第53回(2021年)全日本大学駅伝に向けて ~前回6位:東洋大学~

全日本予選の結果を振り返っていきましたので、続いては前回の全日本で6位、13年連続でシードを獲得した東洋大学についてです。柏原が入学して以降、一度もシードを逃していないんですよね。箱根同様、全日本でも高いレベルで安定している東洋ですが、過去5大会で3位以内に入ったのは1度だけ、4度は5位以下ということで、東洋とすればやや苦戦気味かなあ。前回結果はこのようになっております。

~前回からの戦力増減~

前回の全日本を走ったのは5区3位の大澤、7区11位の西山の2人です。大澤は全日本で好走した一方で無理に合わせたこともあってか箱根は出場出来ず…西山はトラックで復活を遂げたものの、全日本ではエース区間を任されて苦戦しました。シード校の中では、戦力ダウンとしては中程度といった感じかな。大澤の走りは大きかったですし、新たにエース区間を担える選手も必要になってきますが。。。


また、前回の経験者では宮下が箱根以降は姿を見せていないですよね…箱根で足を痛めていましたが、万全の状態で駅伝シーズンに臨んでくれれば。また、なかなか姿を見せていなかった腰塚は復帰しましたし、佐藤、松山の2年生コンビも関東インカレに出場したのは一安心です。ただ、全日本経験者で今年度のトラックシーズンでベストを伸ばしたのは前田くらい…全体的にはやや奮わない結果だったかなあ。


その一方で今年度一気に伸びてきたのが及川、関東インカレでも良い走りを見せていましたし、5千も13分47秒まで伸ばしてきました。3大駅伝はまだ結果を残せていませんが、今年度は主要区間を任されてもおかしくないですね。さらに5千でタイムを伸ばした選手も多く、大沼、柏、佐藤、奥山らが13分台のベストをマークしています。柏、大沼はまだ3大駅伝にエントリーされたことはありませんが、一気に伸びてきた選手は駅伝シーズンに向けても楽しみ。


ルーキーは甲木が短い距離で好走を見せたものの、期待のスーパールーキー石田はDNSが続き、唯一出場した日本選手権も途中棄権ということでまだ今年度に入ってから完走したレースがない状況…もちろん、いきなり3大駅伝で活躍する可能性も十分ありますが、ここまで走れていないとちょっと1年目は厳しいかもと思ってしまいますね。

~区間配置~

宮下が万全の状態で復帰してくれるのであれば、最長区間の8区は3年連続で任せたいですよね。前回も4位と好走していますし。さらに出来るならば松山は7区まで温存したいかなあ。箱根2区の走りは素晴らしかったですし、エースにはエース区間を任せたいですからね。そこで、及川の台頭が大きいですよね。前半の主要区間である3区を任せられれば主要区間は埋まります。1区は安定した走りを見せている児玉がいますし、前田も着実にタイムを伸ばしており頼りになる存在です。


佐藤も関東インカレで復活を遂げていますし、腰塚も14分10秒台であれば心配は無さそうかなあ。全日本出場→箱根未出場の選手がトラックシーズンで元気な姿を見せてくれたのは大きいですね。4年生が宮下以外も蝦夷森、鈴木らが姿を見せず…鈴木はずっと復活を待っているのですが、難しいのかなあ。最上級生が揃って元気が無いのが気になります。


その一方で3年生以下では、新たにタイムを伸ばした選手の抜擢もありそう。先述の大沼、柏も見てみたいですし、箱根10区を走った清野もいます。2年生は特に充実しており、箱根6区を走った九嶋は5千、1万ともに自己ベストをマークして平地でも見てみたいですし、13分台をマークした奥山に村上もハーフで結果を残しています。


ルーキーはまだまだこれからという印象で、全日本のメンバー入りは果たしても8人に入ってくるのは容易では無さそうです。石田を筆頭に楽しみな選手が揃っているんですけどね。特に石田は高校時代のような圧倒的な走りを早く大学でも見てみたい。。。

~展望~

他大のトラックシーズンでの活躍ぶりを見ると、全日本も簡単にはいかなそうですね。もちろん、東洋の3大駅伝での強さを考えるとシード落ちという可能性は低いと思うのですが、かといって優勝争いや3位以内に入ってこれるかというと厳しそうな気がします。やはり、関東インカレで奮わなかったというのが気になるんですよね。。。これまでは関東インカレで活躍し、3大駅伝でも結果を残す選手が多かったですからね。ちょっとトラックシーズンはチームとしては消化不良の感じは否めないです。


まずは、全日本でどれだけベストメンバーに近い布陣が組めるかが鍵になりそう。特に4年生の復活はチームの成績に直結するでしょう。現状の3本柱は宮下、松山、及川ということになると思うのですが、松山も関東インカレはもう一歩でしたし、及川も今年度大活躍といっても駅伝ではまだ未知数な部分がありますからね。どれだけ全日本に合わせてこられるか…


現実的には前回と同じ6位以内ならばまずまずという感じかなあ。出場すればエース級も中堅どころも大きく崩れることは無いと思いますが、13分20秒台や30秒台、27分台を何人も出してきた多大と比べるとややインパクト不足は否めず…もちろん、トラックシーズンで活躍したからといって3大駅伝でも活躍できるとは限らないですし、また駅伝シーズンとなれば東洋の強さを見せてくれることでしょう!!

This content cannot be displayed in widgets.