第53回(2021年) 全日本予選戦力分析 日本大学

本日は日本大学の全日本予選における考察を行っていきます。前回の全日本では総合14位、樋口とドゥング以外は正直見せ場を作れませんでした。箱根予選で18位に沈んだ後のレースだっただけに仕方ない気もしますが…全日本予選は過去2度はいずれも8位、特に2年前は予選通過とはならずも区間30位以下が誰もいなかったのは良かったですね。今回も稼ぐ選手がいる以上、崩れる選手を減らすのが大事だと思うので。エントリーは以下の通り。

エントリー

持ちタイム上位8人では、武田と橋口の2人が外れてしまいました。武田が関東インカレに出場したのはビックリしましたが、まだコンディションは整わなかったのかなあ。橋口も5千で14分6秒を前年度マークするなど、トラックでタイムを伸ばしていたのですが、ともにエントリー漏れは残念です。一方でコンディションが気になる小坂は無事にエントリー、3本柱+小坂が4本柱となってくれれば、チームとしても大きいです。また、2年生が西村、下尾、原田と3人もエントリーされたのもちょっと意外だったかなあ。まだ1万で29分台のベストを持つ選手はおらず、台頭が待たれる学年でしたから。

持ちタイム

上位8人の平均タイムは28分57秒となっており、5位ということで通過圏内となっています。27分台のベストを持つドゥングに樋口が28分9秒、松岡が28分21秒のベストを持っていますからね。この3人が抜けています。小坂も28分台のベストですし、上位陣の持ちタイムは全日本予選に出場する大学でもトップクラスです。一方で29分前半のベストは若山しかおらず、8番手で29分41秒というのはやや不安の残るタイムかな。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:疋田④、八木③
2組:山本④、若山③
3組:小坂④、樋口③
4組:
ドゥング③、松岡③


最終組はドゥングと松岡、ドゥングは2年前も最終組に出場して13位と奮いませんでしたが、前回の全日本以降はずっと高いレベルで安定しているんですよね。関東インカレも好走していますし、心配はいらないでしょう。松岡は持ちタイムをどんどん伸ばしているだけではなく、関東インカレ5000mでも7位入賞を果たしました。勝負レースの強さを身に着けた松岡ならば、最終組も安心して任せられそう。


3組は小坂と樋口の2人、小坂のコンディションが気になるところですが、直近の記録会にも出場していますし、他に任せられる人も正直いないんですよね。小坂が万全の状態で3組を任せられるかどうかは日大の命運を左右しそう。樋口は日本人エースの1人、関東インカレでは松岡の後塵を拝しただけに、3組としていますが最終組も任せられる選手です。3,4組はもうこの4人に任せるしか無いかなと。それだけ頼りになる選手たちです。


2組は山本と若山の2人、山本は関東インカレ1500m,若山は1万mに出場しています。山本は自己ベストで決勝にもあと一歩という走りでしたし、全日本予選にも出場してほしい選手。若山は関東インカレでは非常に苦しい走りでしたが、箱根も経験しており、持ちタイムもチーム上位ですから2組を走ってほしいなあと。


1組は疋田と八木の2人、疋田は関東インカレハーフにも出場していますし、箱根予選の出場経験もあります。トラックのタイムも悪くは無いですし、8人には入ってくるのでは。八木は箱根予選に1度出場はしているものの、大学では苦しい状況がずっと続いています。ただ、それでも2年生以下はまだ厳しいかなあということで、やや消去法での予想となってしまったかなあ。直近の5千も14分30秒台ですし。。。

展望

最も不安の少ないのが最終組というのが良いですよね。ドゥングと松岡なのか樋口なのかは分かりませんが、いずれの組み合わせであっても十分計算出来るでしょう。多少、3組までで圏外であっても巻き返せる力はあると思います。3組も小坂が万全の状態で出場出来るのであれば不安は無いです。3,4組を両方計算出来る大学は少ないだけに、日大の大きなアドバンテージとなりそう。


一方で前半の組は耐える組となりそうかなあ。3大駅伝・予選会や関東インカレで好走経験のある選手が4人しかいないわけですから、どうしても未知数な部分が大きいです。経験者を起用するのか、それとも下級生を抜擢するのか…前半の組はそれほど差がつかないだけに、誰が出場するにしてもなんとか食らいつきたいところです。


皆さんの順位予想、現時点で8位となっておりギリギリ通過圏外となっていますね。ボーダーを争う大学の1校というのは私も同様の認識です。そして、極論を言えばベストメンバーが組めれば通過する可能性が高く、逆にそうでなければ通過は厳しいのかなあと思っています。小坂はもちろん、本来であれば松岡に負けない樋口がしっかりと合わせられるかも大事になってくるかなあ。最短での箱根返り咲きを目指すためにも、まずは全日本予選をしっかりと突破してほしいところです。

箱根予選の順位予想の投票受付を開始しました。たくさんの投票、お待ちしております。

※1人1票でお願いします