第53回(2021年) 全日本予選戦力分析 法政大学

本日は法政大学の全日本予選における考察を行っていきます。全日本には3年連続で出場を果たしており、3年前には7位でシードを獲得していますが、前回はタイムによる書類選考ということで出場は果たせず…その3年前は全日本予選をトップ通過、4年前も5位通過を果たしており、持ちタイム以上に全日本予選では結果を残している大学の1つです。エントリーは以下の通り。

エントリー

1万mのベスト上位8人では、28分56秒を持つ松本、29分24秒を持つ山本燎、29分42秒を持つ松永の3人が外れています。山本燎、松永は3大駅伝・予選会へのエントリー経験は無いだけに、エントリー漏れは仕方ないにしても、松本が外れたのはある程度予想はしていましたが、痛いです。5千では鎌田を上回る13分46秒を持ち、箱根でも3区を中位でまとめるなど準エースの1人ですからね。一方で故障に苦しむことも多かった内田や扇といった3年生はエントリーを果たしています。

持ちタイム

1万の上位8人の平均タイムは29分24秒となっており、私が把握している16大学中15位となっています。タイム上はボーダーからも20秒以上離されており、通過は難しい大学ということになるでしょう。1万で28分台はエースの鎌田だけですし、29分前半も河田と川上の2人しかいませんからね。ただ、法政は記録会への出場が非常に少ない大学なだけに、持ちタイムはあまり参考にはならないかな。

出場予想

全日本予選の出場選手予想は以下の通りです。

1組:扇③、稲毛②
2組:中園③、小泉①
3組:清家④、川上③
4組:
鎌田④、河田③


最終組は鎌田と河田の2人、鎌田が最終組は確定でしょう。ロードでの実績は大学トップクラスの選手ですが、関東インカレ1万mでも入賞を果たしています。絶対的エースとして、他大のエースに負けない走りを見せてくれれば。河田は昨年度はやや苦しみましたが、関東インカレハーフでは5位入賞と復活の走り、1年時から3大駅伝で主要区間を担っている選手ですし、最終組を任せるならば河田が一番かなと。


3組は清家と川上の2人、清家も関東インカレハーフでは9位と入賞にあと一歩に迫る走り、持ちタイムこそ29分34秒にとどまりますが、3大駅伝・予選会の実績も豊富で最終組を走ってもおかしくない実力者です。川上は関東インカレ1万mでしっかりとまとめていますし、29分6秒とチーム上位のベストを持っています。関東インカレの走りを見ると3組も十分任せられるのでは。


2組は中園と小泉の2人、中園は関東インカレ3000m障害で4位と素晴らしい走りを見せてくれました。トラックであの走りを見せられると、全日本予選でも期待は高まります。3組を任せられる可能性もありますよね。小泉は期待のルーキーの1人、1万で29分51秒のベストを先月マークしており、さらに高校時代に勝負レースでの実績が豊富なことを考えると、1年目から出場してほしい選手です。


1組は扇と稲毛の2人、扇は故障に苦しみ続けてここまで目立った走りは見せられていませんが、先日1万で29分57秒のベストをマーク、復活の兆しを見せています。いきなりの全日本予選出場は可能性が低いかな?と思いつつも見てみたい選手です。稲毛は箱根予選も経験していますし、1万も30分19秒ながら先月ベストを更新している選手、持ちタイム以上の力がありますし、全日本予選への出場もありそうかなあと。

展望

持ちタイムは下位ですが、出場争いに加わってくる大学だと思っています。大エースの鎌田がいること、関東インカレで結果を残している選手が複数いることも大きいです。ボーダー争いの圏内にまで入ってこれるかと言われると微妙かもしれませんが、全日本出場を決める可能性は十分ありますし、持ちタイム上位の大学にどれだけ割って入れるか楽しみです。


皆さんの順位予想、現時点では9位となっており、やはりタイム以上の力はあるものの、通過圏内に入ってくるのは難しいのではと予想する人が多いですね。8~10位を予想する人が多いことからも伺えます。記録会にあまり出場しないと、評価が難しいですよね。個人的には準エースの松本がいないのは通過を狙う上でさすがに痛手すぎるかなあと思っています。万全であれば最終組を担ってほしい選手なので…


一時期は鎌田以外の主力がなかなか姿を見せず、足並みが揃わなかった法政ですが、今年度に入ってからはようやく主力も軒並み戻ってきて、関東インカレでも良い走りを見せてくれました。勢いそのままに、全日本予選でも結果を残してくれれば!

This content cannot be displayed in widgets.