。箱根は箱根予選や全日本を見てみないとまだ何とも言えない部分はありますが…シード落ちする戦力で無いことは確かかなあと思います。前回の全日本のような強い明治の走り、3大駅伝で見せてほしいです!!

9月17日に「大学駅伝2021夏秋号」が発売されました。早速、読み漁っています。選手一覧が私は一番の目当てですが、各選手、大学の特集も読み応え抜群です。


大学駅伝2021夏秋号(陸上競技マガジン 2021年 10 月号増刊 )[雑誌]